らーめん食べ歩き




私がラーメン屋を探す条件はまず歴史、古ければ古いほうがよい。
店の外観はまったく気にしない。
長く地元の人から愛され続けていることが一番だ。
次に店の雰囲気。
この二つの条件を満たしている店にまずはずれはない。
新興勢力の店には、一応一度は訪れるが二度三度訪れる確率は低い。



新潟のラーメン
新潟にいた頃はほぼ毎日ラーメンを食べていた。
新潟ラーメンは全国的には知名度は低いものの、極細麺のあっさり系から極太麺のこってり系まで数多くのラーメン店
がある。



車で佐渡に渡るときは必ず、帰りに「白浜屋」に立ち寄るのだが、今回は定休日でもないのにまさかの休み。
しかたがないので、新潟にいた頃よく行った女池にある蕎麦の名店「さらしなの里」にした。
行きに立ち寄ったのは燕三条系の「関屋福来亭」で、新潟にいた頃は関屋にあったが、今は小新に移転している。
見た目が当時のこってりから随分と変わっていて、とても燕三条系のラーメンには見えなかった。
懐かしい杭州飯店のラーメンが食べたいのだが、船の時間を考えると燕に立ち寄るのが難しい。
2022.3.23

さらしなの里 もりそば大盛 1,070円 
新潟市中央区女池神明2-1-1 2022.3.23
関屋福来亭 ラーメン750円
新潟市西区小新1546-2 2022.3.16




白浜屋

新潟にいた頃100回以上通った店だが、今は車で帰る時しか立ち寄れないのが残念。
今回も白浜屋さんの営業時間に合わせて、両津発9:15のカーフェリーを予約した。
2年振りの訪問だったが、おじさんも奥さんも変わらず元気で、とても喜んでくれて嬉しかった。
私の中では唯一無二のラーメンで、100回以上も通ったラーメン店などもちろん他にはない。

鮨長三郎のラーメンはあっさりしたラーメンだが、寿司とセットで食べるとちょうどいい。
二見食堂が閉店になって久しいが、佐渡のラーメンは相変わらず不毛地帯のままだ。

白浜屋 らうめん620円 2021.9.19
新潟市江南区鐘木634-5
鮨長三郎 2021.9.14
すし・半ラーメンセット(梅)1,600円




ラーチャン家 バスセンター店

前から気になっていた、万代バスセンターのラーチャン家に立ち寄ってみた。
隣のバスセンターのカレー同様、こちらもけっこう人気があるようだ。
ラーメンと半チャーハンのラーチャンセットが680円と値段も手頃。
2021.5.10

ラーチャン家 バスセンター店 ラーチャンセット680円




バスセンターのカレー

ケンミンショーで紹介され一躍全国区になったカレーだが、まだ一度も食べたことがなかった。
正式名は万代シティバスセンターにある「万代そばのカレーライス」だが、バスセンターのカレーとして通っている。
いつもは11:35のジェットフォイルで帰っていたのだが、本数が減ったため12:55の便まで待ち時間ができてしまった。
けやき通りの三吉屋で中華そばを食べたが、まだまだ時間があったので、万代のバスセンターまで行ってみることに。
給食のカレーを思い出すような真っ黄色の小麦粉カレーで、ねっとりとしていて味はそば屋のカレーといった感じだ。
甘口見えるがこれが結構辛口で、普段バーモンドカレーの甘口しか食べない私には、少し刺激が強かった。
万代そばの隣にできた「ラーチャン家」も気になっている。
2021.3.19

万代そばのカレーライスは新潟市民のソウルフード
新潟市中央区万代1-6新潟交通万代シティバスセンター内
ミニカレー(390円)を注文
真っ黄色の小麦粉カレーで、そば屋のカレーといった感じか。




三吉屋 駅南けやき通り店

元祖新潟ラーメンの三吉屋は古町の西堀に本店を構えるが、駅南のけやき通りにも店がある。
いつもは新潟11:30発のジェットフォイルで佐渡に渡っているが、11月からはコロナの影響で11:30便は減便になった。
12:35発のカーフェリーまで時間があったので、駅南けやき通り店に立ち寄ってみた。
極細ちぢれ麺にあっさりスープのラーメンは、新潟の人が愛してやまない価値ある一杯だ。
ささ川や拾番、天龍といった古町を代表する新潟ラーメンは、夕方6時頃から店を開けて朝までの営業だが、三吉屋は
昼も営業している。
昼11:00~13:45 夜17:30~22:30 月曜・火曜定休 中華そば600円
2020.11.6

