釣行記録 2019




2019年11月24日 木更津港ハゼ釣り 

木更津港に出掛けるのは実に1年振りのこと。
子供の部活が終わるのを待って、2人で午後から出掛けることにした。
台風や大雨の影響が心配だったが、水門のポイントは以前のまま。
釣れたハゼが夏のデキハゼのように小さかったが、台風や大雨の影響があるのだろうか。

30匹ほど釣れたが、夏のデキハゼのように小さい。
こんな小さなハゼを捌くのは至難の業だ。
何とか捌いて天ぷらにした。




2019年10月23日~24日 真野漁港キス釣り 

大立でムラソイを釣った後は、真野漁港に戻りキスの投げ釣り。
エサはアオイソメを500円分購入。
潮回りが良かったのか2時間で14匹も釣れ、翌日も30分で7匹の釣果。
4匹程刺身にして食べ、残りの20匹は千葉に持ち帰り天ぷらにして家族に振る舞った。
2019.10.23 12:00~14:00 キス14匹。
2019.10.24 9:00~10:00 キス10匹、サバフグ、チンチン。

2019.10.23 
潮回りが良かったのか2時間で14匹も釣れた。
23㎝の良型は刺身に。
2019.10.24
キス10匹。前日分と合わせて24匹の釣果。
 
20匹は千葉に持ち帰り天ぷらにして家族に振る舞った。




本命以外にいろんな魚が釣れるのも、海釣りの楽しみの一つ。
今回はベラの他、チャリコ(真鯛の幼魚)やメゴチ、チンチン(黒鯛の幼魚)が釣れ、無毒と言われるシロサバフグも
釣れたが、さすがに食べる勇気はなかった。

シロサバフグ
無毒と言われているが食べる勇気はない。
チンチンと呼ばれるクロダイの幼魚




2019年10月23日~24日 大立漁港ムラソイ釣り 

10日間で屋敷の草刈りと剪定はほぼ終了したので、釣りにも少し気合いを入れることにした。
狙いは大立漁港のムラソイ。
いい穴さえ見つければ数釣りができるので、たくさん釣ってさつま揚げを作ろうという計画。
ムラソイは小型で市場価値が低く、佐渡でこの魚を狙って釣る人はまずいないが、私は結構好きな釣りの一つ。
今回は数が目的だったのでソフトルアーからブラクリとオキアミに変え、2日間で23匹とさつま揚げの材料は確保できた。
2019.10.23 8:00~10:00 ムラソイ16匹、キュウセン3匹。
2019.10.24 8:00~8:30 ムラソイ7匹、キュウセン1匹。

ムラソイ
消波ブロックの穴がポイントで、1か所の穴で数釣りができる。
斑になった模様が特徴で一緒に良く釣れるクロソイと区別できる。

カサゴ同様頭でっかちで歩留まりは悪い。



大立漁港
この時期はアオリイカもたくさん釣れる。

仕掛けはブラクリにエサはオキアミ。
26㎝の良型も出た。
ムラソイのいる穴さえ見つければ後は面白いように釣れる。
一つの穴で16匹のムラソイが釣れた。
(2時間で16匹、翌日は30分で7匹)
外道にキュウセンも釣れる。

2日間で23匹のムラソイを釣った。
ムラソイとキスの刺身
26㎝の良型は刺身にした。
釣りたては身が硬いので少し寝かせたほうがいい。
ムラソイのさつま揚げ
フードプロセッサーで練ってから揚げる。
味付けは塩と味噌少々。
歩留まりの悪い魚なので、こんなに釣っても10個程しか作れない。




2019年10月15日~17日 真野漁港釣り 

野菜を作ったり魚を獲ったりすることは、半自給自足の生活をするための必須条件の一つになるだろう。
野菜は夏に収穫したジャガイモと貰ったタマネギがたくさんあったので、5日間はシチューとカレーで回した。
酒の肴はいつもの真野漁港でキスやソイを調達。
テトラ周りの穴釣りはソフトルアーのワームで狙い、500円分だけ買ったアオイソメでキスの投げ釣り。
あまり真剣には取り組まなかったが、酒の肴には十分の釣果だった。
釣ったキスの天ぷらとソイの煮つけを親戚にも持っていくと、お礼にと缶ビールと野菜を頂いた。
所謂物物交換ってやつだが、あげた分以上にお返しがあるのも田舎のいいところか!?
家で生る梅や柚子、柿や筍など元手はタダだから半自給自足も悪くはない。
2019.10.15 12:30~14:30 キス5匹、ベッコウゾイ、メバル、キジハタ、メゴチ、チャリコ。
2019.10.16 8:00~11:00 キス4匹。
2019.10.17 13:00~15:00ベッコウゾイ1匹、キス4匹。

ベッコウゾイ
正式名称はタケノコメバル。
佐渡ではムラソイやクロソイ、キジハタはよく釣れるが、ベッコウゾイはあまり見かけない。
過去に白瀬漁港で一度だけ釣ったことがあったが、今回バラシも含め3匹も掛かったのは珍しい。



真野漁港

テトラ周りの穴でメバルやソイを狙う。
20㎝のメバル。
クリーム色のワームにヒットした。
23㎝のベッコウゾイ(正式名称はタケノコメバル)
佐渡ではあまり釣れないので珍しい。
こちらもクリーム色のワームにヒットした。
キジハタ
佐渡ではよく釣れる小型のハタ。
夏が旬の美味しい魚。
晩秋のキスはピンギスはいなく、型ぞろいだった。
2019.10.15
ベッコウゾイ、メバル、キジハタ、キスなど。
2019.10.16 
キス4匹。
良型のベッコウゾイをバラしたのが痛かった。
2019.10.17
ベッコウゾイ1匹、キス4匹。

メバルとキスの刺身
酒の肴にはこれで十分。
ベッコウゾイとキジハタの煮つけ
キスの天ぷら




2019年は延べ30河川を釣行し、釣った岩魚の数も200を超えた。
大物はでなかったものの、30㎝を超える尺物も数匹上がったので、まあまあの成果だったと言える。
佐渡の河川調査は20河川ほど完了したが、まだ緒に就いたばかりで道のりは遠い。
来年も3月解禁と同時に調査を開始できるよう、事前準備を怠たりなく進めている。

入川 34㎝
新保川 33㎝


藤津川 31㎝

藤津川 31㎝
国府川 33㎝
国府川 33㎝




2019年8月14日 檜枝岐川

テントを張り終えたあと日没まで少々時間があったので、キャンプ場の受付で入漁券を購入。
キャンプ場入口の七入沢に掛かる橋から沢に降りて竿を出してみた。
開始後すぐに子供の竿に22㎝の岩魚が掛かったが、その後はチビ岩魚が出るだけで後が続かない。
入渓者の多い川なので最初からあまり期待はしていなかったが。
300mほど進んだところで右岸から出合うモーカケ沢にも入って見たが、こちらはまったくアタリ無し。
キャンプ場横の実川にも入って見たがアタリがないので、僅か1時間ほどで納竿とした。

