釣行記録 2021




2021年7月19日 石花川

2日間の岩魚釣りに満足したのか、最後は山女魚が釣りたいとのリクエスト。
向かったのは外海府の石花川。
小股沢出合い付近から入渓し竿を出したが、真新しい入渓者の跡があり気になるところ。
30分経ってもアタリがなく雲行きが怪しくなってきたが、子供は誰もが狙うような所は避けて小さなポイントを攻めている。
場荒れした川を攻める釣り方だ。
これが功を奏したのか、やっと山女魚がヒットして私も一安心。
山女魚と岩魚を合わせて20匹程上げたところで納竿としたが、割合はやはり半々といったところ。
私は少しだけルアーで狙ってみたが、警戒心が強いのかアタック自体少なく、ここでもエサ釣りに軍配が上がった。

石花川本流 17㎝と小さいながらもやっと山女魚がヒットした。 20㎝と型のいい山女魚も混じる。
誰もが狙うようなポイントでは釣れない。
パーマークが美しい。


山女魚釣りの魅力は何と言ってもその美しい姿形にある。

20㎝ 22.5㎝と型のいい山女魚
これも22.5㎝あった。
ルアーに来た岩魚




2021年7月18日 入川

翌日は朝から入川へ。
入渓者の多い川だが、レギュラーサイズ中心にそこそこ釣れる川の一つ。
夏の藪沢はクモの巣だらけで、糸が仕掛けに絡まって釣りにならない。
大物は出なかったが数はそこそこ釣れたので、日が高くならない内に切り上げることにした。

入川源流部 レギュラーサイズが中心 種沢なのでチビ岩魚も多い。
毛鉤よりエサに軍配
飽きるまで釣ってくれ。 大物は出ないがたまに良型も混じる。




2021年7月17日 法力和光滝

7月15日に佐渡に渡り、17日にやったて来た子供と両津港で合流し、直ぐに和木川へ向かった。
先月と同じルートで法力和光滝まで遡行する計画。
子供は過去に一度和木川に足を運んでいるが、上流に入るのは今回が初めてだった。
梅雨明けの猛烈の暑さで日中の遡行はキツイと思っていたが、川沿いはそんなでもなく苦にはならなかった。
最後の高巻はちょっとキツイが、体力のある若者にはどうってことはなかっただろう。



竿を出しながら和木川を遡行。 F1、3mの滝
右岸の小沢を直登する。 かなりの傾斜があり息切れする。

50m程直登し、更に植林地を進むと滝に通ずる道に出る。


源流域はチビ岩魚主体だが、ちょっとした淵には大物も潜んでいるので侮れない。
40㎝近くある岩魚は掛かっても取り込むのは難しく、バレる確率の方が高いが、今回は上手く取り込むことができた。

型は小さいが魚影は濃い。 これはまずまずのサイズだった。 チビ岩魚も多い。
大物の潜む淵
出ました39㎝の大岩魚
うまく取り込めて一安心




2021年6月21日 入川 右沢

佐渡の川の調査も3年目に入ったが、藪に覆われる頃になると、新規の川に入って行くのが億劫になってくる。
年齢とともに段々意気地なしになってきたようだ。
川の名前を調べる地図では孫次郎川になっているが、佐渡トレッキング協議会のトレッキングマップでは無表記の沢。
石花川のイラツボ沢もトレッキングマップの方を採用しているので、ここでもマップの方を採用し右沢と呼ぶことにする。
出合いから直ぐに堰堤が現れるが、この堰堤を超えてもすぐに次の堰堤が現れる。
堰堤の溜りでは良型の岩魚が顔を出したが、エサを独り占めできる分早く成長するのだろう。

出合いから直ぐに堰堤が現れる。 堰堤の溜りにいた27㎝の岩魚 堰堤を越すとすぐ目の前にまた堰堤が。
堰堤の連続に嫌気がさしてくる。 4番目の堰堤
これも堰堤の溜りにいた27㎝


連続する4つ堰堤を越えるとやっと堰堤から解放され、源流らしい渓相に変わってくる。
山の奥からはエゾハルゼミの鳴き声が聞こえてきて心地よい。
チビ岩魚がたくさんいたが、これが入川の種沢になっているのだろう。
堰堤のある川では下流から遡上できないので、種沢の岩魚が絶えてしまえば下流の岩魚も途絶えることになる。
岩魚の多い佐渡の川とは言え、大切にしなければならない沢の一つだ。
標高540m付近で右から小沢が出合うが、この沢を詰めればアオネバ十字路に、左の沢を詰めれば標高700mの地点
のドンデン線に出られそうだった。
機会があればまた挑戦してみたい。

4つ堰堤を超えると源流らしい渓相になった。
落差のある険しい谷に変わる。
源流の雰囲気を満喫
エゾハルゼミの鳴き声も心地よい。
チビ岩魚だけでなく良型もボチボチ。
いい感じになってきた。
25㎝の岩魚も。

標高520m、左から小沢が出合う。
標高530m付近まで魚影を確認できた。 標高560m、水もだいぶ乏しくなる。




入川 左俣

入川は上流の堰堤を越えた所で二俣に分かれる。
右俣は2019年に調査済みなので、今回は左俣の方に進んだ。
右俣同様直ぐに次の堰堤が現れ嫌気がさしてくるが、調査だと思って割り切るしかない。
ドンデン線の真下なので入渓者の多い沢なのだろう。
小型の岩魚を2匹バラしただけで反応は鈍く、右俣同様あまり期待できない沢だった。
このままだとこの沢の岩魚は途絶えてしまうかもしれない。

この堰堤の上で川は二俣に分かれる。 また堰堤だ。
チビ岩魚を2匹バラしただけだった。
左俣の渓相
ドンデン線の真下
ドンデン線に出た。




孫次郎川

クモの巣だらけでストレスが溜まる沢だけに、その分種沢の役割を果たしているとも言える。
水量が少なく夏の渇水を心配していたが、岩魚は逞しく育っていて安心した。

水量が少ないのが気になる。 それでも岩魚は健在。 クモの巣だらけでポイントに仕掛けが届かない。
過密で大きくなれないのか、大きくても25㎝止まり これも25㎝
標高400m付近




2021年6月18日 石花川本流のルアー釣り

新しい川を調査しようと、内海府方面の歌見川、黒姫川、古川、釜川と見て回ったが、どこも藪に覆われていて水量も
少なく、とても入る気がしなかった。
たまにはルアーでもと思って出掛けたのが外海府の石花川。
夏でも水量が豊富で藪も少なく遡行しやすい川だが、その分入渓者も多く場荒れ感は否めない。
直ぐにチビヤマメがヒットし、その後も次々とルアーを追って来たが、なかなか上手く合わせることができない。
それでも3回に1回ぐらいは合わせられたが、釣れた魚の半分がヤマメだった。

