釣行記録 2022




2022年6月18日 和木川 右俣~左俣

最後は残ったエサで和木川を少しだけ。
右俣はチビ岩魚の猛攻で、エサがもったいないので毛鉤に替えたが、なかなか上手く合わせられない。
川虫が全く捕れないところを見ると、全体に成長が遅いのかもしれないが、たまに親玉が残っているから侮れない。
今回も40㎝オーバーの大岩魚を2匹掛けたが、流木の下に潜られ痛恨のハリス切れ。
佐渡の岩魚なら2号や3号のハリスを使っても警戒されることはないだろうが、それはそれで釣趣に欠けるというもの。


和木川右俣源流

右俣 チビ岩魚の猛攻が続きエサがもったない。 チビを避けて良型だけを狙う。
まあまあのサイズ こういうところに大物が潜んでいるので侮れない。 やっと毛鉤で掛けた。


左俣もすこしだけ入ってみたが、こちらは岩魚自体数は少ないが型は良かった。
30㎝の尺岩魚は簡単に抜きあがれたが、やはり40㎝級とは引きが違った。

左俣
水量はほぼ同じ
岩魚自体数は少ないが型はいい。 これも良型
この先、林道まで堰堤が2つある。 31㎝の尺岩魚
40㎝級とは引きが違う。
第1堰堤で止めたが、堰堤の上にも岩魚は居る。




2022年6月16日 入川支流 白滝川

子供が帰った後、どこの川に入ろうか決めかねていたが、入川の白滝川に入って見ることにした。
何度も入っている入川だが、白滝川だけはまだ調査していなかった。
川の規模が小さく、すぐ上流に滝があって釣りの対象にはならないと思っていたからだ。
年齢的にも一人で新規の川に入るのはリスクが高いが、かといって既存の川ばかりでは面白みがない。
白滝川あたりが無難な選択だった。
釣りはともかく滝をメインに考え、滝を横切る入川水力発電所の導水路跡も見てみたかった。
まずは小又川出合いから入渓。
小又川は出合いから堰堤が連続する川だが、第1堰堤までの僅かな間にも数匹の岩魚を確認した。

小又川出合い 小又川は出合いからすぐに堰堤となる。 まずはチビ岩魚がお出迎え。
小又川第1堰堤
この上にも堰堤が連続するので釣りにならない。
まあまあの型 本流に戻る。
型は小さいが魚影は濃い。 河口からここまで堰堤がないので、これが最初の堰堤になる。 堰堤下でルアーを投げてみた。
ルアーはスピアヘッドリュウキのテネシーシャッド


本流に戻り、2段の堰堤を越えるとすぐに左岸から白滝川が出合う。
沢を間違えたんじゃないかと思うほどの細流だったが、こんな沢にも岩魚が生息しているから侮れない。
200m程進んだ所で、目の前に白滝川が姿を現した。
滝の中ほどを導水路跡が横切っているが、全体としては15m以上の落差がありそうだ。

とても岩魚が居そうに見えない 結構険しい 細流でもチビ岩魚が確りと生息
3m滝
登るのは容易でも降るのは難しい
種沢になっているのだろうか。 白滝
春先の水量が多い頃なら迫力あるだろう。



白滝

白滝川にあるので、白滝と呼んで間違いないのだろう。
上部の見えてない部分が2段の滝になっているようなので、落差は20m程あるのかもしれない。
雪解け水の多い頃なら迫力があるはずだ。

滝の中程を導水路跡が横切っている。 よく見えないが上部は更に2段の滝になっているようだ。


右岸のガレ場を直登して導水路跡に出たが、滝方面の道は崩れ落ちていて危険なので、反対側の導水路跡を上流の
孫次郎川方面へ進んでみることにした。
東北電力に確認したところ、入川の水力発電所が閉鎖されたのは2011年3月とのことだったので、すでに11年も経って
いることになる。
所々崩落していたので、岩盤に打ち込まれたワイヤーロープに掴まりながら慎重に通過した。
500m程進んだ所で、石花発電所の導水路跡にあったのと同じトンネルが現れた。
さすがにこのトンネルを入って行く勇気はない。
これ以上進むのは諦め、少し引き返してガレ沢を本流まで下降することにした。

滝までの導水路跡は崩落 反対側の導水路跡も藪でよく見えない。
割れたコンクリートの穴に片足を取られ危なかった。
所々崩落
ワイヤーロープも埋まっている。
岩盤に打ち込まれたワイヤーロープだけが頼り 足を踏み外したら大変だ。 小さな沢を通過
厄介なトンネル
ここで引き返し、ガレ沢を本流まで下った。
下降したガレ沢 再び本流を遡行


入川の本流は障害物が少ないので、取水口跡までルアーで攻めてみることにした。
この日は条件がよかったのか次々にヒットしてきたが、トリプルフックががっちりと掛かると外すのが大変だった。

入川本流 スピナーはブレットンの黒 本流はルアー向きのポイントが多い。
型は小さいが魚影は濃い 孫次郎川 次々にルアーにヒットする。
取水口跡の滝 スピナーはブレットンの赤 滝壷では5匹も追って来た。



入川本流の滝

取水口跡にあるものが、自然の滝なのか人工物なのか上からでは分からなかったが、下から見ると自然にできた滝で
あることが分かった。
落差は10m近くあるだろうか。

滝の上にあるのが入川水力発電所の取水口跡 落差は10m程


コースタイム
出発地点8:30-小又川出合い8:40-白滝川出合い9:20-白滝9:40-導水路跡9:45~10:15-本流10:25
-本流の滝11:15-出発地点12:00



2022年6月13日 馬首川源流~上の平湿原

上の平湿原は、内海府の北松ヶ崎と外海府の小田を結ぶ大倉越えの標高600mにある天然湖沼で、湖沼の約60%が
浮島状の湿原になっているという。
今回は馬首川を源流まで詰めて上の平湿原まで行き、大倉越えの登山道を下り、途中の田んぼのある分岐地点から
馬首川戻る計画を立てた。
地図を何度眺めてもハードな計画に思えたが、この時点ではまだ、大倉越えの分岐から馬首川に下る、田んぼの中を
通る道があることを信じて疑わなかった。
馬首川は昨年櫂曲坂から入渓しているが堰堤だらけで苦労したので、林道奥の小沢から鋼製スリッド型堰堤の手前に
下り、そこから遡行することにした。
櫂曲坂でキャンプ釣行をしているグループに出会ったが、佐渡の渓流で釣り人に会うのは久しぶりのことだ。