七入沢
子供が釣った22㎝の岩魚。
メジロアブが襲ってきて釣りにならない。
モーカケ沢
アブが気になってしょうがない。
キャンプ場横を流れる実川。
淵に岩魚がたくさん見えるが、エサには見向きもしない。




2019年8月12日 真野漁港投げ釣り

夕方1時間半ほど真野漁港で投げ釣り。
フグの猛攻のなか、キス8匹にメゴチ3匹、キュウセン1匹と晩のおかずは確保。
22㎝のカイズ(クロダイの若魚)も釣れた。

夕方は真野漁港で投げ釣り。
エサ取りのフグが多いなか粘ってキスを釣る。
キス8匹にメゴチ3匹、キュウセン1匹と晩のおかずは確保できた。
子供が釣ったカイズ(22㎝)。




2019年8月12日 戸地川

金北山に登った翌日は渓流へ。
夏は藪だらけになる佐渡の渓流だが、比較的藪の少ない外海府の戸地川に入ることにした。
例年入っている新保川あたりは猛烈な藪に覆われるので、夏はもう入る気がしなくなってきた。
戸地川が釣れなければ翌日別の川に入る予定だったが、子供も満足できたようなので今年はこれで終わり。

5:45
釣行開始
開始3分で早くも20㎝サイズがヒット。

戸地川は夏でも藪が少なく釣りやすい川だ。
6:00
3連続バラシて首を捻っていたが、すぐに勘が戻ったようだ。
18㎝~19㎝のチビ岩魚も多かった。
23㎝~24㎝の良型も混じる。
6:35
佐渡で一番透明度が高いと言われる戸地川。
夏の岩魚は淵よりも瀬尻にいる。
思わぬところから飛び出してくるから油断できない。
入渓者が多い川なので大物はでなかった。
この日の最大は25㎝まで。
7:40
夏は敢えて藪沢に入る必要もない。
2時間で18匹程釣れたので、7分に1匹のペースだ。
8:00
この先は通らずと滝があるのでここで納竿。




2019年7月3日 白瀬川

白瀬川は雪畑山(1002.9m)や金剛山(962.2m)を水源に持ち、白瀬集落を経て両津湾に流れ出る川で、長さは3,963m
と佐渡では26番目に長い。
上流には雪畑山や金剛山への登山口があり、更に上流には白瀬発電所がある。
過去に一度入渓したことはあるが、その時は1匹も釣れなかったと記憶。
内海府側では最も大きな川で両津港から近いこともあり、島外から来た人がまず入渓を試みるのがこの川だ。
道路沿いに整備された道もあることから入渓者が多く、佐渡ではあまり釣れない川の一つになっている。

まずは白瀬登山口の所から入渓し遡行を開始。
前々日に降った大雨の影響で増水気味だったが、川は広く遡行に支障はなかった。
開始早々にいきなり25㎝の良型がきて、「あれれ?白瀬川も釣れるじゃん!」と期待したがやっぱり後が続かない。
その後発電所までの間に、チビ岩魚が1匹出ただけだった。
発電所の手前に左岸から出合う沢があり入ってみたが、アタリがないのですぐに発電所の上流部へと移動した。

白瀬登山口
雪畑山や金剛山の登山口になる。
前々日の大雨で川は増水気味。
25㎝の良型
川幅があり遡行し易い川だ。
いかにも大物が居そうな渕だがアタリなし。
18㎝のチビ岩魚
白瀬発電所
発電所の手前、左岸から出合う沢。
沢の上流には発電所用の取水口がある。
少し入って竿を出してみたがアタリなし。


発電所の上流300mほどの所にある堰堤の先から再び入渓。
第一投で18㎝のチビ岩魚が出たが、また後が続かない。
3mほどの滝下で21㎝が釣れたが、その先の堰堤の所で納竿とした。
この日も下流に県外ナンバーの釣り人が入っていたが、岩魚はいるものの入渓者が多くあまり釣れない川のようだ。
取水口より上にはいるのかもしれないが今回は未確認。

釣行再開後いきなり18㎝のチビ岩魚が出たが、後が続かない。
渓相はいいがあまり釣れない。
魚影はいくつか確認した。
3mほどの滝。
滝下で釣れた21㎝の岩魚。
18㎝のチビ岩魚
ポツポツと釣れるのだが。
堰堤が現れた所で納竿。
この先川は3つの沢に分かれ、それぞれの沢には取水口がある。




真野漁港 キス釣り 

酒の肴の調達はいつもの真野漁港で。
入れ食いと言うわけにはいかないが、その日食べる分くらいは確保できる。
キス釣りの合間にテトラの隙間にソフトルアーを落としていたら、今までにない強烈なアタリが。
竿がグングンとしなるので上げて見ると、何と30㎝を超えるクロダイが掛かっていた。
抜き上げるのは無理だと思ったが、タモ網もないので強引に抜き上げたら、案の定糸が切れてポチャーン。
もうちょっと慎重に取り込めば良かった。残念~!

堤防の外側は砂地でキスの好釣場となっている。
2019.6.23
テトラの隙間ではムラソイやクロソイ、メバルが狙える。
ここでワームにクロダイが掛かり驚いた。
20㎝の良型も釣れるが数が出ない。
2019.6.23 9:30~10:30
酒の魚は辛うじてキープしたが、どうも調子が悪い...。
2019.6.24 6:30~9:00
キス、メゴチ、チャリコの天ぷら
20㎝を超えるものは刺身にした。
夕暮れの真野漁港
2019.6.26
この日は型は小さいが数が釣れた。
10匹ほど天ぷらにして揚げたてを親戚に持って行ったら、いたく感動された。
2019.6.26 6:30~8:30、17:00~18:30
キスの刺身
釣りたてのキスの刺身は旨い。
キスの天ぷらと小さい新ジャガの素揚げ
シッタカ
オオコシダカガンガラやバテイラなどの総称。
サザエやアワビなら分かるがこんなものまで漁業権の対象にするのはやり過ぎだ。




2019年6月25日 入川 

入川の源流部へは、ドンデン線が左に大きくカーブしてつづら折りに入る手前に車を止めて川に下りた。
すぐに左岸から沢が出合うが、「川の名前を調べる地図」では孫次郎川の表記になっている沢。
この沢も出合いから100mほどですぐに堰堤が現れ、釣れる岩魚はチビ岩魚だけだった。

ドンデン線が左に大きくカーブする手前から川に下りた。
左岸から出合う沢。
「川の名前を調べる地図」では孫次郎川となっている。
18㎝のチビ岩魚。
小さな沢だがこれだけ水量があれば十分釣りになる。
釣れるのはチビばかり。
これも18㎝しかない。
出合いから100mほどですぐに堰堤が現れる。
堰堤より上は未確認。
本流に戻り上流を目指すが...。


本流に戻り上流を目指したが、こちらもすぐに堰堤が現れた。
この堰堤を左岸から越えたと思ったらすぐまた堰堤が...。
堰堤だらけの川に嫌気がさしここで引き返そうと思ったが、ドンデン線と交差するところまで沢を詰めて帰ることにした。
堰堤を左岸から越えると川は二分され水量も少なくなってくる。
右俣を400mほど詰めてドンデン線に出た。
右俣より左俣のほうがポイント的には有望かもしれない。