夏でも水量豊富な石花川本流 シンキングミノーにチビヤマメがヒット 岩魚も出たが型が小さい。
18㎝~20㎝のヤマメがほとんど スピナーはブレットンの赤 シンキングミノーヤマメにヤマメがヒット
やっと型のいい岩魚が掛かった。 半分はヤマメだった。
大学生の頃から使っているダイワのリール
ロッドはオリムピックのテレスコミニ


大学生の頃から使っているリールなので何度もラインが絡まり、あまりのストレスに10匹釣ったところでルアーは終了。
その後エサ釣りに替えてみたものの反応は鈍く、興味は示すものの直ぐに反転してしまい、食いついては来ない。
エサ釣りでも半分はヤマメだった。

18㎝のヤマメ
これぐらいのサイズが多い。
いい引きだった22㎝のヤマメ 姿形の美しいヤマメ
エサに食いついてくるのは小型岩魚ばかり 入渓者の多い川なのでしょうがない。 幅広20㎝のヤマメ




石花川上流の釣り

源流の雰囲気が味わえるのは堰堤より上で、岩魚のみの領域となる。
食いが浅いのか、開始から5連続バラシには参ったが、向こう合わせにしたら今度は針を呑まれる始末。
一度歯車が狂うとなかなか上手くはいかない。
期待した大物は姿を現さず、27㎝止まりに終わった。

上流は源流の雰囲気が味わえる。 アベレージサイズ 大物が潜んでいそうなポイントなのだが。
25㎝と少しは型が良くなってきた。 落差のあるポイントが続く。

大物は出ず、最大は27㎝に終わった。




糸切りリリース

釣り針を呑まれた場合、以前は針ハズシを使っていたが、今はハリスを切ってリリースしている。
増養殖研究所の実験結果によると、糸を切ってリリースした場合、岩魚の生存率は93.5%(72/77個体)で、更に68.8%
(53/77個体)が再び釣られたと言う。
岩魚の体内に残留した釣り針は22日で錆び始め、53日で排出されたと言うから驚きだ。
もちろん呑まれないように釣るのが釣り師の腕なんだが。



2021年6月16日 法力和光滝

法力和光滝への遡行に再挑戦した。
和木川の上流、標高650mにある法力和光滝を見てみたいと、下流から遡行したのがちょうど1年前。
その時はあと僅かの標高580m付近で15mの滝に行く手を阻まれ、滝まで到達することは出来なかった。
それならばと、秋に林道から滝へと続く道を探したが、これも見つけることが出来なかった。
問題はF1、3mの先にあるF2、15mをどう突破するかだが、昨年見た感じでは右も左も巻けそうになかった。
F1、3mを過ぎたあたりで、左から小さなガレ沢が流れ込んでいるのが目についた。
このガレ沢を直登して大きく高巻くことにしたが、ズルズルと滑ってなかなか進めない。
小さな木の枝に掴まりながら上ったが、あまりの急登に息が切れて喉がカラカラになる。
普段は水を全く飲まない体質で、釣りの時でもほとんど必要としないが、この時ばかりは何度も立ち止まり口にした。
50m程上った所で左に杉の植林地が見えたので堪らずエスケープ。
たった50mでもガレ沢の直登は体に堪える。
GPSを確認しながら右に進路を取ると、やがて滝の音が聞こえてきて、直ぐに法力和光滝が姿を現したが、崖で前に
進めない。
少し引き返して左から回り込むと、やっと滝へと続く道に出ることが出来た。

途中までは竿を出しながら遡行したが、相変わらずチビ岩魚が盛んにアタックしてきた。
チビ岩魚の相手ばかりしていられないので、大きなポイントだけに絞ったが、昨年取り込みに失敗した所で42㎝を取り
込むことができた。
こんな小さな沢でここまで大きく育ったと思うと、感動せずにはいられなかった。



何年生きてきたのだろう。
50㎝になるまで生き延びていて欲しいものだ。
38㎝の丸々と太った岩魚
堰堤の岩魚と違って大きくなるのにも限界があるだろう。

30㎝の尺岩魚 これもジャスト30㎝
毛鉤にも盛んにアタックしてきた。




2021年6月9日 木更津港ハゼ釣り

木更津港へハゼ釣りに出掛けた。
ハゼはまだ早いと思ったが、先月子供が市川港でまあまあのを釣ってきていたので、取り敢えず行って見ることに。
宮川丸でアオイソメを調達し、先ずは中の島大橋の下でちょい投げ開始。
潮回りが悪かったせいもあるが、1時間経ってもアタリはなく、いつもの水門のある場所へ移動。
ここでもアタリはなく、粘ったあげく子供が上げたのは小さなマハゼ1匹だった。
下津漁港まで足を伸ばして見たものの、ここでもアタリはなく、再び中の島大橋下、水門と移動しがだめだった。
この日は10時頃が干潮で、中の島公園では潮干狩りを楽しんでいるような状況だった。
潮回りが悪かったのか、時期的にまだ早かったのか。

木更津港中の島大橋下
水門のある所 下津漁港




2021年5月20日 馬首川

馬首川は上ノ平湿原を水源に持ち、馬首集落を経て両津湾に流れ出る川で、長さは3,500mと佐渡では29番目に長い。
両津湾に流れ出る川は、梅津川、白瀬川、和木川と調査してきたが、その先がなかなか進まなかった。
初めての川は林道の状態が分からないので、集落から川沿いに1.3㎞ほど進んだ、道路が二手に分かれた所に車を
止めて歩いた。
適当な所で川に入ってみたが、堰堤だらけで釣りにならない。
林道が川から離れる櫂曲坂(かいまがりざか)まで歩き、手前にある堰堤の上から再び入渓したが、すぐに次の堰堤が
目の前に姿を現した。

集落から1.3㎞ほど進んだ所に車を止めた。
右の道は大倉越に繋がっている。
櫂曲坂手前の堰堤の上から入渓したが、次の堰堤がすぐ目の前に現れた。 すぐにアタリがあったがガッカリするほどのチビ岩魚だった。
不本意ながら堰堤でも竿を出したが。 釣れたのは15㎝にも満たないチビ岩魚
チビ岩魚しかいないのか?