出発地点
左の林道を進み、右の林道から戻る計画
櫂曲坂を上り、田んぼの奥の沢から下降 沢にも堰堤
鋼製スリッド型堰堤 鋼製スリッド型堰堤から1番目の堰堤 まずはチビ岩魚がお出迎え
水量的には申し分ない。 2番目の堰堤 28㎝の良型


前回は鋼製スリッド型堰堤から3番目の堰堤で引き返したが、今回はここからが本番となる。
二俣にある4番目の大堰堤を右岸から高巻き、左俣側に下降した。
二級河川の起点となる川は左俣だが、水量は左俣も右俣も同程度だ。

3番目の堰堤 今回はここからが本番 活性は高い
二俣にある4番目の大堰堤
これが最後の堰堤であることを願う。
27㎝の良型
平均的サイズは22㎝前後 堰堤を右岸から大きく巻く。 左俣側に下降


今回右俣のルートを選択したのには理由がある。
左俣は上の平湿原の真下まで延びているものの、右俣より等高線が詰まっていて険しそうだった。
また、右俣は万が一行き詰った時でも、左岸を直登すれば、大倉越えの登山道へ抜けることができると思ったからだ。
右俣を遡行してすぐ、目の前に10m程の滝が立ちふさがる。
両岸が切り立っていて、結構厄介な滝だ。
ここは右岸を大きく高巻き、最後は20mのロープを取り出し懸垂で下降した。
先を急ぐため少しだけしか竿は出さなかったが、滝の上にも確りと岩魚が生息していることを確認。

右俣 10m滝が行く手を阻む。
右岸を大きく高巻く。
急斜面を懸垂で下降 藪沢になってきた。 3m滝
滝の上にも岩魚が生息していることを確認 少しだけ竿を出す。 段々険しくなってきた。


二俣から先は小さな滝が連続し段々険しくなってきた。
子供が左岸に道らしきものを発見。
下山時に分かったことだが、どうやら大倉越えの登山道につながる道のようだった。
先を進んでいた子供が何やら叫んでいたので、行ってみるとまた堰堤が...。
二俣で堰堤から解放されたと思っていたのに、なかなか一筋縄ではいかない川だ。
その先にも堰堤が連続して3つあるのが見えたので、右岸を大きく高巻いて山沿いを進むことにした。
一瞬穴に片足を取られ危ないとこだったが、よく見ると穴ではなくコンクリートでできた水路だった。
こんなところになぜと思いたくなる人工物だったが、その先には道らしき跡があり、堰堤は連続して8つもあった。
堰堤を通り越し再び川に下りると、水は細くなり登山道まではもうすぐの感じになってきた。
なかなか登山道が横切る場所を見つけられなかったが、GPSで位置を確認しながら、やっとのことで登山道に出ること
ができた。

また滝が...。 倒木に掴まりながら滝を巻く。 小さな滝が連続
竿を出す余裕はない。 再び堰堤
もう笑うしかないね。
その上にも堰堤が3つ
コンクリート製ではなく鋼製の堰堤だ。
右岸の道らしき跡を進み堰堤を通り越す。 8つ目はコンクリート製の堰堤 再び川に下りた。
GPSで位置を確認しながら進む。 登山道はもうすぐのはずだ。 やっと大倉越えの登山道に出た。


大倉越えの登山道に出てから進むこと20分で関越えとの分岐に到着。
更に5分進むと、目の前に上の平湿原が姿を現した。
湿原に浮かぶ浮島は、大佐渡スカイラインにあるおとわ池より大きい。
佐渡にこんなすばらしい所があるなんて今まで知らなかったが、苦労してきた甲斐があると言うものだ。

地図を確認 大倉越えの登山道 関との分岐
この関越えというのも気になる道だ。
目の前に上の平湿原が姿を現した。 おとわ池より大きい浮島だ。 苦労して来た甲斐があった。




帰りは計画通り大倉越えの登山道を、田んぼのある分岐まで下ることにした。
1時間程下り分岐点まで差し掛かったが、馬首川に下る道が見当たらない。
何度も行き来して探したが、地図上に実線で記載された道が無いなんてことがあっていいのだろうか。
そもそも地図上にある田んぼが無い。
もう何年も前に耕作放棄され、雑木林に変わってしまったのだろうか。
北松ヶ崎まで下りて馬首を経由して出発点に戻るには、5㎞の歩行を覚悟しなければならない。
とにかく道跡を探すしかないと、GPSで位置を確認しながら藪だらけの雑木林へ入って行った。
暫く進むと田んぼの畦らしい所や廃屋が現れ、やっとのことで道跡を見つけることができた。
かつての田んぼは一面藪だらけの荒地に変わり果て、林道も藪に覆われてしまっていた。
2022.6.13

馬首川右俣源流 梯子を上り登山道に出る。 大倉越えの登山道を下る。
田んぼの畦らしき跡を見つけ進む。 道路跡を発見した。 どこが道路か分からない。
小佐渡と両津湾が見えてきた。 地図上は田んぼになっている所
一面ワラビ畑に変貌していた。
やっとのことで出発点に戻ってきた。


コースタイム
馬首川出発点6:00-鋼製スリッド型堰堤6:35-二俣堰堤7:50-右俣8:05-10m滝8:15-8連続堰堤通過9:15~9:45
-大倉越え登山道10:00-関分岐10:20-上の平湿原10:25~10:35-右俣11:00-地図上分岐12:00-出発点12:40
6時間40分



2022年6月11日 大野川

国府川水系の二級河川に大野川があるが、外海府にも大野川がある。
こちらは二級河川に入っていないが、大ザレ川や泊川と同じくらいの長さがあり、渓流釣り場として名が知れた川だ。
水源は樅ノ木平山(381m)で、外海府の景勝地大野亀の南側の海岸に流れ出る、佐渡最北端の渓流になる。
国仲から大野亀へ行くには、外海府回り(相川回り)でも内海府回り(両津回り)でも、ほぼ同じくらいの距離で、1時間は
たっぷり掛かる。
千葉で言えば、内房線と外房線の中間にある鴨川のような存在だ。
県道佐渡一周線から願の集落へ下りる道路の反対側に、田んぼから大野川上流に繋がる林道があるが、今回は河口
から入渓し、この林道で戻ることにした。
河口から釣りをするのは、この大野川が初めてになる。
自宅を5時前に出発し大野亀には6時に到着。
トビシマカンゾウの花を撮りにちょっとだけ立ち寄ったが、さすがにこの時間はまだ観光客は誰もいなかった。
河口付近の空地に車を止めて入渓し竿を出すと、直ぐにチビ岩魚、チビ山女魚と連続ヒット。
河口から岩魚が釣れるのは佐渡の渓流ならではだ。