すぐに堰堤が現れた。
堰堤を越えたと思ったらまた堰堤が...。
堰堤で釣れた34㎝の尺岩魚。
堰堤を越えると川は二分される。
ここで22㎝の岩魚が出た。
右俣の方を進んだが、左俣の方がポイント的には有望かもしれない。
沢を詰めてドンデン線に出た。


7:00~8:50 2-3

3日間掛けて入川を調査した結果、本流は入渓者も多くチビ岩魚が主体だったが、支流には良型岩魚も多くいた。
本流も支流も堰堤の多い川で、堰堤で大物を狙う人にはいい川かもしれないが、私の好みには合わない川だった。
源流部の左俣、小又川の上流及び白滝川は今回未調査だが、また機会があれば調査してみたいと思っている。



2019年6月21日 入川 小又川

小又川を出合いから遡行しようと本流に下りてみたがすぐに堰堤が見えたので、先に本流から竿を出してみた。
やはり本流は入渓者が多いのか釣れるのはチビ岩魚ばかりで、20㎝を超える釣果サイズはでない。
100mほどで堰堤となったので引き返し、発電所があった頃に作られたと思われる小又川沿いの道を進んだ。
小又川は出合いから堰堤の連続で、7つ目の堰堤を越えたところから竿を出してみたが、アタリも魚影もまったくなし。
前日の孫次郎沢が入れ食いだっただけに不思議でならない。
取水口跡より先は期待できるのかもしれないが、今回は早々に切り上げ納竿とした。

6:30~8:00 0-3

ドンデン線
舗装された道がドンデン山まで続く。
橋の手前に取水口跡へと続く荒れた道がある。
左岸から小又川が出合うがすぐに堰堤となる。
入川本流
本流で釣れたチビ岩魚。
これまたチビ岩魚。
本流は釣り始めて100mほどで堰堤が現れる。
この先も堰堤の連続。
小又川は出合いから7つもの堰堤が連続し釣りにならない。
7つ目の堰堤を越えた所から竿を出したが、アタリも魚影もまったくなし?
前日の孫次郎沢が入れ食いだっただけに不思議でならない。




入川

入川は外海府を代表する河川。
ドンデン山を水源に持ち、大佐渡の北側から高千地区を経て海に流れ出る川で、長さは6,700mと佐渡で10番目に長い。
過去に一度だけ入ったことがあったが、川沿いにはドンデン山へと続く舗装された道路が走り、期待薄の印象だった。
地図をよく見ると支流に小又川や白滝川、孫次郎川などの沢があり、もう一度調査してみることにした。



2019年6月20日 入川 孫次郎川

自宅を6時に出発し、外海府の高千には7時前に到着。
一昔前は高千まで行くのは大変だったが、今は南片辺トンネルができたおかげで1時間ほどで行けるようになった。
河口からドンデン線を7㎞ほど上った所で車を止めて川に下りたが、連日の雨で本流は増水していて釣りにならない。
仕方がないのですぐ近くの沢に入ってみることにした。
いつも利用している「川の名前を調べる地図」の地図サイトでは無表記だが、佐渡観光協会のトレッキングマップでは
孫次郎沢となっている。
「川の名前を調べる地図」での孫次郎川は一つ上の沢になっていたが、今回は佐渡観光協会のトレッキングマップの
方を採用した。

出合いから50mほど進んだ所に堰堤と取水口跡があり、ここから釣り始めることにした。
入川にはかつて発電所があったので、支流の沢には取水口の跡が残っている。
第一投からいきなり18㎝のチビ岩魚が出て、その後も24㎝~26㎝の良型が次々にヒット。
雨後で条件が良かったのか、あまり人が入ってなかったのか、とにかくこの日はよく釣れた。
取水口から700mほど上った二俣の所で納竿。

7:10~9:40 12-4

取水口の上から入渓。
連日の雨で沢もかなり増水していた。
第一投からいきなり18㎝のチビ岩魚が出た。
すぐに26㎝の良型が続いた。
夏は藪沢で釣り辛そうな沢かもしれない。
これも26㎝の良型。
滝も堰堤もない佐渡では珍しい沢。
24㎝~26㎝の良型が次々にヒット。
雨後で条件が良かったのか、あまり人が入ってなかったのか、とにかくよく釣れた。
取水口から700mほど上った二俣で納竿。




2019年5月21日 新保川 張骨沢~又次郎川内沢 

中津川に入って見たが、岩魚がいそうもない川だったので、早々に切り上げ新保川に向かった。
今回は二箇沢出合いより遡行し、張骨沢と又次郎川内沢へ入って見ることにした。
本流は相変わらず良型の岩魚が顔を出し、梅津川のようにチビ岩魚は出てこない。
張骨沢は出合いから20mほどで滝があり行き止まりになるが、滝までの僅かなポイントに岩魚がいる。
滝壺にはいつも主がいて、過去には尺を超える岩魚が何本も釣れている。
今回も丸々太った33㎝の尺岩魚が釣れたが、餌が落ちてくるいい場所を確保した岩魚は当然大きくなれる。

新保川の本流は張骨沢出合いからは又次郎川内沢と呼ぶようだが、ここから水量は極端に少なくなる。
水深10㎝ほどの小さなポイントにも岩魚がいて、過去に30㎝を超える尺岩魚を上げたこともあり侮れない。
標高650mまで行くとさすがにポイントがなくなり、アタリもなくなってくる。
まだ上流に岩魚は棲息しているかもしれないが、ここで納竿とした。

滝までの僅かなポイントに岩魚はいる。
張骨沢F1、10m
滝壺の手前で出た26㎝。

滝までは僅かな距離だが、下から順番にサイズアップしていく。
F1、10m
尺岩魚を何本も上げているポイントだ。
滝壺の主、33㎝の丸々と太った岩魚。
太さは40㎝級だ。
水深10㎝程の所にも岩魚は棲息している。
侮れないポイントだ。
今回は20㎝のチビ岩魚しか出なかったが、過去には尺岩魚も出ている。
標高600m付近
過去に尺岩魚を2本も上げたことがある。


本流F1付近

本流F1、10m
ここも良型が居着くポイント。
28㎝止まりだがよく太っている。


11:10~14:20 12-3



2019年5月21日 中津川 

中津川は国府川水系31河川の一つで、妙見山を水源に持ち、旧金井町中興を経て国府川と合流する。
流程は7,410mで、国府川の支流としては6番目に長い。
朝9時過ぎまで雨が降っていたので、止むのを待ってから出掛けた。
中津川は地図で見る限り上流に堰堤が3ヵ所もあり、当初からあまり乗り気ではなかった。
奥から3番目の堰堤を越えた所から川に下りたが、地持院川同様不法投棄された古タイヤや農機具が散乱。
雨の影響もあるのかもしれないが、川の水の透明度は低くとても渓魚がいるような川ではない。
竿を出してみたがアタリはなく、早々に切り上げることにした。
流程が7,410mもあるので、一番奥の堰堤の上流なら期待できるのかもしれない。
10:30~10:50