三吉屋 駅南けやき通り店
極細ちぢれ麺にあっさりスープ
新潟の人が愛してやまない価値ある一杯だ。




青島食堂 

長岡系ラーメンの代表格で、生姜ベースの醤油ラーメンが特徴。
新潟に転勤した頃はわざわざ長岡まで食べに行ったが、その後新潟市内にも何店舗かできて身近になった。
秋葉原にも店を出していて、本社勤務の頃一度だけ覗いてみたが、行列だったので諦めたこともある。
今回予約していたジェットフォイルが故障したため、次の便まで時間があったので朱鷺メッセ店に寄って見ることにした。
新潟駅から佐渡汽船に向かって歩いて20分程行った、ホテル日航や朱鷺メッセの目の前に店がある。
2004年4月にできたラーメンの複合施設「ときめきラーメン万代島」だが、当初7店あった店も今は青島食堂だけになった。
いつも気になるのは目の前で入れる2種類の白い魔法の粉。
一つは塩で、もう一つは化学調味料だとされているが、噂の域なので定かではない。
これだけ堂々と目の前で入れるのだから、相当自信があるのだろう。
2019.11.11

青島食堂司菜朱鷺メッセ店
青島ラーメン800円




白浜屋 

新潟支店時代は100回以上も通った店。
今は年に1回しか食べられないが、家族も毎年楽しみにしている。
昨年夏に帰省した際は定休日で食べられなかったが、今回はちゃんと営業日に合わせて帰省した。
店が近くに移転し新しくなっていたのにはびっくり。
2018.4.1

新しくなった白浜屋
2018.4.1
1年半ぶりの一杯
2018.4.1
自家製のチャーシュー
 
1年振りに味わう白浜屋のラーメン
2014.8.9
去年は行きに食べ、今年は帰りに食べた。
2016.8.17
毎年、佐渡汽船の予約は、白浜屋の営業時間に合わせることにしている。




きんしゃい亭 県庁前店

新潟で博多ラーメンが食べられる店で、新潟市内に何店舗か構えている。
新潟支店時代は県庁前店の近くに住んでいたので、飲んだ帰りとかに利用するのには便利だった。
新潟にいた頃はそんなに通わなかった店だが、福岡から戻ってみると無性に博多ラーメンが懐かしくなる。
2017.8.7

きんしゃい亭県庁前店
新潟にいたころは、このすぐ近くに住んでいた。
新潟で博多ラーメンが食べられる。
深夜2:00まで営業している。




三大ラーメン

全国にご当地ラーメンはたくさんあれど、三大ラーメンと言えば、札幌、博多、喜多方の三つのラーメンを指す。
札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンだが、同じ北海道でも旭川は醤油ラーメンで、函館は塩ラーメンになる。
今や全国どこででも食べられる札幌ラーメンだが、寒い冬の札幌で食べる味噌ラーメンは別格だ。
替玉でお馴染みの博多ラーメンは、細いストレート麺と豚骨スープが特徴だが、あっさり系の「長浜ラーメン」もある。
福岡の人は固い麺が好きなのか、ほとんどの人が茹で時間の短い「バリカタ」や「なま」を注文している。
喜多方市は福島県にある小さな地方都市だが、市内には120軒ものラーメン屋があると言う。
太い縮れ麺の醤油味が特徴で、朝7時から営業している「朝ラー」には驚いた。

札幌ラーメン
寶竜
札幌ラーメンの老舗。
博多ラーメン(長浜ラーメン)
元祖長浜屋
朝からやっているあっさり系のとんこつラーメン店。
喜多方ラーメン
まこと食堂
朝から営業しているのには驚いた。




三大そば

信州の戸隠そば、出雲の割子そば、岩手のわんこそばが日本三大そばだとされるが、日本全国どこで食べてもそば
は旨い。
福井にいた時は毎日のようにおろしそばを食べていたし、新潟では飲んだ後の締めはへぎそばだった。
福岡にいた頃は三瀬そばによく通い、会社近くにあった河辺屋の割子そばも好きだった。