河口から入渓 海抜10mにも満たない所で岩魚が釣れる。 最初に釣れたのはチビ岩魚
次はチビ山女魚 チビ山女魚がたくさんアタックしてくるが、なかなか針掛かりしない。 大野川は堰堤がないので山女魚の宝庫だ。
たまに岩魚も混じるが型は小さい。 山女魚は岩魚より俊敏なので合わせが難しい。 20㎝を超える良型山女魚も出た。


河口から暫くは落差のない平坦な川が続き、釣れるのはやはり山女魚が主体となる。
ヨシノボリも混じるが、それは致し方ないこと。
岩魚もポツポツとは釣れるが、比率は山女魚2に対して岩魚1と言ったところだろうか。

まだ海抜100mにも達していない。 山女魚の型も段々良くなってきた。 18㎝前後が主体
パーマークが美しい。 岩魚と山女魚のポイントの違いが分かるようになってきたようだ。 子供釣り上げた28㎝の岩魚
山女魚 また山女魚 そして岩魚のパターン


海抜100mを超えたあたりから渓相もよくなりだしたが、川の透明度が低いのは気になるところ。
水源の標高が低いのもあるが、上流の土質が影響しているのかもしれない。
標高150mの地点に小さな堰があり、ここから林道沿いの水路を通して下の田んぼに水を供給していることが分かった。
帰りはこの林道を大野亀まで下り、県道佐渡一周線を下って元の駐車地点まで戻った。
帰る頃には大野亀の駐車場は観光客でいっぱいで、大勢の人の前を渓流タビ姿で通過するのは少し抵抗があった。

渓流らしくなってきた。 良型の岩魚 小河内川と同じように透明度が低いのが気になる。
岩魚、岩魚と続いたが。 山女魚はエサではなく目印に飛びついてくる。 まだまだ山女魚領域だ。
林道終点にある堰、ここで納竿
ここから水路で下の田んぼに水を引いている。
林道から田んぼを抜けてを大野亀まで下る。 大野亀から県道佐渡一周線で河口地点まで戻った。


コースタイム
大野川河口6:25-林道終点10:35-田んぼ10:50-大野亀11:00-大野川河口11:15



2022年6月8日 新保川支流 袖ヶ沢~九輪坊沢

何度も訪れている新保川だが、袖ヶ沢と九輪坊沢には一度も入ったことがなかった。
下流にある小さな沢ということもあるが、水源付近には自衛隊の駐屯地があり、あまり興味が湧かなかった。
前日から激しく降っていた雨も未明には上がったので出掛けてみたが、本流は増水で釣りにならない。
袖ヶ沢は出合いが小さな滝になっていて、滝下で1匹バラしたものの、その先は藪沢でまったく釣りにならない。
早々に退散して九輪坊沢に向かった。
九輪坊沢は袖ヶ沢程でもないが、こちらもかなりの藪沢で釣り辛い。
1匹バラしただけでその後アタリはまったくなく、袖ヶ沢も九輪坊沢も釣りの対象にはならない感じだった。

袖ヶ沢出合い 前日の雨で水量はある。 藪沢で釣りにならない。
九輪坊沢出合い
増水でこの程度なら、渇水期は釣りにならないはずだ。 こちらも藪沢で釣りにならない。


少しだけ本流で竿を出してみたが、本流の岩魚は健在だった。

雨で水かさが増した本流 まずまずの型の岩魚だ。 ずぶ濡れ覚悟で徒渉する。
増水で竿を出せるようなポイントが少ない。 30分程で納竿とした。 九輪坊入口とあるが、何が九輪坊なのか分からない。




2022年5月22日 大立漁港テトラ穴釣り

最終日、アオイソメを500円分買って、真野漁港でキスを狙ったが全く反応はなかった。
キスの時期はまだのようだった。
余ったエサを捨てるのももったいないので、隣の大立漁港でムラソイと戯れることにした。
1時間ちょっとでムラソイ12匹にダイナンギンポ1匹と遊びはここまでで終了。
条件が良ければメバルやクロソイ、キジハタも釣れるので、結構気に入っている釣りだ。


大立漁港と立岩 2022.5.22

テトラの穴にブラクリ仕掛けを落とし魚を誘う。 すぐにムラソイが喰いついてくる。 1時間ちょっとで12匹と遊びはここまで。


午後からはミミズ3匹だけ持って近所の何代川へ行き、30分だけ竿を出してみた。
今回はカワムツよりもタモロコだった。

何代川で30分だけ竿を出した。 カワムツ1匹にタモロコ4匹 モクズガニも釣れたが、ハサミが怖い。



2022年5月20日 戸地川支流 小俣沢

最後は戸地川の小俣沢にした。
小俣沢の上流に入るのは2016年8月以来なので、もう6年も入っていないことになる。
めがね橋から数百メートル進んだ所に滝があったが、今回はこの滝の位置をGPSで確認するのが目的だった。
昨年秋に発電所の放水管跡からの下降を試みたが難しく、その手前の斜面から下降するにしても、滝の位置を正確に
把握しておきたかったからだ。
また、当時は魚止めの滝より先で魚影を確認できなかったものの、3m程の滝ならば岩魚が遡上できるのではないかと
いう期待もあった。
先ずは出合いから入渓したが、あまりにも水量が少ないのに驚いてしまった。
雪解けの水も終わり、ずっと雨が降っていないからだろうか。
魚止めの滝までに出てきたのはチビ岩魚が数匹だけだった。

水が少ない。 やっと出てきたチビ岩魚 この水量では期待できない。
チビしか出てこない。 めがね橋 魚止めの滝


魚止めの滝を越えた最初の淵で、アタリらしき反応があり初めて魚影を確認。
魚止めの滝を遡上してきたものか、元から上流に居たものかは分からないが、岩魚がいることは間違いない。
さらに上流の淵で良型をバラしたものの、次の淵ではしっかりと針掛かりさせ、25㎝の良型を上げることができた。
沢はすぐにゴルジュとなり、目の前に目的の滝が現れた。

魚止めの滝の上流で魚影を確認!
この淵で良型をバラす。
上流にも岩魚が居ることを確認できた。
次の淵で25㎝の良型を上げる。
もうすぐ滝が現れるはずだ。 27㎝の良型が出た。 滝が見えてきた。