不法投棄された古タイヤや農機具が散乱。
水は薄茶色に濁っている。
藪沢で竿を出せるようなポントがない。




2019年5月18日 佐渡真野漁港キス釣り

真野漁港でのキス釣り。
餌のアオイソメは500円分だけ買って、無くなったらソフトルアーでムラソイ狙いがいつものパターン。
岩魚釣りはアタリがなければポイントを変えていく釣りで、良い時は5分に1匹、悪い時でも15分に1匹は釣れる。
海釣りは渓流釣りとは勝手が違うのに、15分経ってもアタリがないとすぐ場所を移動してしまう。
いつもの悪い癖で、今回も2匹釣ったところでアタリがなくなり場所を変えた。
移動した後も全くアタリがなく、いつもならここで諦めて帰るのだが、再び元の場所に戻って竿を出して見た。
暫くすると1匹釣れたのだが、また15分以上経ってもアタリがなく、帰ろうと思ったらまた1匹。
また15分以上アタリがなく、今度こそ諦めて帰ろうと思ったらまた1匹。
2時間半程で5匹のキスを釣ることが出来たが、1ヶ所で粘る釣りは性に合わない。

真野漁港
あまり数はでないが、良型のキスが釣れる。
20㎝サイズの良型が2時間半で5匹釣れた。
粘り勝ちと言うべきか。
3匹を天ぷらにして、2匹を刺身にした。
釣りたてのキスの刺身は旨い。




2019年5月17日 梅津川 大山川 

大山川の長さは600m。
水沢川との分岐から入渓したが、前日の水沢川同様チビ岩魚が次々に餌を追ってくる。
上流に行くにしたがって釣果サイズも多くなり、割合は半々といったところだが、尺を超えるような大物は出ない。
この川も滝らしい滝はなく、発電所の作業道もあるので入渓者が多いのだろう。

大山川
水沢川同様水は透明で渓流らしい川だ。
大きな滝もなく遡行し易い。
上流にいくにしたがって釣果サイズも増えてきた。
数が多いのか全体に痩せている岩魚が多い。
痩せているが25㎝ほどあった。
チビ岩魚と釣果サイズの割合は半々といったところ。
5月でこの水量だから、夏は厳しいかもしれない。
これは26㎝の良型。


取水口を越えたあたりから落差のある川になり、型もよくなりだす。
左岸から沢が出合う先で納竿としたが、まだ先にも岩魚は棲息しているようだ。
小さな渕に尺を超える大物が見えたが、残念ながら餌には見向きもしなかった。
2日間で50以上の岩魚を確認したが、半分が18㎝~19㎝のチビ岩魚という、今までにない不思議な川だった。

取水口
落差のある川になり型も良くなりだした。 チビ岩魚から釣果サイズに主体が変わる。
22㎝~24㎝の釣果サイズは多いが尺物は出ない。
左岸から沢が出合う。
出合いは5mほどの滝になっている。
標高400mを越えたあたりで納竿とした。
佐渡では珍しく、ここまでは滝のない川だった。
相当上まで岩魚は遡上しているはずだ。

5:10~9:10 16-13



2019年5月16日 梅津川 水沢川 

梅津川はドンデン山と金北山の間にある山々を水源に持ち、両津湾に流れ出る川で、5,350mと佐渡では16番目に長い。
梅津川、水沢川、青竜川、大山川、御器清水川、大谷川と6つの支流を持ち、石花川の6つと並んで佐渡第2位を誇る。
上流にはドンデン山や金北山への登山口であるアオネバ渓谷があり、春には多くの登山客が花を目当てに訪れる。
まずは支流の水沢川を調査。
長さ1,500mほどで、上流で御器清水川(長さ150m)が出合う。
入渓早々第一投から18㎝ほどのチビ岩魚が飛び出し、その後もチビ岩魚が連続する。
100m程で右岸から青竜川が出合うが、水量が少なくパス。
水沢発電所の建物を過ぎると川は二分され、左岸から大山川が出合う。
水量はほぼ1対1といったところだが、若干水沢川の方が多いかもしれない。
18㎝から19㎝のチビ岩魚が次から次へと釣れるが、20㎝以上の岩魚はポツポツとしか釣れない。
滝もなく入渓し易い川なので、大きくなると釣られてしまうのか、魚が多すぎて大きくなれないのか、不思議な川だ。
今までこんなにチビ岩魚が釣れた川は初めてだ。

水沢川
第一投から18㎝ほどのチビ岩魚が飛び出した。
右(左岸)から大山川が出合う。
水は透明で滝もなく遡行し易いが、夏は藪に覆われ釣りづらいだろう。
チビ岩魚は次々と釣れるが、釣果サイズがなかなか出ない。
釣れた岩魚の半分以上が18㎝~19㎝のチビ岩魚だった。


取水口を過ぎた辺りから型が良くなったが、今度は数が出なくなった。
右岸から御器清水川が出合う先で納竿。
どこまで岩魚が棲息しているかは未確認だが、かなり上流まで棲息していることは間違いない。

唯一の滝らしい滝。
それでも3mほどしかない。
取水口
やっと29㎝の型のいいのが釣れた。
かなり上流まで岩魚が棲息している。
御器清水川
今回は釣行せず、岩魚が棲息しているかは未確認。
東北電力水沢発電所
水沢川、青竜川、大山川、御器清水川の水を取り込んでいる。
発電力最大133kwとあった。

5:20~9:00 10-14



2019年5月13日 地持院川 

地持院川は国府川水系31河川の一つで、金北山の麓から旧金井町吉井を経て国府川と合流する。
流程は4,440mで、国府川の支流としては9番目に長い。
安養寺橋から川に下りたが、不法投棄されたゴミがあっちこっちに散乱。
川の水は薄茶色で、とても渓魚がいるような川には見えなかった。
竿を出してみたが反応はなく、すぐに2つの堰堤が行く手を阻む。
2つとも右岸から巻いて上にでたが、今度は大堰堤が現れ、上は小さなダムになっていた。
バックウォーターへ繋がるような道も見当たらなかったので上流への釣行は断念。
渓魚の棲息は未確認に終わった。
6:15~7:10

川の水は薄茶色で、とても渓魚がいるような川には見えない。
2つの堰堤を越えると大堰堤が出現。
堰堤の上は小さなダムになっていた。




2019年5月13日 続・藤津川 


どうしても下流から辿り着けなかった黒滝と白滝を確認したくて、滝への入口がある林道地獄谷線へ向かった。
藤津川の源流部を横切るとすぐに、滝入口の看板らしきものがあった。
事前に確認した情報では歩いて10分とあったので、川沿いに下って行ったが黒滝らしき滝に行きつかない。
10m程の滝を懸垂で下降したが、すぐに別の大きな滝が出てきて万事休す。
止む無く引き返すと、ちょうど釣り人が岩魚を釣り上げているところに遭遇。
話を聞くと、黒滝と白滝は看板のすぐ上に尾根沿いの道があり、暫く進んで下ると黒滝があるのだと教えてくれた。
ただし、倒木で道は荒れて分かりづらくなっているとのことだった。

教えてもらった通り尾根沿いの道を辿ったが、すぐに倒木や藪で道は途切れてしまう。
道を探して藪の中をさまよったが見つけることが出来ない。。
左の斜面を下れば辿り着くと思い進んだが、最初の10mの滝の真横に出て再び万事休す。

林道地獄谷線沿いにある滝入口らしき看板。
後で分かったが、黒滝、白滝への道は看板真上の尾根沿いにあった。
入渓点
引き返した時、ちょうど釣り人がここで岩魚を上げているところに遭遇した。
川沿いに下っていく。
10m程の滝が出てきた。
念のため、左岸の崖を懸垂で下降。
枝につかまって下りるにはリスクがある。
10m滝の下には5m滝が続く。
更に真下には大きな滝があったが、落ち口からでは確認できない。
これが黒滝だろうか?