戸隠そば
ぼっち盛りが特徴。
出雲そば
出雲大社の近くで食べた割子そば。
越前おろしそば
森六のおろしそば(旧今立町)




竹岡式ラーメン 

敢えて竹岡式と呼ぶのは、商標登録された竹岡ラーメンの店(チェーン店)がいくつもあるからだ。
竹岡式ラーメンと言えば梅乃屋と鈴屋が二大巨頭だが、君津の朝日らーめんはずば抜けた存在だった。
君津市の外箕輪にあり、千葉支店時代は内房方面に用がなくても、ほぼ毎週のように通っていた。
だいぶ前に閉店したため食べられなくなったのが残念。

鈴屋は梅乃屋よりも創業は古く、乾麺ではなく生麺を使い、薬味はタマネギではなくネギを使っているのが特徴。
梅乃屋は今やあまりにも有名で、週末には観光客で行列が絶えない店になってしまった。
値段も都心並みになってしまったのが残念。
その点木更津の富士屋は良心的な値段を維持しており、永く地元の人から愛されている。
君津の大ちゃんらーめん、東金のぐうらーめんも行列のできる秀逸なラーメンだ。

梅乃屋
竹岡式発祥の地として知られる老舗。
富津市竹岡401
梅乃屋
週末は観光客で行列が絶えない。
鈴屋
乾麺ではなく生麺を使い、薬味はタマネギではなくネギを使っている。
富津市竹岡92
富士屋
地元から愛され続ける竹岡式ラーメンの名店。
木更津市清見台東2-2-15
大ちゃんらーめん
ニンニクの利いたパンチあるスープが癖になる。
君津市常代5-4-2
ぐうらーめん
とろけるチャーシューが絶品。
東金市田間554-3




日本の国民食と呼ばれるラーメンは全国各地で進化を遂げ、ご当地ラーメンと呼ばれるものも数多く存在する。
中でも札幌の味噌ラーメン、博多の豚骨ラーメン、喜多方の醤油ラーメンを日本三大ラーメンと呼んでいる。
どちらかと言うと醤油ラーメンが好みだが、寒い冬に食べる味噌ラーメンも捨てがたい。



札幌ラーメン 

学生時代も含め、札幌には10回ほど訪れている。
札幌と言えば味噌ラーメンで、ぶらっと立ち寄った店でもハズレは少ない。
今や全国区のすみれ・純連を始め、味噌ラーメンを考案した味の三平など数多くの店を食べ歩いた。

札幌の老舗寶龍の味噌ラーメン.。
札幌に行ったときは必ず食べる。
昔も今も変わらぬ味にホッとする。
旭川ラーメンの老舗よし乃の味噌ラーメン。
札幌にも出店していた。
えびそば一幻総本店
行列ができる人気店らしい。
えびの匂いが強過ぎの感あり。




博多ラーメン

福岡には4年いたので、博多ラーメンはそれなりに食べた。
というのも、こってりしたスープが胃にもたれるのと、キツイ豚骨臭が苦手だったからだ。
それでも博多一風堂や一蘭などの全国区を始め、安全食堂や節ちゃんラーメンなど一通りは食べ歩いた。
会社の近くにラーメン暖暮という店があったが、一蘭に似たラーメンで割とよく通った。

全国に店舗展開する一蘭。
会社の近くの本店や自宅近くの小戸店によく通った。
一蘭のラーメン
スープの濃さやこってり度、トッピングなど取捨選択できる。
ふくちゃんラーメン
濃厚なトンコツスープでコクと甘みがある。




安全食堂

福岡市郊外(九大学研都市駅近く)にあるラーメン店で、昼を過ぎても行列が絶えない人気店。
白濁したスープはこれぞ博多ラーメンの味ですが、トンコツ臭はそれほど気にならない。
ラーメン500円 定休日/水曜日 福岡市西区徳永

きりや

姪浜にある小さな店。
福岡で卵縮れ麺の醤油ラーメンに出会えるとは思わなかった。
こういうラーメンを食べるとほっとする。
チャーハンによく合うあっさりラーメンだ。
中華そば580円 定休日/月曜日 福岡市西区姪浜

安全食堂
昼を過ぎても行列が絶えない人気店
安全食堂のラーメン
トンコツ臭はそれほど気にならない。
きりや
濃い口の醤油味中華そばは関東風
福岡のラーメンにナルトが入ることはまずない。