小俣沢の滝

前回は10mの滝と記憶し記録していたが、よく見ると落差は5m~6mといったところだった。
真横の岩壁を流れ落ちる滝をよく見てみると、優に15m以上はありそうで、大雨にでもなれば見事な滝に変貌するに
違いない。
滝の右岸にある残置ロープを引っ張ってみたが、意外にしっかりしていて上る分には問題なさそうな気がしたが、下降
する時には自前のザイルを使うべきだろう。
滝の位置をGPSで確認した結果、尾根沿いの標高344mの三角点から高低差140mを下りきれれば、滝の上流に出ら
れることが分かった。
これで小俣川取水口跡までの道筋が、おぼろげながら分かってきた。

左の滝と比較すると正面の滝の大きさがよく分かる。 落差は5m~6mといったところか。
手前に割としっかりした残置ロープがある。
黒光りした岩壁 大雨になれば見事な滝に変貌するに違いない。


小俣沢出合い5:25-めがね橋6:05-魚止めの滝6:10-小俣沢の滝6:55-小俣沢出合い7:25
2時間




2022年5月18日 黒姫川

加茂村誌に「黒姫の地名は戴山から発する黒姫川に由来する」とあるが、歌見戴山や平松戴山は地形図に載っている
のに、黒姫の戴山は載っていない。
黒姫越えの峠を挟んで東西にある、631mの山か三角点のある602.3mの山あたりが戴山になるのだろうか。
黒姫川はこの戴山を水源に持ち、黒姫集落を経て両津湾に流れ出る川で、長さは1,920mとある。
黒姫越えは外海府の岩谷口から内海府の黒姫へ抜ける峠道で、今は市道黒姫3号線として整備され車も通れる。
大倉越えや石名越えなど、外海府から内海府へ抜ける峠道の多くは、外海府側の集落名がついているが、内海府側
の名前がつくのは稀だという。
黒姫集落から川沿いの林道を進み、1.5㎞程行った所の空地に車を止め遡行を開始した。
川はこの先で二俣に分かれるが、二級河川の起点になっているのは右俣の方になる。
第一投目から岩魚が飛び出してきたが、林道から見える所で釣るのはどうも落ち着かない。
適当なところで切り上げ右俣から入って見ることにした。

渓相は悪くない。 第一投目からチビ岩魚が飛び出してきた。 林道横で岩魚が釣れるのは佐渡ならではか。
林道から見える所で釣るのは落ち着かない。 型はどれも小さい。 この先で二俣に分かれる。


右俣は巨岩の多い沢で、鬱蒼としていてどことなく不気味な感じがする。
水の透明度が低いのは、上流に田んぼがあるせいだろうか。
岩魚はエサに興味を示して飛び出してくるものの針掛かりせず、ヒットしたのは4回に1回あるかないか。
入渓し易い沢なので魚がスレているのか、雨が降っていないので警戒心が強いのか、なかなか難しくイライラが募る。
300m進んだ所で堰堤が現れた。

右俣は巨岩が多い沢だ。 エサに興味は示すがなかなか針掛かりしない。 巨岩が連続
透明度が低いのは上流に田んぼがあるせいか。 なかなか針掛かりしないのでイライラが募る。 300m進んだ所で現れた堰堤


堰堤の上で左岸から小沢が出合う。
この小さな沢にも岩魚は生息していたが、きっと種沢の役割を果たしているのだろう。

堰堤の上で左岸から出合う小沢 こんな所で尺岩魚が飛び出してくるから油断できない。 32㎝の尺岩魚
25㎝の良型 巨岩の下を沢が流れる。 とても入って行く気になれない。


堰堤から100m程進んだ所で2段の滝が現れたが、越えられそうになかったので、右岸のガレ沢を直登して林道に出た。

エサには興味を示すのだが。 堰堤より上で針掛かりしたのこの1匹だけ。 一雨降れば期待できるのかもしれない。
滝が行く手を阻み、ここで納竿。 手前のガレ沢を直登する。 標高差50mを10分の直登で林道に出た。



右俣の滝

落差は3m程だが両岸が切立っていて巻けそうにない。
上部にもう一つの滝が見えるが、これも落差は3m程。





黒姫川 左俣

二俣から先に2、3ヶ所の堰堤があるものの、林道を横切ってからは堰堤は無い。
右俣とは違い水の透明度が高いのは、上流に田んぼがないからだろう。
500m程進んだ所で左から滝が落ちるのが見え支流の滝かと思ったが、これが左俣の魚止めの滝だった。
滝壷で尺上が2匹飛び出し、1匹は針掛かりしなかったが、もう1匹はしっかりと針掛かりした。
滝のシャワーを浴びながら取り込もうとしたが、流木の下に潜られ万事休す。
源流で大物を取り込むのは難しい。
魚止めの滝までの流程は僅かだが、チビ、小型、良型と、種沢の役割を果たしている貴重な沢だった。

右俣とは透明度が違う。 チビ岩魚たくさん居るとホッとする。
世代交代が順調な証だ。
源流らしい雰囲気がいい。
25㎝の良型 水量は多くないが貴重な種沢になっている。 チビ、小型だけでなく良型も混じる。
魚止めの滝下流付近 30㎝の尺岩魚 滝壷で尺上が掛かりシャワーを浴びながら取り込もうとしたが、流木の下に潜られ失敗。



左俣魚止めの滝

支流から流れ出た滝かと思って近寄ったが、その先に川はなく、直角に曲がった本流の滝だった。
落差は5m程だが、今まで佐渡でこういった形態の滝に出くわしたことがない。


出発地点6:10-二俣6:55-右俣堰堤7:45-右俣の滝8:25-林道8:35-左俣8:45-魚止めの滝10:20-出発地点11:10
5時間



2022年5月16日 藤津川支流 滝の内川

佐渡地域振興局から入手した地図によると、藤津川ダムの右岸から流れ込む川の名前は滝の内川となっている。
いかにも滝がありそうな名前の川なので気になってはいたが、ダムから川に辿り着く方法がわからなかった。
ダムサイトの右岸から直接入るルートは見当たらず、地図上では左岸から対岸に掛けて実線の道があるものの、今で
も通れるのかどうか分からなかった。
林道から実線に沿ってダムの湖畔に下りていったが、予想通り道は荒れていて無きに等しいものだった。
藪漕ぎしながら進むが、途中で止めようかと思うほど荒れている。

林道の分岐からダムに下りていく。 藤津川ダム 右俣の堰堤
橋を渡ったところから藪漕ぎが始まる。 湖畔沿いを藪漕ぎして進む。 やっと対岸まで来た。


やっとのことでバックウォーターまで来たが下降点が見つからず、斜面を上ってから堰堤の上にトラバースして下りた。
川に下りてみたものの川には水がほとんどなく、これじゃあ調査の対象にはならない。
期待していただけにがっかりだ。
2番目の堰堤まで来たところで諦め引き返した。