暑さで朦朧としてきたので再び林道まで戻り、林道から上の藤津川の源流部に入って見ることにした。
出会った釣り人の話では、林道より上には岩魚はいないとのことだったが、すぐに2~3の魚影を発見。
ちょっとした落ち込みでは28㎝の良型が釣れた。

道を探して藪の中をさまよったが、とうとう発見することは出来なかった。
正面に見えるのが両尾山。
岩魚はいないようだと言われたが、ここで2~3の魚影を確認。
小さな落ち込みにも岩魚がいた。
28㎝の良型。
ここで納竿。
夏には枯れてしまいそうな沢だ。

7:40~9:40 1-0



83歳の釣り人 

納竿して林道に戻ると、先ほど出会った釣り人も戻っていた。
話を聞くと私と同じ町の人で、母のこともよく知っていると言う。
更に驚いたのは年齢が83歳だと言うこと。
83歳のご老人が一人で、しかも私が辿り着けないような滝で釣りをしているなんて!
信じられないような衝撃的な出会いだった。
渓流釣りが趣味で、滝の写真も数多く撮っているのだとも。
猿八の夕栗の滝の上流には4つの滝があることや、小河内川の七つ滝のことなど色々教えてくれた。
釣り仲間が何人かいるらしく、毎年40㎝オーバーも上がっていると言う。
釣った岩魚は持ち帰っているそうだが、「岩魚より鯵のほうが旨いですよ」とつい余計なことを言ってしまった。
老人の楽しみに水を差すような事を言ってしまったことをあとになって後悔した。
何かあったら大変ですから気をつけて下さいと言って別れたが、心配しなければならないのは自分の方かもしれない。



藤津川 黒滝 白滝 



10時過ぎに自宅戻り休んでいたが、どうしても黒滝、白滝のことが頭から離れない。
83歳の老人が行けるところへ、20歳以上年の差がある自分が行けないなんて、どうしても納得出来なかった。
右膝は転倒に次ぐ転倒で、木の枝が触れるだけでも痛かったが、午後から再び林道地獄谷線へと向かった。
渓流タビでは枯葉のある斜面は滑るので、登山靴に履き替えた。
道に迷って戻れないことも想定して、目印のテープも用意した。

午前中迷った所を右に進むと、倒木の先に道らしきものがあったが、すぐに不明瞭になる。
植林地まで進み左に下りていくと、左側後方に黒滝らしき滝が見えてきた。
林道から20分程だったが、結構長くさまよった感じがする。

黒滝から一旦川沿いに下り、白滝の上部右岸から再び植林地の中を通り、小さな尾根に辿り着いた。
滝下まではおよそ15m程の高さがあり、木の枝につかまって下りるには急斜面過ぎて危ない。
安全のためスワミベルトと20mの補助ロープを取り出し、懸垂で滝下まで下りた。
滝下に下りて見上げると、先日下流から遡行してきて辿り着いた滝と、この白滝が同一であることが分かった。
14:30~15:40

黒滝
20m程の見事な滝だ。
上部が段滝になっている。
白滝
2段の段滝になっている。
落差は20m程か。




2019年5月10日 新保川 二箇沢 

新保川を九輪坊沢出合いより遡行し、久しぶりに二箇沢に入ってみた。
二箇沢に入るのは実に15年振りのこと。
夏は藪沢で、しかも出合いから僅か100mほどで滝に行く手を阻まれるため、自然と疎遠になってしまう。
釣り場としての魅力はあまりないが、F1の渕ではたまに尺物も出る。

二箇沢
夏は藪沢で入りづらい沢でもある。
倒木や流木が多くポイントも少ない。
数は少ないが岩魚は棲息している。
F1、3m
いつも良型が出るポイント。
まず20㎝が釣れた。
次に24㎝の良型が出た。
過去F1より上流で釣れたことは一度もない。
ここで転倒し、藤津川で痛めたところをまた強打。
F2とF3
F2は簡単に越えられるが、F3は越えられそうにないので、いつものことながらここで納竿。
F3、10m
F1の左から小尾根を大きく巻けば越えられそうだが、そこまでする気にはならない。

5:40~8:30 11-4



2019年5月8日 藤津川 

藤津川は国府川水系31河川の一つで、妙見山を水源に持ち、旧金井町泉を経て国府川と合流する。
流程は8,430mで、国府川の支流としては5番目に長い。
藤津川ダムのバックウォーターから川沿いに釣り上り、上流にある白滝と黒滝を見て帰るという計画。
5:30過ぎにダムに着き湖畔沿いを歩くも、バックウォーターに続く道がなく、いきなり出鼻を挫かれてしまった。
地図をよく見ると左岸沿いに林道があることが分かり、来た道を引き返して林道を進んだ。
ゲート手前に車を止めて歩くこと10分で堰堤が現れ、堰堤を越えた少し先から竿を出した。
暫くアタリはなく、やっときたと思ったらチビ岩魚のバラシ。
その後もチビ岩魚を連続してバラし、チビ岩魚でもいいから写真に収めたいと思うなんて、何と情けないことか。
400mほど進んだところでF1、5mの滝が現れた。
何気なく竿を出すといきなり竿を絞る強いアタリ。姿を現したのは尺はある大物だった。
タモ網をザックから出していなかったので、岸に寄せて抜き上げようとした途端に痛恨のバラし。
F1のすぐ上にF2、5mが連続。
ここでも強いアタリがあり、今度は慎重にタモ網で取り込んだが、結果は25㎝の岩魚だった。
それでも藤津川の岩魚第一号を写真に収めることができ一安心。

藤津川ダム
朱鷺がうるさく鳴き上空を旋回してきた。
侵入者を威嚇してきたのだろうか。
中央に見えるのが両尾山(むろおやま)507.3m
堰堤を越えた所から釣り始めた。
ここからチビ岩魚の3連続バラし。
F1、5m
ここで尺岩魚をバラす。
すぐ上にF2、5mが見える。
右岸を小さく巻いてF2へ。
F2、5m
右岸を巻く。
F2の滝壺で釣った最初の1匹、25㎝。
今度はタモ網を使って取り込んだ。
F2を越えた先で31㎝の尺岩魚が出た。
これもタモ網を使って取り込んだ。


F2を越えたあたりから渓相もよくなり、立て続けに31㎝の尺岩魚がヒット。
その後もポツポツと釣れるものの、数が出ない。
滝の多い川なので、たくさんの魚が居つくのは難しいのかもしれない。