一投目からすぐにアタリがあり立て続けに釣れたが、15㎝にも満たないチビ岩魚に意気消沈。
堰堤を越えると落差のある渓相に変わったが、それも束の間でまたすぐに堰堤が現れた。
国土地理院の地図に載っている堰堤は、櫂曲坂手前の堰堤と、700m上流の堰堤2か所だけだったが、これでは先が
思いやられる。
小さな堰堤が連続する溜まりで、27㎝、38㎝と連続して大物が掛かったが、堰堤での岩魚に気分が乗らない。
38㎝の岩魚を上げるのには相当苦労したが、上げた際に岩魚が暴れ、釣り針で指を深く切り裂いてしまった。
子供の頃からショック体質なのか、自分の血を見ると気持ち悪くなり、貧血状態になることが多かった。
バンドエンドで強く縛り血が止まるのを待ったが、気持ち悪くて立っていられず暫く横になって治まるのを待った。
いざという時のために、バンドエイドと包帯だけは必ず持参している。

堰堤を越えると落差のある渓相に変わった。 なかなかいい感じになってきた。 少しサイズアップ
また堰堤だ。 堰堤を越えると今度は小さな堰堤が連続 溜りで釣れた27㎝の良型
小さな堰堤が連続する。 小さな堰堤の溜りで釣れた38㎝の岩魚
丸々と太った岩魚


指の出血が止まり、貧血状態も治まったので再び遡行を開始したが、堰堤、堰堤、また堰堤に嫌気がさしてくる。
堰堤の溜りで釣れる岩魚も小物ばかりで冴えない。
馬首川はルアーで堰堤の岩魚を狙うような川なので、チビ岩魚だけが残るのかもしれない。
ここまでの僅か600mの区間で、大小9つの堰堤があったことになる。

小さな堰堤が3つ連続
また堰堤

堰堤の溜りで釣れる岩魚も小物ばかり。
堰堤と堰堤の間だけが渓流の雰囲気 小さい 大きな堰堤を越えるのは疲れる。
やっとまあまあのサイズが釣れた。 9つ目の堰堤 小さい


700m程進んだ所で、今度は緑色の鉄製の不思議な堰堤が現れた。
国土地理院の地図に記載のある堰堤だ。
後で調べたところ、「鋼製スリット型堰堤」という種類のもので、流木や土石流を防ぐのに効果があるそうだ。
その後も堰堤が続き、13番目の堰堤まで来た所でギブアップ。
この先の二俣までは行きたかったが、ここで引き返すことにした。

鋼製スリット型堰堤 流木や土石流を防ぐためのもの その後も堰堤が続く
堰堤、堰堤、また堰堤 13番目の堰堤、遂にここでギブアップ

コケイラン
佐渡の山では普通に見られる野生ラン。


鋼製スリット型堰堤の下流100mの所で右岸から沢が出合うが、この沢が上流で林道に繋がっていることが分かった。
上り始めてすぐに魚影があったのですかさず竿を出してみると、20㎝の岩魚が飛び出してきた。
ある程度水量があるので、岩魚が居ついているようだ。
この沢もすぐに堰堤が現れ、300m程進んだ所にある2番目の堰堤を左に上ると、櫂曲坂から繋がる林道に出た。
今回の調査で川の概要が掴めてきたので、次は二俣より先から上ノ平湿原まで詰め、大倉越の道を下って戻るルート
に挑戦したいと思っている。

左沢 岩魚が居つくだけの水量がある。 型は小さいが岩魚は生息していた。
この沢にも堰堤だ。 残念ながら堰堤より先はアタリが無かった。 居そうな感じのポイントだが。
2番目の堰堤の左斜面を上る。 櫂曲坂に続く林道に出た。

櫂曲坂の上にも田圃があった。




2021年5月18日 長江川左沢~金北山登山道

今年の3月、まだ残雪が多く断念した計画を再度実行に移した。
計画は長江川を遡行し、標高430m付近にある右岸の沢を金北山登山道の水飲み場がある祓川まで詰めて、登山道
から戻るというもの。
国土地理院の地図を見る限り沢は等高線が詰まった所はなく、高低差170mを上り切れば登山道に到達できそうだ。
栩平(とちびら)橋に車を止め、いつものように川沿いの林道を進んだ。
GWを過ぎる頃になると佐渡の川は藪に覆われ、釣り人は入渓しづらくなるが、岩魚達は安堵の季節を迎える。

林道を覆うをイタドリ 前日に雨が降ったため増水気味 まだサビの残る岩魚
かつてはここに左岸から右岸に渡る橋があった。 30㎝の尺岩魚
長江川


入渓者の多い川なので場荒れ感があるが、たまに尺岩魚も顔を出すので油断ならない。
ゆっくり釣りを楽しんでばかりもいられないので、拾い釣りしながら先を急いだ。

あっという間に藪に覆われてしまった長江川源流域 場荒れ感があるが、20㎝前後の岩魚はよく釣れる。 チビ岩魚の存在は世代交代が繰り返されている証だ。
小型ばかりだが、入渓者の多い川なので止むを得ない。
途中で竿を仕舞い遡行に専念した。


スタートしてから2時間50分、やっとのことで左沢の出合いに到着。
予想した通り緩やかな沢で途中難所もなかったが、登山道直下に来たところで初めて5m程の滝が現れた。
ここは左側の斜面を直登し、僅か40分で水飲み場(祓川)手前の登山道に出ることができた。

左沢出合い 左沢
緩やかな沢で難所もない。
最後に現れた5m滝 左側の斜面を直登
金北山登山道に出た。


後は金北山登山道を横山登山口まで一気に下り、国仲北線を経由して出発点の栩平橋まで戻った。

横山登山道との分岐 横山登山道を下る 横山登山口
分岐から45分で国仲北線に出た。
タニウツギ

栩平橋に到着




2021年5月13日 北狄川(岩山川~下山川)

計画自体は前々から立てていたものの、なかなか優先順位が上がらず延び延びになっていたのが北狄川。
水源の大佐渡山地の屋敷平から外海府に流れ出る川で、岩山川と下山川の2つの支流を持っている。
この川には大正15年に開始した北狄川発電所があったが、石花川発電所と同じく2016年に廃止となってしまった。
北狄(きたえびす)とは珍しい地名だが、隣の達者(たっしゃ)や戸地(とぢ)など外海府地方には珍しい地名が多い。
北狄の集落がある辺りを金泉と呼んでいるが、これは明治の町村制施行のより、北狄村、達者村、小川村、姫津村、
下相川村が合併し、金泉村ができたことによるものだ。
中学生の頃、郡市球技大会で初めて金泉中学校の存在を知ったが、外海府方面にあるとは思っていなかった。
旧金井町に泉という集落があったので、混同していたのかも知れない。