滝の内川のバックウォーターが見えてきたが下降点が見つからない。 1番目の堰堤の上に下りた。 下りてはみたものの水がほとんどない。
期待はずれもいいとこ。 竿を出すのも止めた。 2番目の堰堤で引き返した。


林道分岐7:00-滝の内川7:30-林道分岐8:15
1時間15分



藤津川 白滝~黒滝

滝の内川の調査が中途半端に終わってしまったので、久しぶりに藤津川を遡行して白滝、黒滝を見て帰ることにした。
藤津川に入るのは2年振りだったが、前回同様岩魚は生息しているものの絶対数は少なく、安定した川になるにはまだ
時間が掛かりそうだった。

越えるのが厄介な堰堤 水量はまずまず チビ岩魚がお出迎え
最初の滝 F1の滝壺で出た25㎝の良型 落差のある好ポイントが続くがアタリはない。
ポツポツと釣れるも前回同様数は少ない。 3mの滝 この日最大は28㎝


堰堤を越えて最初に現れるのがF1で、落差は5mあるかないかだが形のいい滝だ。
すぐ上にF2が控えるが直登は危険なので、手前のガレ沢から大きく巻いて越える。

F1 落差は5mあるかないか。
左斜面を直登したことがあるが、危険なので下のガレ沢から大きく巻くのが安全。
すぐ上にF2が見える。


F2へは高巻の途中から一旦滝下まで下りることになる。
5m程の滝でこちらも形のいい滝だ。

F2 こちらの落差は5mはあるだろう。
F2へは高巻の途中から一旦滝下まで下りる。


F2を越えると白滝下流付近までは滝らしい滝はなく、標高400mを超えて等高線が詰まった辺りから再び滝が連続する。

F3 3m F4 3m


小さな滝が連続し、いよいよ核心部へと入って行く。
F5、8m程の滝は左岸を直登し、一旦F6、3mに下りた後再び左岸を直登して白滝に下りる。

F5 7m~8mくらいか
左岸を直登
F6 3m
上部に白滝が見える。
F7 白滝 落差は15m 上部にも滝があり段瀑になっている。


白滝を越えるには右岸の急斜面を15m程直登しなければならないが、掴まる木の枝が少なく滑落のリスクがある。
今までに二度、木の枝に掴まりながら直登しているが、今回は万全を期してセルフビレイしながら慎重に登った。

この急斜面を直登するのが大変だ。 滑落しないよう自己確保しながら登る。 直登の途中から見下ろす白滝
段爆になっているのがよく分かる。


小尾根から一旦植林地に入り再び川に下りると、目の前に黒滝が現れる。
黒滝も上部が段爆になっていて下からは見えないが、横から見ると落差は20m以上はありそうだ。

F8 黒滝 落差は20m 上部が段瀑になっていて20m以上落差があるようにも見える。


2年前は左岸のガレ沢を直登し林道に出たが、今回もガレ沢を直登することにした。
帰りは両尾山登山道~林道両尾線を経由して、出発地点まで戻った。

左岸のガレ沢を直登 傾斜がキツいので休み休み登った。 林道地獄谷線
両尾山登山道を下る。 林道両尾線 林道国仲北線


出発地点8:15-堰堤8:30-白滝11:45-黒滝12:20-林道地獄谷線12:45-林道両尾線13:30-林道国仲北線14:00-
出発地点14:15
6時間(滝の内川と合わせて7時間15分)



2022年5月15日 歌見川

母の葬儀を終え屋敷の整備も一通り済ませたので、新規河川の調査活動を開始した。
今回は内海府の歌見川と黒姫川に、藤津川の滝の内川を調査し、余裕があれば外海府の川もと計画していた。
歌見川は山毛欅ヶ平山(947.1m)に水源を持ち、歌見集落を経て両津湾に流れ出る川で、長さは1,920mとある。
上流には山毛欅ヶ平山(ぶながひらやま)への登山口があるが、道は荒れていて不明瞭だという。
ここもかつて外海府の関川から内海府への歌見越えルートがあったようだが、登山道はその名残りだろうか。
本流上流も支流の観音沢も、地形図を見る限り等高線が詰まっていて、かなり険しそうに見える。
歌見七滝なるものも存在するようなので、苦戦は覚悟の上だった。
歌見集落から川沿いの林道を進み、第1堰堤の手前に車を止めた。
ここから先の林道は荒れていてとても車が入れそうになかったが、歩き始めてすぐに崖崩れが林道を塞ぎ、その先も
藪だらけの荒れようだった。
第2堰堤の先の斜面を藪漕ぎして下り、まずは右岸から流れ込む支流の観音沢を調査することにした。

第1堰堤
手前の空地に車を止める。
第1堰堤より先の林道(歌見線)は荒れていて車は通行できない。 藪だらけの林道
林道から藪漕ぎで川に下りる。



観音沢

観音沢は第2堰堤の先で右岸から流れ込む歌見川の支流で、国土地理院の地図にもその表記がある。
期待していた割に水量が乏しい沢だったが、すぐに27㎝の良型が飛び出し、良型、小型、チビ岩魚と様々なタイプ岩魚
が生息していたので、種沢の役割を果たしているのだろう。
何よりも堰堤のない沢と言うのがうれしかった。


小さな滝が連続する観音沢

観音沢出合い 27㎝の良型
地図に表記がある沢だが水量は乏しい。 小型も 堰堤のない沢は源流の雰囲気を堪能できる。
チビも そして良型も 出合いから600m程進んだ、標高300m地点で納竿。



歌見川本流

観音沢の調査を終え、今度は本流を調査することにしたが、遡行を開始してすぐ目の前に堰堤が現れた。
地図には載っていない堰堤だが、馬首川や和木川のことを考えれば、歌見川も例外ではない。
第一投目から岩魚が顔を出してくれ数自体は多いものの、小型主体なのは入渓者が多いからか。

観音沢出合いから遡行開始 奥に地図にない堰堤が出現 第一投目から小型岩魚が顔を出してくれた。
地図にない1番目の堰堤 渓相は悪くない。 小型主体だが数は多い。


予想通り、堰堤を越えたと思ったらまた堰堤、堰堤の連続で、さすがに嫌気がさしてくる。
堰堤と堰堤の間に岩魚はいるが、一度下に落ちた岩魚は元には戻れない。

2番目の堰堤 たまに良型もでるが、最大でも24㎝止まり。 3番目の堰堤
小型岩魚が元気よくエサを追ってくる。 4番目の堰堤 堰堤と堰堤の間の渓相は悪くない。
淵も連続する。 23㎝ 5番目の堰堤