ここで31㎝が出た。
これも31㎝の尺岩魚。
その後も中型の岩魚が釣れるが数が出ない。
水量はさほど多くはない川だ。
バラしも含めると10数匹の岩魚を確認したが、岩魚の数自体は少ない川だった。
小さな滝が連続し出した。
F3、3m


釣り始めて2時間半、F5、10m、F6、3mを高巻くと、15mほどの大きな滝が現れ、上部にも滝が見えた。
右も左も簡単に巻けそうになく、体力的にも限界だったので、白滝か確認できぬままここで引き返すことにした。

F4、3m
すぐ上にF5、10mが続く。
F5、10m
このすぐ上にもF6、3mが連続する。
F6、3m
直ぐ上に更に大きな滝が見えた。
これが白滝だろうか。
F6を高巻くと、落差15mほどの大滝が現れた。
上部にも滝が見える。
段滝になっているのだろうか。
右も左も簡単に巻けそうになく、体力的にもここで限界だった。
これが白滝かどうか確認できぬまま引き返すことにした。

5:40~10:40 7-1



2019年5月5日 忍山川釣り 

渡良瀬川水系桐生川支流の忍山川(おしやまがわ)へ行ってきた。
「桐生岩魚」氏のブログを見ている子供が、以前から行きたいと意思表示していた川で、群馬県の桐生市が所在地。
GW中だが子供の部活OFF日は限定されているので、朝3時に起きてすぐに出発した。
東北道から北関東道の太田桐生ICを経由し、セブンイレブン桐生梅田一丁目店には5時過ぎに到着。
ここで両毛漁協発行の入漁券を購入。
忍山川を林道沿いに進むと、湯本の集落を過ぎた所で車両通行止めの看板。
もっと先に進めそうだったが、万が一のことを考え歩くことにした。
GW中だと言うのにまだ朝早いのか、先行者は誰もいない。
林道を40分ほど歩き、右岸の沢から本流に下りて釣行を開始した。

右岸の沢から本流に下りて釣行を開始。
GW中ということもあり坊主覚悟で臨んだが。
開始10分後、私の竿に20㎝の岩魚がヒット。
普段は竿を出さない小さなポイントを攻めた。
これが最初で最後の1匹にならないよう祈った。
子供の竿にも19㎝の岩魚が来た。
二人とも坊主逃れにホッとする。
いかにも居そうなポイントだが魚信はない。
佐渡の川と違って入渓者の多い川は難しい。
型は小さいが20㎝前後の岩魚がポツポツと釣れる。
これも21㎝止まり。


林道の終点からが本格的な渓流になり、100m程進んだところで通過困難なゴルジュが現れた。
左岸に巻道とロープが見えたが、釣行開始から5時間近く経過し、疲労による滑落リスクもあるのでここで納竿とした。
佐渡の渓流と違って、ポイントに投入すればすぐ釣れるというわけにはいかなかった。
警戒心が強く魚信も小さいので、同じポイントで少し粘って見るのも効果的だった。
GW中ということもあり坊主も覚悟していたが、型は小さいもののお互い4匹ずつ釣れ納得の釣行になった。
まあいい経験になったんじゃないかな。

上流に行くにしたがって渓相が良くなってきた。
小滝が何ヶ所か出てくるが遡行に支障はない。
子供が釣った朱点が鮮やかな岩魚。
短いが増水したら通れないような廊下帯も出現。
残馬山(1107.5m)を水源に持つためか、この辺を残馬峡と呼んでいる。
誰もが狙うようなポイントは居ても警戒心が強いのか釣れない。
ゴルジュ帯が現れた。
左岸を高巻くようだがここで納竿にした。


帰りは桐生川ダムから県道66号桐生田沼線を下って佐野に抜け、昼食は佐野市内で佐野ラーメンを食べた。
北関東道佐野田沼ICから高速に入ったが、渋滞もなく16時前には自宅に着くことができた。



2019年4月19日 鴨居大室港五郎丸 午前アジ釣り 

釣部のOBで先輩のUさんと、五郎丸さんの午前アジ釣りに行ってきた。
午前アジ釣りは7:30~11:30までで、鴨居沖の大アジをビシ仕掛けで狙うもの。
五郎丸さんは今回で2度目だが、130号のビシを使った大アジ釣りは強烈だ。
ただでさえ重い仕掛けに30㎝の大アジが掛かるのだから、1匹引き上げるのが大変なことは前回経験済み。
Uさんが電動リールを貸してくれると言ってくれたが、今回も敢えて手巻きリールで臨んだ。
水深35m程の所で中アジを15匹程釣った後、いよいよ大アジ釣り場へ移動。
水深は40mと前回の80mの半分だったが、それでも5匹ほど上げたところで腕が回らなくなってきた。
何とか頑張って13匹まで伸ばしたが、ここでギブアップ。
やっぱりビシアジ釣りは電動リールに限るようだ。
この日は南西の風で波があり結構辛かったが、何とか最後まで持ち堪えることができた。




鴨居大室港五郎丸(横須賀市鴨居)
鴨居沖水深40m、次々に大アジがヒットする。
アジは全部で27匹で最大は33㎝。サバも1匹釣れた。
竿頭は59匹とのことだが、常連さんはさすがだ。
手巻きでこれだけ釣るのも大変なことだが。




アジづくし 

釣りから帰ると直ぐに大アジ2匹を刺身にし、一杯やりながら晩のおかず用に中アジを12匹ほどフライにした。
新鮮なアジフライは抜群に旨かったが、中アジのほうが刺身には向いているようだ。
翌日は朝から刺身、たたき、なめろう、焼きさんが、南蛮漬け、一夜干し、しめ鯖と大忙し。
中でも大好評だったのが、アジの南蛮漬け。
大アジを三枚におろした後適当な大きさ切り、片栗粉と小麦粉を混ぜたものを水と卵で溶いて天ぷら風に揚げる。
これを人参と玉葱の千切りを入れて作った甘酢だれに浸ければ出来上がり。

まずは刺身から。
大アジは大味で刺身には中アジのほうが向いている。
定番のたたき
やはり大アジよりも中アジのほうが旨い。
筋目切りにすると食べやすく醤油ののりもいい。
中アジのフライ
釣りたてなので抜群に旨い。
南蛮漬け
唐揚げではなく、片栗粉と小麦粉を卵で溶いて天ぷら風に揚げたものを甘酢だれに浸ける。
これが大好評だった。
なめろう
ネギと味噌を混ぜて包丁で細かく叩く。
焼きさんが
なめろうにしたアジをフライパンで焼くだけ。
アジの一夜干し
10%濃度の塩水に30分浸け、冷蔵庫で一晩干す。
1匹だけ釣れた34㎝のサバはしめ鯖にした。
酢につける時間を短くし、超レアに仕上げた。