北狄集落からの細い道を一気に上ると、一面開けた田圃が現れる。
外海府では集落は海岸沿いに密集しているが、田圃は河岸段丘の地形を利用して上部に形成されていることが多い。
ちゃんとした林道が川沿いにあったが、初めての川なので、田圃の奥の空地に止めて歩くことにした。

河岸段丘の地形を利用して、上部に形成されている田圃。 川沿いに続く林道
この先で川は二俣になり、左が下山川になる。
案の定倒木で林道は塞がれていた。


林道を1㎞程歩き、適当なところで入渓し遡行を開始した。
すぐにアタリがありレギュラーサイズの岩魚が釣れだしたが、こうも簡単に釣れるとなると逆に有難みが無い。
そもそも林道の横で釣れるというのが絵にならない。

この辺で川に下り遡行を開始した。 横に林道さえなければ源流の雰囲気なのだが。 24㎝、一投目から岩魚が飛び出した。
好ポイントが連続 型は小さいが次々にヒットする。
チビ岩魚も多い。
釣り始めてすぐに発電所の水圧鉄管跡が現れた。 25㎝、降海型を思わせる白っぽい魚体 警戒心が強いのかバラしてばかりいるのが気になる。ヒット率5割は酷すぎる。


林道が川から離れ、地図上の破線がなくなる辺りから川は険しくなってきた。
川の名前を調べる地図によると、この辺りからが岩山川に名前が変わるようだ。
3m程の滝が連続し魚止めの滝らしき所で納竿。
そのまま川を下って戻るか、それとも破線のある林道終点を探すか判断に迷うところだ。

上流に行くに従い険しくなってきた。

この日最大、29㎝の泣き尺
段々釣れる数が少なくなってきた。 最後に釣れた岩魚。
3m滝
魚影もアタリなくなってきた。 小滝が連続
魚止めの滝か、右左とも巻けない難所だ。
ここで納竿


魚止の滝から戻りながら右岸の斜面を見上げると、赤いホースから水が流れ出ているのを発見。
直登できそうだったのでホースに掴まりながら上ると、予想もしなかった導水路跡に出ることができた。
赤いホースは湧き水を汲み出しているようだが、何のためなのかは分からない。
導水路跡を5分程進むと岩山川の取水口跡が現れた。
川の名前を調べる地図では、北狄川は1,715mで岩山川は800mとなっているが、岩山川は屋敷平まで続いているので、
だいぶ奥が深い川のように見える。
発電所に水を供給していたわけだから、春の雪解けの水量は相当なものだろう。
岩山川を少し遡行し竿を出してみたがアタリはなく、魚影も確認することはできなかった。
たぶん上流には堰堤もないだろうから、岩魚が生息していれば面白い川かもしれない。

右岸の斜面に赤いホースを発見。 ホースに掴まりながら斜面を上った。 導水路跡に出た。
導水路跡を進む
岩山川の取水口跡
岩山川上流


体力的にまだ余裕があったので、導水路跡を利用して支流の下山川も調査してみることにした。
ヘッドタンク跡を経由して下山川の取水口跡まで30分程で到着。

導水路跡を利用して戻る。 ヘッドタンク跡 水圧鉄管跡
下山川に続く導水路跡

石花川でも見かけた謎のペットボトル。
下山川の取水口跡


下山川は北狄川の二俣の左側(右岸)の川で、長さは1,000mとあるが、この川も実際はもっと奥が深いようだ。
取水口跡から入渓するとすぐに10m以上はある大滝が現れ、行く手を阻まれ遡行は終了。
取水口跡より下流は未調査だが、上流はアタリがなく魚影も確認できなかった。
帰りはヘッドタンク跡から作業道を下り林道まで戻った。

下山川上流 全くアタリがなく魚影も確認できなかった。
すぐに大滝が現れ遡行終了
作業道の途中から
作業道を下りて林道に戻った。 発電所跡から水圧鉄管跡を見上げる。




2021年5月11日 大山川~水沢川~御器清水沢

梅津川水沢発電所の導水路を利用して、3つの川を一気通貫で遡行する計画を実行に移した。
まずは大山川を岨巒堂山の登山度沿いに進み、登山道と川が分かれる所から入渓。
すぐにアタリがあったが、釣れるのはチビ岩魚ばかりで冴えない。
取水口に近づくにつれ段々型は良くなってきたが、それでも24㎝が最高で大物は顔を出してくれない。

佐渡に置いてある車は県外ナンバーなので、貼紙をすることにした。 東北電力水沢発電所
岨巒堂山登山道と分かれる所から入渓
すぐにアタリがあったが、釣れるのはチビばかり。 チビがたくさんいることはいいことなのだが。
段々と型はよくなってきたが。 それでも24㎝止まり。


登山道との分岐から300m程進むと、大山川の取水口が現れる。
水はここから導水路を通って、水沢川の取水口を経てヘッドタンクへと続いている。
取水口より先は落差のある渓相となるが、釣れる岩魚の型は小さく、左岸から沢が出合うところまでにした。

大山川の取水口
渓相は抜群なのだが。

釣れる岩魚は小さい。

どれも小さい。 源流に近づくにつれ落差が激しくなってくる。 左岸から沢が出合うところまでとした。


大山川の取水口から導水路を通り水沢川へ。
水沢川も大山川同様最初はチビ岩魚主体だったが、上流に行くにしたがって型はよくなった。
それでも24㎝止まりで、魚自体の数が少ない。