川端どさんこ

あのチェーン店のどさんこではない。
上川端商店街に店を構える、地元で超人気のラーメン店。
もちろん一番人気は味噌ラーメン。
昼時には大行列になるが、無駄な動き一つない従業員の仕事ぶりは見事で、待ち時間は気にならない。
大将の声がまたよく響き、女将さん?の指示も見事。
味噌ラーメン600円 定休日/火曜日 福岡市博多区上川端町

中国料理鉄人

坦々麺がお薦めの店のようだが、醤油味のシンプルなラーメンが私のお気に入り。
これに半チャーハンが付いたラーメン焼飯が700円と驚きの価格。
ラーメン580円 坦々麺680円 定休日/第1、第3日曜日 福岡市博多区須崎町

川端どさんこ
 
どさんこの味噌ラーメン
 
中華料理鉄人
醤油味のシンプルなラーメンが私のお気に入り。




長浜屋

前回、「長浜屋」と「長浜家」を間違えたので、今度こそはと「長浜屋」に行ってきた。
気合を入れて朝10時に到着したが、店がない!
周りを見渡すと近くに新しい店ができていたので安心したが、何とこちらもまた「長浜家」だった。
危うくまた騙されそうになった。
再び周りを見渡すと「長浜屋」の→があり、やっとのことで辿り着くことができた。
まだ10時過ぎだというのに店内は満席。
メニューはラーメン(400円)のみで、入口の券売機で食券を買い空いた席に座る。
何も言わなくてもラーメンが出てくる。
バリカタとか麺の固さは最初に言わなければいけないようだ。
初めての人はちょっと戸惑うかもしれない。
福岡のラーメンには珍しくトンコツ臭がなく麺の量は多いが、スープにコクがなく麺にはコシがないのが残念。
このラーメンのどこがいいのかが分からないと言う人もいるのではないか。
ちなみに新しくできた「長浜家」は、前回行った「長浜家」から独立した店とのこと。(店名を巡って訴訟中)
近くには同じような長浜ラーメンの店が何店かあり、ややこしいところ。
ラーメン400円 定休日/なし 福岡市中央区港

元祖ラーメン長浜
トンコツ臭はなくあっさりしているが、スープにコクがなくなにか物足りない。
麺の量は多く、これで400円は安い。
元祖ラーメン長浜
屋と家の違いだが、見た目も味も違いが分からない。




会津らーめん磐梯山

二丈町の吉井IC料金所を出たところに、気になるラーメン店があったので入ってみた。
お昼前だというのに、客は誰もいなく、夜は焼肉屋というのも不安だったが、出てきたラーメンは合格点以上。
子供にはオレンジジュース、食後にはリンゴまで出してくれてサービス満点。
ラーメン650円 定休日/金曜日 糸島市二丈吉井
2010.12.12

会津らーめん磐梯山
福岡でこういった醤油ラーメンに出会えるのがうれしい。
最後の一滴まで飲み干し完食!
店は 二丈町の吉井IC料金所を出たところにある。




かろのうどん

秘密のケンミンショーでも紹介された福岡のうどん。腰がなく軟らかい麺が特徴。
櫛田神社の近くにある「かろのうどん」は福岡では超有名店で、角のうどんだから「かろのうどん」になったそうだ。
福岡市博多区上川端町2-1 定休日火曜日

角にあるうどん屋だから「かろのうろん」
丸天うどん500円
ごぼ天うどん500円




秋月らーめん本舗

城下町秋月で見つけたラーメン店。
白壁の古民家風の店舗が城下町の景観にマッチしていて雰囲気がある。
それもそのはず創業130年の老舗製麺所が営んでいるとのこと。
自家製手打ちの縮れ麺の醤油ラーメンがお薦め。
秋月らーめん600円 定休日/水曜日 朝倉市秋月

中華そば藤王

小倉の商店街で見つけたラーメン店。
とんこつ主流の福岡では珍しい関東風中華そばだ。
こういう店に出会えるのも旅の楽しみの一つ。
中華そば630円 定休日/不定休 九州市小倉北区魚町

秋月らーめん本舗
創業130年の老舗製麺所が営んでいる店。
秋月らーめん
こういうラーメンに出会うとほっとする。
藤王
九州でこういったラーメンに出会えるのがうれしい。




黒亭

熊本に旅行したときに訪れたラーメン店。
10:30開店ということでしたが、5分前に到着したときにはすでに満席だった。
食べ終わって店を出るころには30人程の行列になっていた。

黒亭のラーメン
 
熊本ラーメンの超人気店
お昼前でこの行列はすごい!