2019年3月24日 石花川

朝、目が覚めると外は一面の銀世界。
かなりの積雪だったが、ベシャベシャの雪なのでノーマルタイヤでも何とか走行できそうだ。
今日で佐渡滞在も最終日なので石花川へと車を走らせた。
川に到着した途端吹雪になり、寒くて釣りどころではなくなった。
3匹ほど釣り上げたが30分でギブアップ。
帰りに戸地川の小俣沢にちょっと立ち寄り、3月の佐渡での釣行はこれにて終了。
石花川 7:20~7:50 3-0
戸地川 8:40~8:55 0-1


今回の釣行で感じたことは、小佐渡の川が想像以上に酷い状況になっていると言うこと。
国府川漁協が解散した影響もあるだろうが、護岸工事や堰堤建設の影響が大きいと思われる。
どの川にも魚はいたが数は少なく、細々と生きているといった感じだった。
同級生と飲んだ時、「お前が紹介するから釣れなくなるんだ」と批判されたが、釣り人の影響は限定的だと思っている。
実際、外海府の川には毎年多くの釣り人が入っているが、魚が途絶えることはない。
今回も溜りにはたくさんの稚魚が見られた。
佐渡には85水系145もの河川があり、支流の沢も入れればかなりの数になる。
それに比べれば島外からやってくる釣り人の数など知れたもの。
一昔前の釣り人と違って、ルアーやフライをやる人はキャッチ&リリースが定着している?
今回はあまり釣れなかったが、それでも7河川で70匹以上釣れたのも事実だ。
新鮮なアジやカレイが1匹50円で手に入る佐渡で、旨くもない岩魚を敢えて持ち帰ることもないだろう。

佐渡は真冬に逆戻り。
このあと吹雪になった。
吹雪の中でも岩魚は元気に餌を追う。
20㎝サイズだがよく釣れる。
30分したところでギブアップ。
戸地川小俣沢
これが今回最後の1匹。




2019年3月23日 新保川 

新保川に行く前に長江川に立ち寄ったが、真新しい入渓者の跡があり、アタリも渋く数匹釣ったところで撤退。
新保川は想像以上の水量でポイント選びに苦戦。
30㎝を超える尺岩魚もでたが、まだサビが残る痩せた岩魚ばかりだった。
同じ金北山に水源を持つ川でも、長江川よりも雪代の水が多く、冷たいからかもしれない。
周りはイバラだらけで、釣りをする時間よりも絡まった仕掛けをほどいている時間のほうが長かった。
長江川 6:00~7:00 5-0
新保川 8:00~9:30 7-1

右岸から袖ヶ沢が合流する。
痩せているが30㎝を超える尺岩魚。
24㎝の良型
新保川の岩魚はサビが残り痩せている。
これも痩せてはいるが26㎝あった。 長江川で最後に釣った27㎝。
まだサビが残るが痩せてはいない。




2019年3月19日 石花川 

石花川は1日で終わりにするつもりだったが、家に帰ってからパックロッドがないことに気づいた。
どうやらザックからカメラを取り出したときに、パックロッドを置き忘れて来たようだ。
しょうがないので翌日も石花川まで出向くはめに。
パックロッドの回収ついでに、前日納竿した場所から上流へ釣り登って見ることにした。
8:00~9:50 3-1

前日納竿した場所から遡行を開始した。
この先左岸から竹平沢が出合う。
このあたりでもまだ山女魚が混じる。
10匹針掛かりも内6匹もバラすなど、この日は絶不調。
左(右岸)から砥石沢が出合うところで林道は終わり。
その先に堰堤が見える。
石花川は河口からここまで堰堤がない。
これが渓魚が絶えずに育つ環境なのだろう。


堰堤の先は二俣になっていて、右岸(左側)がイラツボ沢で左岸(右側)が本流筋になる。
本流はさらに400m上流で長尾沢、棚山沢、松尾沢に分かれる。

堰堤の右側(左岸)の沢が本流筋。
手前のポイントで1匹バラす。
本流筋にも岩魚が居ることを確認。
地図上では400m上流に堰堤と取水口があることになっている。
発電所がなくなった今はどうなっているのだろう。
堰堤の左側(右岸)から流れるイラツボ沢。
落差のある沢だ。
地図上では300m上流に取水口があることになっているが。
イラツボ沢にも岩魚が居ることを確認。




2019年3月18日 石花川 

佐渡で最も渓流らしい川と言われている石花川は、金北山を水源とし6つの支流を持つ大きな川だ。
昨年は発電所の解体工事中だったため入渓を見送っていたが、工事も終わったようなので入って見ることにした。
道路が整備されている川だけに入渓者も多く、釣果は期待していなかったが、それなりに岩魚の姿を見ることができた。
岩魚は20㎝~24㎝のサイズが主体で、発電所から1㎞ほどの所で納竿とした。
8:20~9:50 8-1

川は大きく、渕も深い。
20㎝程の岩魚がすぐに出て来た。
山女魚も交じる。
釣れるのは20㎝~24㎝のサイスばかり。
難所もなく遡行は楽な川だ。
川が大きいので入渓者が多くても絶えることはないのだろう。
楽に入れる川でこれだけ釣れれば十分かも。
発電所の送水管を解体した跡。
雪割草




2019年3月15日 長江川 

金北山を水源に加茂湖に注ぐ川。
何年か前にNHKのBS日本釣りの旅に登場した川でもある。
過去に2度程入ったことのある川だが、前回入ったのは12年も前のこと。
入渓者が多くあまり釣れない川と認識していたが、今回はまだ誰も入っていなかったのかよく釣れた。
条件が良ければこんなこともたまにはある。
8:30~10:20 15-0

長江川

いきなり丸々と太った28㎝が出た。
カエルでも食べたのだろうか。
これも25㎝あった。
雪解け水が多いがほとんどの渕に岩魚が居た。
これも丸々と太っている。
この時期としては珍しい。
24㎝前後の岩魚が面白いように釣れた。
これだけ水量が多いとポイント選定が難しい。
春先はこんな痩せた岩魚が多いのだが。
大物が潜んでいそうな渕だ。


驚いたのは、この時期は痩せた岩魚が多いのだが、ここの岩魚は丸々と太っていたことだ。
冬眠から目覚めたカエルでも食べているのだろうか。
何匹釣ったか忘れるほどよく釣れたが、すべて20㎝以上だったことにも驚いた。
入渓し易い川なので、一度人が入ってしまえばまた釣れない川に戻ってしまうのだろうが...。

何匹釣ったか忘れるほどよく釣れた。
これはまだサビが残った岩魚。
25㎝ほどあるが痩せている。
今回はまだ誰も入っていなかったのか入れ食い状態だった。
山葵がたくさん出ていた。
佐渡全山で咲き誇る福寿草。
こんなに群生しているとは知らなかった。
早春の花、キクバオウレン。




2019年3月12日 戸地川 

小佐渡の最後に大久保川を予定していたが、水量が少なく期待できそうもないので引き返し戸地川へ向かった。
まずは肩慣らし程度にと本流下流と小股沢に入って見た。
2時間ほど竿を出しただけだったが、チビ山女魚が10匹以上と小佐渡の川とは違い魚影は濃い。
外海府の川は河口から清流で途中まで堰堤がないので、渓流魚が繁殖し易い環境なのだろう。