5つ目の堰堤を越えたところで川は二俣になり、水量の多い左の沢に入って行くと、すぐに大滝が現れた。
これが歌見七滝だろうか。
帰りは右の沢から林道に出て第1堰堤下の駐車地まで戻った。

左俣
この先に大滝がある。
右俣
左岸を上るとすぐに林道に出られる。
林道を下り駐車地点まで戻った。



歌見七滝

川が二俣に分かれた左側の沢(左俣)を100m程進んだところに大滝があった。
落差は30m近くありそうで、よく見ると七段ありそうな気もする。

これが歌見七滝だろうか。落差は30m近くありそうだ。 七段になっているようにも見える。


第1堰堤8:55-観音沢9:15~10:40-観音沢出合い11:10-歌見七滝13:15-林道13:25-第1堰堤13:50
5時間55分



張骨沢七つ滝

下から駄目なら上からと、張骨沢七つ滝の全貌を確認したくて再度挑戦した。
下から調査したのが2020年の11月で、この時は1番目の滝が越えられず、高巻きの途中から2番目の滝を遠目に見た
ところで敗退。
片辺越えルートから張骨沢源流に下るルートを探したのが昨年の10月で、今回が3度目の挑戦になる。
朝は雨が降っていたものの、9時前には止んだので予定通り決行。
先ずは初盛ダムに車を止め、金北山の沢口登山口からスタート。
途中から片辺越えルートに入り、標高800mの地点から張骨沢の源流へと下った。
いかにも岩魚が居そうな雰囲気の沢だが、アタリも魚影もなく、やはり滝より上には魚は居ないようだ。

金北山沢口登山口 片辺分岐 標高800mの地点から張骨沢へ下りた。
標高770m付近 アタリも魚影もない。 張骨沢を下る。


竿を仕舞い、沢を下ってしばらくすると3m~4mくらいの滝が現れ、その下にも4m~5m程の滝が続いた。
これが七つ滝の一部なのかどうか分からないが、更に下って行くと標高710mの地点で、こんどは15mはありそうな大滝
に出くわした。
覗き込むのも怖いほどの大滝だったが、右も左も下降できそうなところは見当たらない。
小尾根を挟んで左岸側に支流の大滝が見えたが、断崖絶壁で下降できるような場所はなく、写真を撮るのも怖かった。
以前調査した下から1番目の滝と、この滝の間にいくつの滝があるのか、全貌解明までの道のりは険しい。
2022.5.12

上から1番目の滝 落差は3m~4m程 2m程の滝が連続する。
上から2番目の滝 落差は4m~5m程 二俣右側(左岸)の滝 落差15m程、この上にも滝がありそうだった。
断崖絶壁からの撮影で怖かった。


大滝の落ち口 落差15mはありそうだ。
標高710m付近、この下で沢は二俣に分かれる。


登山口9:45-兵庫10:05-片辺分岐10:35-片辺ルート800m地点11:40-張骨沢12:00-大滝12:30-登山口15:30
5時間45分(花の撮影含む)



2022年3月22日 竹田川 夕栗の滝

最終日は竹田川の上流、旧畑野町猿八にある夕栗の滝を見に行き、ついでに少しだけ竿を出してみることにした。
夕栗の滝は過去に2回、竹田川の調査は2019年の3月に一度実施している。
畑野村志には「夕暮の滝」とあるが、藤津川で出会った三宮のH老人は、夕栗は地名なのだと教えてくれた。
前回は川沿いを通って夕栗の滝まで行ったが、途中からちゃんとした滝への道があることを、今回初めて知った。
川に下る道との分岐に、ピンクのマーキングテープがあったので分かったが、滝を訪れる人が多いのだろう。

夕栗の滝
竹田川上流にあり、落差は25m
前回右岸を高巻き経塚山登山道から下ったが、この上にも3つの滝がある。


竹田川も国府川同様、国府川漁協が解散してしまった影響もあり、絶滅が危惧される川の一つだ。
国府川漁協が解散して4年程経つので、今いる岩魚は元々居た岩魚か漁協が放流した岩魚、あるいは交配種の子孫
ということになる。
漁協関係者に確認したところ、稚魚は魚野川あたりから持ってきたもの聞いているとのことだったので、国府川水系の
岩魚は他の河川の岩魚とは遺伝子が異なっている可能性がある。
滝から釣り下り30分程竿を出してみたところ、バラシも含め数匹確認できたが、それでも細々生息している感じで安心
はできない。

滝から下り、30分程竿を出してみた。 滝下のポイントで出た岩魚 登山靴で来たので滑りやすく慎重に歩く。
バラシも含め数匹確認できた。 釣り下るのは難しい。 朱点鮮やな岩魚だ。



国土地理院の地図に、林道から滝へと下る道の途中から、滝の上部へ繋がる破線があるのがずっと気になっていた。
GPSを頼りに少し進んで見たが、道はあるようで無いような。
杉林の手前にお墓らしきものがあったが、経塚山登山口の奥にある一軒の民家(廃屋)のものだろうか。

GPSを頼りに破線に沿って進んだ。 道があるようで無いような。 途中に墓らしきものがあった。




2022年3月21日 国府川 黒滝

当初、外海府の浄蓮坊川と大野川を計画していたが、往復3時間も掛かる所へ3度も出掛けるのはさすがにしんどい。
寒くて鼻水を垂らしながら遡行するのも段々辛くなってきていた。
佐渡に渡ってからはずっと冬型の天気が続き、大佐渡の山は厚い雲に覆われ、小佐渡の山も再び白くなった。
子供はまだ小佐渡の川に一度も入ったことがなかったので、近場の国府川を黒滝まで行って見ることにした。
国府川は2019年の3月に一度調査に入っているが、細々と生息していた岩魚がどうなっているかも確かめたかった。
黒滝林道を二俣まで歩き、まずは左俣(本流)から遡行を開始。
時折霙混じりの雪が降るなか竿を出すも、手がかじかんでズボンに引っ掛かった釣り針が外せないほど寒い。
国府川漁協があった頃は山女魚しかいなかったが、漁協が解散した今は山女魚の姿はなく、岩魚しか確認できない。
その岩魚も個体数自体が少なく、黒滝まで10匹程の岩魚を確認できたが、まだ危機から脱したとは言い切れない。
安定した数になることを願うばかりだ。

かつては山女魚の川だったが、今はその姿は見られない。 岩魚の生息を確認し一安心 29㎝の泣き尺
数、型ともに3年前より良くなってきている。 小型だけでなく良型も混じる。 ひどく瘦せているが33㎝あった。
子孫を残すためにがんばっているんだろう。