喜多方ラーメン 

福島県の喜多方市には100軒以上ものラーメン店があると言われ、朝からラーメンを提供している店も多い。
喜多方には2度ほど訪れたが、何れも食べたのはまこと食堂のラーメンだった。
喜多方ラーメンは太い縮れ?に醤油味が一般的。
恵比寿に勤務していた頃は、週に1回必ず「喜多方ラーメン坂内」に通っていた。

喜多方ラーメンの老舗、まこと食堂。
朝7:30から営業している。
まこと食堂のラーメン
喜多方ラーメンは太い縮れ?に醤油味が基本。




湯島天神下 大喜 

2001年、年末のラーメン番組で1位になった店。
最後に訪れたのは大阪に異動になる前だから、8年振りになる。
さすがにもう大行列はできていないが、昼過ぎでも満席だった。
普通の醤油ラーメンを注文。
魚介系スープなのだが、多めの油としょっぱさが気になる。
白浜屋のように、毎日食べても飽きないラーメンでないことは確か。
2014.9

らーめん天神下 大喜
文京区湯島3-47-2白木ビル1F
醤油らーめん


上野観光の際立ち寄った湯島天神下の「大喜」。
2014.12.28

醤油ラーメン
中華そば
鶏そば




鳥取のラーメン 

牛骨ラーメンは鳥取県中西部のご当地ラーメン。
鳥取砂丘を見た後に、琴浦町にあるすみれ飲食店に立ち寄った。
鳥取県の中西部地方では昔から牛骨ラーメンが親しまれているらしい。

琴浦町にあるすみれ飲食店
メニューはラーメンとチャーシューメンのみ。
(おでんとおにぎりがある)
牛骨ラーメン
ラーメンには豚の煮込みが入る。




長崎のラーメン 

長崎と言えばチャンポン。
以前長崎支店にいたことのある会社のSさんから紹介されたのが、県庁近くにある「永楽園」。
開店10分前に到着したが、開店と同時に店内はあっという間に満席になった。
Sさんに薦められたチャンポンとエビチャーハンを注文。
スープが絶品だった。

長崎県庁の近くにある永楽園
値段も安く地元の人に長く愛されている店
永楽園のチャンポン
とんこつと違ったスープが美味い。
中華街の入り口にあった会楽園のチャンポン
こちらは観光客向けで値段も高い。




関西のラーメン

姫路城を見学したあとどこかで昼食をと思いながら歩いていると、何やら怪しげな行列を発見。
小さく目立たない看板に、これまた目立たない小さな暖簾。カウンター8席に、4人掛けのテーブル1つ。
無口で愛想のない主人。注文も『いち・いち』とか『にい・よん』とか訳が分からない。
こういった店と出会えるのも旅の楽しみの一つだ。

拝啓
姫路城の帰りに見つけた店
小さく目立たない店に行列が出来ていた。
拝啓のラーメン
いち・いちとかにい・よんと言っているのはラーメンと餃子の数を注文しているようだ。
有馬温泉にある青龍居のラーメン
六甲山の帰りに立ち寄った。
第一旭西舞鶴店
京都駅前の本家第一旭本店の暖簾分け。
第一旭西舞鶴店のラーメン
天橋立を見た帰りに見つけて立ち寄った。




沖縄そば

そばと言ってもソバ粉は入っていないので、うどんのようなもの。
基本は豚のあばら肉が入った「ソーキそば」か「三枚肉そば」。

しむじょう
築50年以上の古民家を利用した店舗
那覇市首里末吉町2-124-1
店内の雰囲気もいい
「しむじょう」の本ソーキそば800円
ソーキは豚のあばら肉のこと。
脂身は少なく肉は甘くておいしい。
「しむじょう」の三枚肉そば(中)620円
カツオ節がきいたあっさりスープがおいしい。
本部そば街道にある「山原(やんばる)そば」
三枚肉そば(小)500円
本部町伊豆味70-1
「宮古そば宮ら美」の本ソーキそば700円
那覇市具志3-24-18