林道ゲートから大清水湧水付近まで。
9:15~10:15 0-6

戸地川本流
15㎝~17㎝のチビ山女魚がよく釣れた。
雪解けの水で水量が多い。


小俣沢
出合いからめがね橋まで。
10:40~11:20 1-5

小俣沢
19㎝の岩魚
15㎝~17㎝の山女魚がよく釣れた。
20㎝の岩魚
めがね橋




2019年3月9日 竹田川

竹田川2日目、竹田ダムのバックウォーターから猿八まで遡行。
竹田ダムには3つの沢が流れ込んでいるが、左が猿八に続く本流筋になる。
ダムの湖畔を左から10分ほど進むと沢が出合い、堰堤を左岸から巻けば堰堤の上に出ることが出来る。
猿八までは難所もない平凡な川が続き、チビ岩魚が主体だったが岩魚が棲息していることが確認できた。

小倉川、国府川、竹田川と何れも岩魚は棲息しているものの、数は少なく釣り場としての価値は低く期待できない。
細々と生きていると言った感じで、たとえ釣れたとしてもリリースは絶対条件だ。
8:00~10:00 1-3

竹田ダム
左俣、中俣、右俣と3つの沢が流れ込む。
最初のポイントで17㎝のチビ岩魚が出た。
17㎝のチビ岩魚
3mの滝で釣れた19㎝
3mの滝
これは22㎝あった。




2019年3月8日 竹田川

竹田川に入るのは初めてなので、事前に綿密な計画を立てて臨んだ。
1日目は猿八から遡行して経塚山登山道から戻り、2日目は竹田ダムのバックウォーターから猿八まで遡行する計画。
7日は一日中雨だったので8日に順延。
朝起きると夜中に降った雪で一面真っ白だったが、そんなに積もってなかったので決行することにした。
ノーマルタイヤなので猿八付近の積雪が心配だったが、なんとか無事にたどり着くことができた。

夕栗の滝下流まで下り釣り始めると、いきなり20㎝の岩魚が出て驚いた。
バラシはしたものの、一気に気持ちは晴れマークに変わった。
夕栗の滝まで型は小さいながらも数匹の岩魚が出て、竹田川に岩魚が棲息していることを確認した。
8:00~10:50 1-3

竹田川夕栗の滝下流付近

20㎝をバラシしたあとすぐに17㎝のチビ岩魚が来た。
16㎝のチビ岩魚
やっと20㎝サイズが出た。
奥に見えるのが夕栗の滝。 夕栗の滝の滝壺に居た16㎝のチビ岩魚。


夕栗の滝を右岸から高巻くことにしたが、これが結構しんどかった。
下降点を見誤ったため、20mの補助ロープを用意したのに長さが足りず懸垂出来ない。
急斜面を細い木の枝に掴まりながら慎重にトラバースしたが、引き返してでも安全策をとるべきだった。
みんなに迷惑をかけないためにも慎重さが必要だと痛感。
今回はF4、10mの滝までの遡行だったが、更に上流にも滝があるようなので、機会があれば見てみたいと思っている。
夕栗の滝より上はアタリも魚影もなかった。

夕栗の滝(落差25m)
右岸の小尾根に取り付き高巻く。
高巻きの途中から見た夕栗の滝
左側が2段の段滝になっているのが分かる。
慎重にトラバースして滝上に降りた。
20分ほど遡行するとF2、5mとF3、5mの2つの滝が現れる。
F2、5mは左岸を小さく巻く。
F3、5mの滝は左岸を直登。
10分ほどで今度はF4、10mの滝が行く手を阻む。
直登は無理なので右岸を高巻く。
高巻きの途中から見たF4の滝。
小さな滝が連続して連なっている。
小尾根を経塚山方向に向かって15分程進む。
やっとのことで登山道に出ることができた。
経塚山登山道から大佐渡の山々を望む。


コースタイム
夕栗の滝9:00-高巻き~滝上9:30-F2の滝9:50-F4の滝10:00-高巻き~登山道10:25-登山口10:50



2019年3月6日 国府川 

小倉川ショックから抜けきらぬまま、翌日は同じ小佐渡の国府川へと向かった。
この川を訪れるのは実に40年振りのこと。
よく整備された黒滝林道に嫌な予感がしたが、右俣との合流点で目にしたのは、護岸工事の跡と新しくできた堰堤。
ここも期待はできないと思ったが、取り敢えず黒滝まで行って見ることにした。
最初のポイントでチビ岩魚をバラシして安堵するなんて、何と情けないことか。
その後31㎝と20㎝の岩魚が出たが後が続かず、黒滝まで行って引き返した。

新しくできた堰堤。
左が黒滝へと続く本流で右は支流の右俣。
40年前は山女魚の生息域だったが、山女魚は1匹も釣れなかった。
33㎝の尺岩魚
20㎝の岩魚
魚自体が少なく後が続かない。
黒滝下の渕
好ポイントに見えるがアタリはない。
黒滝
40年前は直登してF2まで行った。


右俣も15㎝と17㎝のチビ岩魚が連続して釣れたが、後が続かない。
諦めて納竿しようとした最後のポイントで33㎝がでたが、如何せん魚自体が少ない。
ここの岩魚も細々と生きていると言った感じで、釣り場としての価値は低い。
8:00~11:00 3-2

右俣
かつてここで33㎝の尺山女魚を上げたこともある。
15㎝のチビ岩魚
17㎝のチビ岩魚
33㎝の尺岩魚
こんな小さな川に岩魚は細々と生きている。
山の斜面に群生する福寿草。




2019年3月5日 小倉川 

佐渡に着いた翌日、まずは小倉川から調査を開始した。
携帯用の充電機を借りてはいたが、やはりバッテリー上がりが気になる。
魚影がいちばん濃かった宮ノ河内川は道路工事中のため、西ヶ平の中川に入ってみることにした。
この川を訪れるのは25年振りで、宮ノ河内川同様山女魚も岩魚もよく釣れた川だ。
小倉ダム(朱鷺湖)ができてからどうなっているのか、ずっと気になっていた川でもある。
出合いから大開の滝まで竿を出してみたが、アタリもなく魚影すらなかった。

小倉ダムへの流入口はこんな姿に...。 出合いはコンクリートの用水路に変わった。
アタリもなく魚影すらなし。
大開の滝
西ヶ平の千枚田から小倉ダムを望む。


次に向かったのは払川。
この川はあまり数は出なかったが、山女魚も岩魚も棲息していた支流の一つ。
左俣をF1の滝までと右俣を第2堰堤まで竿出したが、15㎝ほどのチビ岩魚が1匹釣れただけだった。
今回、宮ノ河内川は未調査ながらも、中川も払川も護岸工事でズタズタに...。
かつて山女魚の宝庫だった小倉川も、今は見る影もなく釣り場としての価値はなくなってしまった。
8:00~11:30 0-1

左俣、出又橋上流付近。
ここで15㎝のチビ岩魚が出た。
15㎝のチビ岩魚
細々と生きているといった感じだ。
飯出山を源とする払川。
左俣F1、5m
かつてはここで良型の山女魚が出た。
右俣、出又橋上流付近。
右俣は第2堰堤まで竿を出すもアタリなし。