二俣から900m程行くと黒滝が現れる。
普段なら滝下まで濡れずに行けるが、増水して水量が多かったので、下の小さな滝2つを濡れずに越えるが厄介だった。
シャワーを浴びながら突破したが、水は冷たく寒くてたまらない。

黒滝の下には小さな滝が2つある。
普段なら濡れずに簡単に通過できるのだが...。
シャワーを浴びながら突破したが、寒くてたまらない。


滝は2段の段瀑で落差は15mとあるが、下からはそんなにあるようには見えない。(滝ペディアには11mとある)
昭和55年3月にこの滝を直登しているが、上段がどんなだったかまったく記憶にない。
滝まで上って来たはいいが、下りるには掴まるものがないので、スワミベルトとロープを取り出し懸垂で下降することに。
子供にはぶっつけ本番の指導となったが、ロープなしで滑ってドボンしたら、この寒さのなか大変なことになる。
寒さで震えながら懸垂下降の準備をしたが、手がかじかんで濡れた冷たいロープをエイト環に装着するのも大変だった。

黒滝
倒木は3年前から引っ掛かったままだ。増水してなければ上段の滝まで確認できたのだが、下から見る限り落差15mには見えない。
2段の段瀑
昭和55年3月にこの滝を直登しているが、上段がどんなだったかまったく記憶にない。


黒滝から二俣まで戻り、少しだけ右俣に入って見ることにした。
佐渡地域振興局から頂いた地図によると、右俣は樋後川という川になっている。
寒さで限界だったので10分程竿を出しただけで止めたが、まったくアタリはなく、3年前何匹か確認できていたただけに
ちょっと心配だ。

二俣より右が樋後川 少しだけ竿を出すもアタリなし。 10分程で切り上げた。


林道駐車地点7:35-二俣7:50-黒滝9:10-二俣10:00-右俣(樋後川)10:10-林道駐車地点10:30



長江川

車のヒーターを最大にして長江川へ向かったが、冷え切った体はなかなか元には戻らない。
長江川は例年でも雪が残る川なので、今年は雪に埋もれて釣りにならないことは分かっていたが、おひたし用の山葵
を少し持ち帰るのが目的だった。
積雪のため栩平橋手前で車を止めたが、まだ体が温まらなかったので、車の中で30分程休憩。
堰堤上流へと続く道は雪に埋もれて、ズボズボと歩くのが大変だ。
目的の山葵を少しだけ採取した後、30分だけ竿を出して見たが、出てきたのは真っ黒な錆び錆びの岩魚だった。
新保川あたりもまだ雪に埋もれているはずだ。


雪から顔を出した山葵を少しだけ持ち帰った。

ちょっとだけ竿を出して見ることにした。 まだ真っ黒な錆びた岩魚 水量も多い
これも錆びていて真っ黒だ。 30分だけ竿を出したところで止めにした。
まだ雪がたくさん残る長江川
とても上流までは進めない。


栩平橋駐車地点11:20-長江川最終堰堤上流11:40-山葵採取12:20-栩平橋駐車地点12:40



2022年3月19日 古川

内海府の北端を流れる古川もその隣の釜川も、黒姫川以北の川は二級河川のリストには載っていない。
県の河川管理課に理由を聞いても、「河川法で管理する川ではなかっただけで特別な理由はない」と素っ気ない。
古川は虫崎と北小浦の集落の間にある小さな川だが、NHKの日本釣りの旅にも登場した釣り人には名の知れた川だ。
地元の人は「ふるかわ」ではなく、「こごう」とか「こうごう」と呼んでいる。
佐渡産岩魚の研究をされた新潟大学の本間義治博士も、この古川や釜川の岩魚をサンプルとして採集している。
前日は一日中雨だったので、増水の影響が少ないと思われる古川から調査することにした。
今回一日おきに2河川を調査することにしたが、それには理由があった。
佐渡の全渓流を調査する目標も、今までのようにチンタラやっていたのでは、生きている間に終わりそうもないからだ。
虫崎トンネルを抜けた所に車を止め、かつて田んぼがあった頃の畦道を進もうとしたが、イバラや蔓に遮られ酷かった
ので、すぐ川に下りて遡行することにした。
第一投目から銀ピカの山女魚が釣れたが、河口から僅か200m程の所なので、サクラマスが遡上しているに違いない。
その後も銀ピカの山女魚が何匹かアタックしてきたが、うまく針掛かりせずバラしてばかり。
昔の記事に、「海岸線に堰が出来たためサクラマスが遡上できなくなった」とあったので河口付近を見渡したが、それら
しきものは見当たらなかった。
後で取り壊してしまったのかもしれない。
河口から900m程上って所で魚止めの滝が現れ、ここで納竿とした。
古川は小さな川ですぐに魚止めの滝となってしまうが、海からサクラマスやアメマスが遡上できる川に違いない。

虫崎トンネル かつては田んぼがあり、畦道が奥まで続いていたようだが、今は藪に覆われ進むのも困難。 河口から僅か200mの所から入渓した。
スモルトした銀ピカの山女魚、降海型の証だ。 前日の雨で増水していて釣り辛い。 魚止めの滝が見えてきた。
河口から僅か900mの所 支流の滝 27㎝の良型岩魚
降海型かもしれない。


虫崎トンネル8:15-古川の滝9:25-虫崎トンネル9:40



古川(こごう)の滝

両岸が切り立ったゴルジュの先に2段の段瀑が現れる。
水量が多くてとても近づけないので、下段と上段でどれくらいの落差があるのか下からでは分からなかった。



河口から900m程の所にある。 支流の滝
水量が多いので立派な滝に見える。




真更川大川

佐渡には大川と呼ばれる川が、岩谷口と両津と真更川の3ヶ所にある。
岩谷口大川(大河内川・小河内川)と両津大川は二級河川だが、真更川大川は二級河川のリストにはない。
古川を調査した後、海府幹線4号線(冬季閉鎖)で北小浦から真更川に抜けようとしたが、すぐに積雪で通行不能。
北小浦まで引き返し、鷲崎から大野亀経由で真更川に向かった。
真更川方面からの道も積雪で山居池手前までしか進めないが、当初の計画通り堰堤の上流から遡行を開始した。
滑床の多い平坦な川で、佐渡の渓流にしては珍しく遡行し易い。
佐渡の全渓流探釣記にも、「安心して遡行できる渓で、初心者や女子供にも岩魚釣りが楽しめる」とあるくらいだ。
前日の増水でちょうどいい水量の小さな川だったが、第一投目から次々と小型岩魚が顔を出した。
10㎝~12㎝チビ岩魚がたくさんいたのには驚いたが、下流に堰堤があることを考えれば、こういう川は種沢として大事
にしなければならない。
きっと岩魚の産卵に適した川なのだろう。