導水路を通り水沢川へ向かう。
水沢川の取水口

取水口の上流から入渓
相変わらずチビ岩魚が多い。
世代交代が繰り返されている証なのだが。
渓相は申し分ない。


川の名前を調べる地図では、水沢川の途中からが御器清水沢になっているが、二俣から先なのかはっきりしない。
便宜上、二俣から先を御器清水沢の範囲とすることにした。

上流に行くにしたがって型はよくなったが、数は少ない。 24㎝ これも24㎝止まり
右岸から御器清水沢が出合う。 御器清水沢出合いで釣れた25㎝
御器清水沢


帰りは水沢川の取水口から導水路を通り、ヘッドタンクから水圧鉄管沿いの道を下り発電所まで戻った。

水沢川の取水口から続く導水路 この下の水路を水が流れている。 岨巒堂山
ヘッドタンクのある小屋 水圧鉄管
水圧鉄管沿いに作業道がある。




2021年5月4日 桐生川根本沢

桐生川は群馬県の桐生市と栃木県の佐野市、足利市に跨る渡良瀬川水系の一級河川。
水源は桐生市の根本山で長さは57,554㎞とある。
桐生ダムより先で根本沢と十二沢に分かれるが、桐生川の本流筋は根本沢になるようだ。
忍山川での釣りを終えた後まだ時間があったので、桐生川の源流部を少し確認して見ることにした。
根本沢と十二沢は、「桐生岩魚」さんのブログに度々登場するホームグラウンドなので、一度確認したかったようだ。
二俣手前の根本山登山口の駐車場に着くと、既に20台程の車が駐車していて、止める場所がないほどだった。
多くは根本山への登山者だろうが、釣り人も何組かはいるに違いない。
先行者がいれば釣りにならないのが渓流釣りだが、どんな感じの川なのか調査目的で入ってみることにした。
駐車場から300m程進むとふじくま橋があり、ここが根本山登山道根本沢コースの入口となっていた。
ロープに掴まりながら一気に上ると沢沿いの巻き道になるが、左側は谷底で高度感があり緊張する。
適当なところで沢に下り遡行を開始。
先行者がいる場合、誰もが狙うようなポイントは見込みがないので、見過ごしそうな小さなポイントを狙ってみた。
狙い通り小さなポイントで岩魚が出たが、悲しいかな後が続かない。

根本山登山道の案内板
11:10
左の根本沢に入ってみることにした。
ふじくま(不死熊)橋から見た根本沢
不死熊滝?
根本山登山道根本沢(上級者)とある。
左岸をロープに掴まりながら一気に上る。
適当な所で沢に下り遡行を開始 忍山川と違って水量がある。
20㎝の岩魚 やはり大きなポイントはダメだ。 18㎝
釣り残しを期待するのはやはり難しいか。


カヤデ沢出合い付近まで来たところで、登山道から下りてきたご老人に呼び止められた。
朝早く釣り人が入ったことを教えてくれたものだったが、その後の話が長くなかなか切り上げられない。
我々がミミズで釣っているのを見て、エサは川虫が一番だがブドウ虫がいいとか、ミミズは濁った時にいいとか等々。
山女魚は難しいが岩魚は腕じゃないからには苦笑いしてしまったが、適当なところで話を打ち切って先を急いだ。
山女魚が難しいには異論はあるが、岩魚は腕ではなく足で釣る魚には違いない。
一日二河川入ること自体疲れるが、釣れないと余計に疲れが増してくる。
桐生岩魚さんのホームグラウンドはまだ先ようだったが、帰りの時間もあるので、ヒノキデ沢出合いまで来たところで
納竿とした。

カヤデ沢出合い付近に架かる橋
これも18㎝のチビ岩魚
一日二河川はきついか。 釣れないと疲れが増してくる。 ヒノキデ沢にも少し入ってみた。


帰りは登山道を下って戻ったが、うっかり滑ったら沢まで落ちてしまいそうな、幅の狭い巻き道にヒヤヒヤだった。
沢沿いの道は上級者コースだったようで、安全なコースが別にあったことが、後になってから分かった。
桐生ダムまでの川沿いにはたくさんの車が止まっていて、バーベキューや水遊びを楽しむ姿がやたら目についたが、
人気スポットなのだろうか。
帰りの東北道で事故渋滞に遭って1時間程ロスしたものの、18時前には自宅に帰ることが出来た。

桐生岩魚さんのホームグラウンドまでは辿り着けなかった。 12:50
ヒノキデ沢出合い、十四丁石がある。
根本沢コースで戻る。
登山道は戻るには楽だが、高所が苦手な人にはちょっと...。
谷底は見ないようにして進んだ。
30m程の高度差があり、うっかり滑ったら大変だ。
13:15
最後はロープに掴まりふじくま橋に下りた。




2021年5月4日 桐生川支流忍山川


渡良瀬川水系桐生川支流の忍山川(おしやまがわ)へ出掛けた。
桐生も奥多摩同様、自宅から100㎞圏内にあるのでそんなに遠くはない。
2年前に初めて訪れたのもちょうど5月だったが、GW中にもかかわらず意外に釣り人は少なかった。
数は出なかったがそこそこ岩魚の顔を見ることが出来たので、子供のリクエストで今年も出掛けることになった。
自宅を3時過ぎに出て、セブンイレブン桐生梅田一丁目店には5時過ぎに到着、ここで両毛漁協発行の入漁券を購入。
忍山川を林道沿いに進み、2年前と同じく、右岸の沢から本流に下りて釣行を開始した。
開始早々私の竿に20㎝の岩魚がきて、直ぐに子供にも22㎝が出たが、どちらもサビサビの岩魚だった。
その後は全くアタリがなく、残馬峡の先の二俣まで行ったが、お互いにチビ岩魚を1匹バラシしただけに終わった。
真新しい釣り人の足跡がたくさんあったので無理もないことだが、一雨来ないと岩魚の警戒心もなくならないだろう。


忍山川



残馬峡


セブンイレブン桐生梅田一丁目店で両毛漁協発行の入漁券を購入。 5:45 釣行開始 5:55 20㎝の岩魚
まだサビていて魚体が黒い。
水量がかなり少ない。
6:10 22㎝のサビサビ岩魚 落差のある渓相が続く。


林道終点から100m程で残馬峡が現れる。
忍山川の源は残馬山(ざんばさん)だが、敵に追われた武士が馬を捨てて自刃した所だと言い伝えられている。
また、残馬峡の手前の左岸の涸沢を登っていくと、険悪な岩場があり、石祠や石像が祀られているという。

8:35 残馬峡 ここも冬は見事な氷瀑になるようだ。 小さな滝
ゴルジュ

ゴルジュの上に滝が連続
左岸に巻き道がある。
ゴルジュの上に見えた滝
落差は5m程だろうか。


左岸の巻き道を通ってゴルジュの上に出たがアタリはなく、二俣に分れたところで納竿。
帰りは林道を下って戻った。

左岸の高巻き道 朽ちかけた橋
左岸から小沢が出合う。
9:00
釣り始めて3時間、二俣の所で納竿
林道終点

トウゴクミツバツツジだろうか。
ヤマツツジもたくさん咲いていた。
9:40 林道を1㎞程下って出発点に戻った。




2021年3月29日 石花川取水口跡~小股沢

メインテーマ第三弾は、石花川の取水口跡から水路跡をイラツボ沢取水口跡~砥石沢取水口跡~ブイガ沢取水口跡
と通り、水圧鉄管上部の水槽(ヘッドタンク)跡を経由して小股沢の取水口跡から小股沢源流部を調査するというもの。
相当な距離を歩くことになるが、石花川発電所が廃止になったのは2016年とまだ5年しか経っておらず、青い等高線と
呼ばれるだけに、容易に通過できるものと信じて疑わなかった。
※砥石沢とブイガ沢に取水口があったかどうかは不明

石花川本流~堰堤

発電所跡に車を止め、堰堤上流にある取水口を目指して林道を進む。
26日に同じルートを目指して進んでいたが、取水口手前から冷たい霙混じりの雨が降りだし、イラツボ沢の取水口跡
あたりから本降りになったため断念していた。
戸地川に行った後、最後をどこにするか悩んだが、どうしても諦めきれなかったので、今回再挑戦となったもの。
本流は雪解けの水と前日の雨でかなり増水しており、竿を出せるようなポイントは少ない。
2、3ヶ所竿を出した後、増水した川を慎重に徒渉し堰堤上流に向かった。

石花川

増水で竿を出せるようなポイントは少ない。 本来ならこういう所がポイントなんだが。
17㎝のチビ山女魚
降海型のような岩魚 堰堤までは山女魚と岩魚が混生する。
徒渉するのも困難なほど増水している。
チビ岩魚 20㎝を超える型のいい山女魚



堰堤上流~取水口跡

山女魚は堰堤までで、堰堤上流は岩魚領域になる。
渓相は落差のある好ポイントが続き、魚影もそこそこはある。
堰堤から400m程で取水口跡が現れる。
取水口跡の上流は右岸から長尾沢が出合い、更に棚山沢と松尾沢に分かれるが、取水口跡上流でまだ岩魚は確認
できていない。

堰堤上流 堰堤から上は岩魚領域になる。
水量が多く釣りにならない。
魚影はそこそこある。 落差のある好ポイントが続く。 取水口跡



水路跡~小股沢

イラツボ沢の取水口跡の上流を少し探って見たが、水量が多くアタリはなかった。
砥石沢もアタリはなかったが、沢自体が小さく魚がいる感じはしなかった。
前回砥石沢の取水口跡までは行っていたが、小股沢の取水口跡までは、その4、5倍の距離がある。
砥石沢を過ぎてからも順調に進んでいたが、ブイガ沢の手前300m程の所に来たら、いきなりトンネルが現れた。
トンネルは低く奥が深そうで、たとえヘッドランプがあったとしても、とても入る勇気のないものだった。
想定外の展開に動揺してしまったが、横に迂回路らしき道があったので、これを進んでみることにした。
道は荒れていて、ガレ場を慎重にトラバースしたと思ったら、その先が崩落。
強硬突破するにはあまりに危険なので、小さく巻こうと崖を木に掴まりながらよじ上るも巻けずに万事休す。
スワミベルトとザイルを取り出し、慎重にガレ場まで後ずさりして戻った。
諦めて戻ろうかとも思ったが、ガレ場を直登して左から大きく巻けば行けそうな気がした。

左岸にも水路跡らしきものがあるが、どこまで繋がっているのだろう。 右岸の水路跡をイラツボ沢へ向かう。

こんなものが何ヶ所かぶら下がっていたが、いったい何?
イラツボ沢の取水口跡 砥石沢の取水口跡
(砥石沢に取水口があったかどうかは不明)
倒木や落石で塞がれたところもある。
突然トンネルが現れたが、かなり長いようだ。 迂回路のガレ場をトラバースし振り返る。
この崖の中をトンネルが通っているはずだ。
ガレ場を50m直登し、左から大きく巻いた。


ガレ場を50m直登し、左から大きく巻いて再び水路跡に出ることができたが、ここを通過するのに35分を要した。
ちょうど下りた地点がトンネルの出口の先だったことからも、このトンネルは50m以上はある長いものだと分かった。
崩落場所を確認するため迂回路を戻って見ると、最初の所を通過したとしてもまた直ぐに崩落していたのが分かった。
大きく高巻いて正解だったわけだ。

大きく巻いて再び水路跡に出た。 下りた地点がトンネルの出口付近だった。 トンネルは長く、とても入る勇気はない。
迂回路を戻って見た。 崩落箇所 真下に壊れかけた迂回用の橋があった。
水路はこんな感じになっている。 ブイガ沢の取水口跡
(ブイガ沢に取水口があったかどうかは不明)
ブイガ沢


ブイガ沢の取水口跡からは快適な水路跡歩きが続き、水槽跡まで25分、水槽跡から小股沢の取水口跡まで20分で
到着することができた。

快適な水路跡歩きが続く 水槽(ヘッドタンク)跡 水圧鉄管を撤去した跡

水槽跡からも快適な水路跡歩きが続く 一輪車の残骸 小股沢の取水口跡



小股沢

小股沢(こまたさわ)は発電所跡の手前400m程の所で右岸から出合い、長さは1,100mと石花川の支流中最も長い。
水源は金北山縦走路の小股沢のコルへと続いている。
出合いから取水口跡までは、地図で確認できるだけでも7つの堰堤があり、釣り上るのは大変そうだ。
石花川林道の一つ上の林道を進めば最終堰堤の先に進めるようだが、林道の状況が分からなかったので、今回は
水路跡を通って行くことにした。
取水口跡からは落差のあるポイントが連続し、直ぐに24㎝の良型が連続ヒット。
帰りの時間を考え1時間程しか竿を出さなかったが、取水口跡の下、右岸から出合う左沢も入ってみたい沢だった。

小股沢取水口跡 取水口跡の上から竿を出した。

直ぐに24㎝の良型が出た。
落差のあるポイントが続く。 大物がいそうな淵も連続する。 水量も多く申し分ない沢だ。
これも24㎝の良型 今回は300m程しか竿を出さなかった。 左沢


帰りの林道は想像以上に荒れていて、人が歩くのもやっとという状態だった。
下から2番目の堰堤の上から左岸に渡り、沢沿いに下りて発電所跡に戻った。
7時に歩き始めて6時間半、もう限界に近かった。

沢沿いの林道は荒れ放題 崩落箇所も 落石も

下から2番目の堰堤の上から左岸に渡る。 沢沿いに下る。 一番下の堰堤




2021年3月27日 戸地川右俣~右俣取水口跡

メインテーマ第二弾は、戸地川右俣の魚止めの滝手前にある右岸のガレ沢を150m直登し、水路跡から上流の取水口
跡を目指すというもの。
戸地川の発電所が廃止になったのは1977年なので、既に40年以上は経過していることになる。
水路跡の状態が気になるところだが、ダメ元での挑戦だった。
まずは二俣から右俣を魚止めの滝手前まで竿を出して釣り上ることにした。