滑床の多い平坦な川で危険箇所はない。 第一投目から小型岩魚が顔を出した。 前日の雨で増水してもこの程度の水量しかない。
小型岩魚が主体の川だった。 こんなに釣りやすい川は初めてだ。 たまに良型も混じる。
今シーズン第一号の尺岩魚(31㎝)
タモ網を使って取り込んでいた。
産卵に適した川なのだろうか。 10㎝~12㎝チビ岩魚がたくさんいたのには驚いた。


山居池の先の道路下の堰堤まで遡行し、帰りは林道(海府幹線4号線)を下って戻った。
佐渡に渡る前の計画では、小河内川から泊川へと続く山居道も調べてみたいと思っていたが、こんなに雪が残っていて
は土台無理な話だった。

支流の滝
この時期だけ見られる滝だろう。
林道下の堰堤まで遡行し納竿 堰堤下にも岩魚は居た。
堰堤の上にある滝、落差は3m程
山居池へ続く道は雪に埋もれていた。 まだ雪の残る林道を下って戻る。


駐車地点10:55-上流の堰堤12:25-林道12:30-駐車地点13:00



2022年3月17日 石名川

石名川は檀特山(905.5m)や道人山(931.9m)を水源に持ち、石名集落から外海府に流れ出る。
長さは2,000mとあるが、これは二級河川の起点からのもので、実際はかなり長い。
小野見川、石名川、大倉川、矢柄川、関川と、入川以北の川の調査が後回しになったのには理由がある。
国仲から遠いのもあるが、渓流釣りブームの頃何度も釣り雑誌に紹介され、対象としての興味が湧かなかった。
2000年頃には「石名川の名前を聞いただけで身震いがするというほど岩魚の居ない川になった」とさえ言われていた。
国土地理院の地図に表記があるだけでも8つの堰堤があり、上流の岩魚が途絶えてしまえば絶滅に繋がる最も危険な
川にも見えた。
16日に佐渡に渡り、まずは外海府の石名川から調査することにした。
今年は例年になく雪が多いとのことだったので、車(4駆+スタッドレス)で帰ったが、金北山を見る限り相当な雪が降った
ようで、大佐渡の山々はまだ真っ白だった。
林道石名-和木線の官場笠橋手前に車を止め、まだ雪が残った川沿いの用水管理用の道路を進んだ。
雪道に真新しい車のタイヤ痕があったが、釣り人ではなく用水管理に来た人のもののようだった。
堰堤下から竿を出してみたがアタリはなく、最終堰堤から二俣手前まで竿を出すも、釣果はおろかアタリすらない。
渓相も透明度も申し分なしなのに、アタリすらないとは不思議でならない。
二俣より先は未調査ながら、堰堤より先の岩魚が絶滅状態の可能性も否定できない。
上流にいる岩魚は一度堰堤下に落ちてしまえば二度と這い上がることはできないし、雄が落ちて居なくなると、最終的
には雌も下流に落ちてしまうと言われている。

林道石名-和木線 官場笠橋から用水管理道を進む。 まずは堰堤下で竿を出してみるがアタリなし。
堰堤が連続 また新たな堰堤が現れた。 最終堰堤上流
渓相も透明度も抜群だが、アタリすらない。 二俣手前で納竿 まだ相当雪が残っていた。


官場笠橋7:15-最終堰堤8:25-二俣手前8:40-官場笠橋9:30



矢柄川

石名川を後にし、次に向かったのは隣の大倉川。
大倉川も長さは2,500mとあるが、小野見川や石名川同様実際はかなり長い。
かつては外海府と内海府を結ぶトネ越え(峠越え)のルートが数多く存在していたが、大倉越えもその一つで、トネ道は
大倉川沿いに峠を越えて、内海府の浦川や北松ヶ崎、馬首に通じていた。
中でも小田(こだ)郵便局と浦川郵便局を結ぶトネ道は、郵便ミチとも呼ばれ、重要な交通路になっていたようだ。
県道から大倉川沿いの林道に入りしばらく進んだが、道路工事中でまさかの通行止め。
大倉川を諦め、更に隣にある矢柄川に変更した。
矢柄川からもトネ道があり、関川からの道と合流して、内海府の歌見や浦川、北松ヶ崎、馬首に通じていた。
矢柄川の長さは2,000mとあるが、こちらも実際は奥が深くかなり長い。
地図で見る限り林道が3.5㎞先まで繋がっていたので、行けるところまで行こうと進んでみたが、1㎞程入った所で早くも
ギブアップ。
林道はぬかるみが酷く、藪に覆われ荒れていたので、万が一の事を考え歩くことにした。
しばらくは平坦な川が続き、とても岩魚が居付くような川には見えなかったが、試しに竿を出して見るとすぐにチビ岩魚が
出てきて驚いた。
その後もチビ岩魚が果敢にアタックしてきたが、小さすぎて針掛かりせずバラしてばかり。
やっとのことで25㎝の良型が出たが、平坦過ぎて面白みがないので一旦林道に上がり、大きなポイントだけを拾い釣り
しながら進んだ。

県道から1.㎞程入った所に車を止めた。
この先はぬかるみが酷く、藪に覆われ荒れている。
下流はとても岩魚が居付くような川には見えない。

こんな平坦な川には居ないだろうと思っていたら、すぐに19㎝のチビ岩魚が出てきたビックリ。
河口から3㎞程先まではずっと平坦な川が続く。 チビ岩魚が何度もエサに喰いついて来るが、小さすぎて針掛かりせずバラしてばかり。 やっと25㎝の良型が釣れた。


ここぞというポイントに岩魚は居付いていたが、石名川とのギャップにただただ驚くばかり。
矢柄川は国土地理院の地図を見る限り、堰堤は4㎞先に一つあるだけに見える。
4㎞先の堰堤まで海からの遡上を妨げるものがないから、河口付近からでも岩魚が釣れるのだろう。 
堰堤は魚にとって百害あって一利なしの存在。
今回は積雪が多く林道終点までしか行けなかったが、次回は堰堤上流を調査してみたい。

落差のある川になって来た。 23㎝の綺麗な岩魚 27㎝と段々型が良くなってきた。
林道終点で納竿 29㎝の泣き尺
まだ全体に錆びていて黒い。
20㎝サイズもコンスタントに釣れた。


林道駐車地点9:50-林道終点12:00-林道駐車地点12:30