右俣~魚止めの滝

戸地川右俣 チビ岩魚は活発にエサを追うが...。
戸地川の水は冷たく澄んでいる。
左俣に比べ型も小さく、数も少ない。 チビばかりでダメだなと油断していたら。

35㎝の尺岩魚が釣れた。


ガレ沢を直登する前に、魚止めの滝を見ておくことにした。
滝は手前に通らずがあるので、右岸の崖からしか見ることが出来ない。
通らずは左側にステップがあるが、たとえ通過できても帰りはドボン覚悟になるだろう。
ガレ沢の入口から右の斜面を上り、崖から写真を撮ることにした。
安全のためスワミベルトを装着し、セルフビレイしてからカメラを取り出し撮影した。

魚止めの滝手前にある通らず
夏なら泳いで突破できそうだが...。
安全のためシュリンゲでセルフビレイする。
安全のためスワミベルトを装着
右俣魚止めの滝
上にも何段か繋がって見える。
滝は全部で七段あるそうだ。


ガレ沢~水路跡

ガレ沢は見た目以上に傾斜があり、ズルズルと岩ごと滑り落ちてなかなか進まない。
この日のためにヘルメットを新調したが、落石に注意しながら慎重に上った。
100m上ったところでとうとう息が切れたが、これ以上の直登は難しそうだった。
引き返そうとも思ったが、ここまで来て止めるわけにもいかない。
最後の50mは右から小尾根に取り付き、樹林帯を暫く進むと標高400mの地点でやっと水路跡に出た。

右岸のガレ沢を直登する。 見た目以上に傾斜がある。
50m程上ったところで振り返る。
100m上ったところで右の小尾根に取り付いた。 樹林帯を進む。

標高400m、水路跡に出た。


水路跡~取水口

40年以上も経つ遺構だけあって、水路跡はかなり荒れていた。
水路跡を覆った檜の枝を掻き分け、倒木を潜ったり乗り越えたりと、なかなかスムーズには進めない。
30分程歩いて白水川の取水口跡に到着。
白水川出合いから先は中ノ川と呼ぶようで、落差のあるポイントの連続に期待が膨らむ。
早速竿を出して見たがアタリはなく、取水口跡まで粘って見たものの反応はまったくなかった。
これだけの好ポイントなのにアタリがないのは、右俣は魚止めの滝が本当の魚止めなのかもしれない。
険しすぎて源頭放流も出来なかったのだろうか。

檜の枝を掻き分けて進む。 倒木は潜るか乗り越すかの何れかで突破。 眼下に右俣の源流部が見えてきた。
手前に滝が見える。
崩落して危ない場所もある。 40年以上も前の遺構

白水川の取水口跡
上った地点から500mの距離で30分掛かった。

白水川出合い上流付近
好ポイントが連続するがアタリはない。
白水川出合い下流付近
全く反応なし。


取水口跡からは戸地川第一発電所の水槽跡まで繋がる水路跡が続いており、67年間も佐渡金山に電力を供給して
いた遺構に歴史を感じる。
作業小屋のようなものもあったようで、ヤカンや一升ビンなども散乱していた。

右俣取水口跡 対岸の水路跡
発電所の水槽跡まで繋がる水路跡
建物の跡だろうか。 ヤカン
一升ビン


取水口跡~水路跡~二俣

帰りはガレ沢を上った所から更に200m手前の、標高429mの表示下まで行き、檜のある尾根を下降して二俣に戻った。
帰りの水路跡もかなり荒れていて、行くとき以上に大変だった。

標高429mの表示地点下の水路跡 檜のある尾根を下降する。
二俣の左俣側に下りた。




2021年3月23日 山居池~大ザレ川~泊川

和木川、長江川と肩慣らしも終わり、いよいよ今回のメインテーマに移行。
第一弾は山居池から大ザレ川に下降し、山居道なるものを通って隣の泊川の源流を調査するという計画。
大ザレ川は昨年魚止めの滝まで調査済みだが、未調査の左沢を含めてもう一度竿を出して見ることにした。
前回は山居池の手前の沢を下降してしまったが、奥の沢に繋がる道が山居道であることが分かっている。
自宅を6時45分に出たが、山居池に着いたのは8時20分と、やはり真更川方面は遠い。

山居池入口
昨夜少し雪が降ったようだ。
山居池
左奥の斜面から下る。
山居池から繋がる山居道を下る。
大ザレ川までの高低差は80m
急斜面を沢に下りる。 そのまま沢を下れば大オザレ川に出る。
大ザレ川



大ザレ川本流

川に下りて竿を出すと直ぐに釣れ出したが、どれも20㎝前後のチビばかりだ。
前回28㎝が釣れた3m滝でも不発に終わった。

釣れるのは20㎝前後のチビばかり。 朱点が鮮やかな岩魚だ。
最初の3m滝
3m滝で釣れた岩魚 前回28㎝が釣れた3m滝だが不発に終わる。
型が小さい。


滑床を過ぎると直ぐに魚止めの滝になる。
前回この滝壷で良型を含め6匹も釣れたので、期待が持てる最後のポイントだ。
滝は右岸から巻けるが、滝より上はザラ瀬で岩魚はいないと言う。
普段は釣り上げる度にリリースしているが、ここでは何匹釣れるか確認してから纏めてリリースすることにした。
子供は期待通りに次々と釣り上げ、あっという間に6匹になったが、どれも型は今一だ。
粘りに粘って7匹目に上げたのが28㎝の丸々と太った岩魚だったが、小さい順に釣れるというのが不思議で面白い。
さすがにもういないだろうと思いながらも、今度は私が竿を出すと何やら小さなアタリが...。
きっとチビ岩魚だろうと思いながらも粘っていたら、上がって来たのは何と33㎝もある尺岩魚だった。

滑床を進むともうすぐ魚止め滝だ。 前回6匹上げた魚止めの滝
果たして何匹釣れるのか?
7匹釣り上げたところでまとめてリリース
子供が粘りに粘って釣った7匹目
28㎝だが丸々と太っていた。
さすがにこれで最後だと思ったのに。 8匹目に33㎝の尺岩魚が来た。



左沢

山居道を下降したところから300m程進むと、右岸から左沢が出合う。
本流との水量比は1:2といったところだろうか。
出合いから100m程で小さな滝が連続するが、岩盤を滑り落ちる流れの小さな窪みに岩魚は生息していた。

左沢 流れの小さな窪みで連続ヒット 27㎝と型の良いのが釣れた。

左沢にも岩魚が生息していることを確認した。 これより上流は未確認



大ザレ川~山居道~泊川

山居道と言ってもちゃんとした道があるわけではない。
国土地理院の地図を見る限り、山居池から下降した地点の先にある左岸の小さな沢から、左右二つあるコル(鞍部)
のどちらかを越していく感じだった。
右の標高450mと標高370mの間のコルを選択すれば、上り高低差80m下り70mとなり、左の標高450mと標高460mの
間のコルを選択すれば、上り標高差140m下り70mとなる。
左の方が高度差はあるが、より泊川の源流部に出られるので、計画は左のルートを選択することにした。
まずは左岸の小さな沢を進んだが直ぐに倒木が行く手を阻み、傾斜もきつくなってきたので右の斜面に取り付き上部
に抜けた。
イバラや蔓性の植物が多く、体が絡まって歩き辛い
左側の斜面は傾斜がきついので自然と緩やかな右へ右へと回り込むような形になり、当初の計画とは違った右のコル
に抜け出てしまった。
コルの向こう側は緩やかな斜面になっていて、ところどころにピンクのテープがあるのを発見し、しばらく進むと今度は
石仏を発見した。
間違って進んだ方が山居道だったわけだ。
最後は小尾根を下り、上り始めて45分で泊川に到着した。

左岸の小さな沢を上る。
この先右の斜面に取り付き右へ右へと進む。
コルから先はピンクのテープを頼りに進んだ。 石仏が現れた。
平坦な場所が300m程続き、最後は小尾根を下降した。 泊川に到着



泊川

泊川は大ザレ川同様、145ある佐渡の2級河川リストには載っていない。
河口に大滝がある大ザレ川は海から魚が遡上できないが、泊川も五段の滝があり海から遡上できない川の一つ。
地元の人による源頭放流のおかげなのか、上流部にも岩魚が生息しているとのことだった。
私自身もビクに入れた岩魚を滝の上に放流したことがあるが、岩魚の持つ生命力の強さには驚かされるものがある。
以前NHKの番組でやっていたが、大雨で出来た水たまりに取り残された岩魚が、蛇のようにクネクネと歩くように脱出
する映像は衝撃的だった。
泊川では帰りのことも考え1時間程しか竿を出さなかったが、それでも数多くの岩魚が顔を出し楽しませてくれた。

早速竿を出し遡行を開始する。 朱点の鮮やかな岩魚 食いが浅いのか珍しくバラシてばかり。
型が小さいが魚影は濃い。 一度バレても二度まで追うが、三度目はない。 釣れるのはチビばかりだ。


釣り始めて暫くはチビ岩魚ばかりだったが、落差のある渓相に変わった途端型が良くなりだした。
子供は珍しくバラしが多く、一度バレても二度まで追うが、さすがに三度目はない。
尺級を掛けたので私がタモ網で取り込もうとしたが、二人の呼吸がうまくいかずバラしてしまった。
500m程進んだ所で、すでに13時を回っていたので納竿とし、右岸の小沢から当初往路で計画していたルートで戻るこ
とにした。

落差のあるポイント 段々型が良くなりだした。 26㎝の良型
朱点のない降海型のような27㎝の岩魚
ここで尺級を掛けたが、タモ入れに手間取り痛恨のバラシ。 ここで納竿
この先の小沢を詰めて戻ることにした。



泊川~大ザレ川

帰りは右岸の小沢を詰めて、当初往路で計画していた左側のコルから大ザレ川に下降することにした。
いつもながら、元来た川を下って戻るという選択肢はないのが我々流。
大きな滝なんかが現れたら大変なことになるが、幸い直登できる小さな滝だけだった。
沢の源頭部に差し掛かった時、GPSで位置情報を確認しようとしたら、スマホがまさかのバッテリー切れ。
位置が確認ができなくなってしまったが、電波状態が良かったので、子供がGPSで位置を確認してくれ事なきを得た。
沢は右方向に延びていたが、左側の斜面の上がコルで、そこから下って行くのが正解だった。
帰りも45分掛かり大ザレ川に到着。
山居池までまた上らなければならないのが辛いが、帰りに大ザレの滝を見て帰りたかったので先を急いだ。
山居道は泊川から小河内川まで続いているとのことなので、機会があればまた挑戦してみたい。

沢の源頭部を右に行ってしまったが、左側にコルがあったようだ。 左の斜面を下降する。
大ザレ川左岸の小沢に出た。




2021年3月22日 長江川

長江川は上流まで難所もなく面白みに欠ける川だが、標高450m付近の右岸の沢を詰め、金北山登山道から戻る計画
を立てていた。
今年はまだ雪が多く残っていたので早すぎる気もしたが、行けるところまで行って見ることにした。
まずは堰堤上流から入渓し竿を出して見たが、釣れるのは20㎝前後のチビ岩魚と冴えない。
雪解けで水量が多くポイント選びが難しい。

堰堤上流から入渓 釣れるのはチビばかり。 雪解けで水量が多く、限られたポイントにしか竿を出せない。
いかにも大物がいそうなポイントだが。 なかなかサイズが上がらない。
キクバオウレン


500m程進んだ所からやっと良型が釣れ出したが、霙混じりの冷たい雨が降り出したため沢詰めは諦め納竿。

上流に行くにしたがって型が良くなりだした。 26㎝~27㎝と良型が釣れ出した。

27㎝
この日最大の28㎝ 霙混じりの冷たい雨が降り出したため納竿。
水量も多くポイントがなくなってきた。
帰りにお浸し用の山葵を少々持ち帰った。




2021年3月20日 和木川

一日遅れでやって来た子供と、まずは肩慣らしにと和木川に入った。
受験勉強から解放され、1年ぶりの佐渡での釣りを満喫したいのだろう。
この日はあかねのラスト航行だったので、一等は満席だったようで、乗船客にはちょっとした記念品が配られたそうだ。
評判の悪かったあかねだが、とにかく揺れるらしい。
両津港で合流し、そのまま和木へと向かった。
林道石名-和木線にはまだ雪が残っていたので、下流から入渓することにした。
和木川の下流は堰堤だらけで釣趣に欠けるが魚影は濃い。
直ぐにレギュラーサイズ飛び出し、27㎝~28㎝の良型も顔を出してくれた。

雪解けで水量が多い。 直ぐにレギュラーサイズが顔を出してくれた。


チビ岩魚も混じる。
藪のない3月は遡行し易い。 まだサビが残る28㎝

27㎝の良型


右俣にも入って見たが水量が多く釣りにならないので、チビ岩魚1匹上げたところで納竿とした。
二俣から林道に出る際、雪の下の空洞に片足を取られ危なかったが、雪のある斜面を歩く時は細心の注意が必要だ。

昨年に比べ今年は雪が多かったようだ。 これも27㎝の良型 右俣は水量が多く釣りにならない。
雪に埋もれた林道を下る。 フクジュソウ
キクザキイチゲ