釣行記録 2020




2020年11月15日 真野漁港キス釣り

キスは水温の低下とともに深場に移動するので、冬場は投げ釣りの対象にならない。
11月がラストチャンスといったところだが、連日北西の風が吹き、真野湾の波は一向に収まらなかった。
北西の風が吹く時は両津湾側が穏やかだが、どうしても近場の真野漁港に拘ってしまう。
12日、13日と少し波が収まってきたので、1時間程出掛けてみたが、釣れたのはそれぞれキスが1匹だけだった。
やっぱりもうキスは終わりかと半ば諦めていたが、最終日は晴天で穏やかな一日となった。
朝から2時間粘ってみるもアタリはなく、一旦家に帰ったが、潮見表を確認して午後の満潮前の2時間に賭けた。
読みが的中したのか良型のキスが釣れだし、持ち帰り用のおみやげは確保できた。


やっと穏やかになった真野湾



型のいいキスが釣れた



2020年11月3日 木更津港ハゼ釣り

木更津港へ子供とハゼ釣りに出掛けた。
受験勉強の気分転換にと、朝の3時間限定で付き合うことに。
5時過ぎに自宅を出発。外はまだ雨が降り続いていたが、天気予報では8時過ぎには止む予報。
6時半に木更津港に着いたが、降っていた雨もちょうどそのころには止んでいた。
すでに多くの釣り人が岸壁から竿を出していたが、狙いはハゼだろうか。
宮川丸でアオイソメを購入して、いつもの水門横で釣り開始。
すぐに子供の竿にアタリがきて、立て続けに3匹を上げる好スタート。
満潮前のグッドタイミングだったのだろうか。
毎年沈んだボートの横が好ポイントだったのだが、撤去されてしまったのかボートは見当たらなかった。
ちょい投げの竿にもダブルで掛かるなどコンスタントに釣れたが、ハゼ特有のアタリを楽しめる脈釣りには敵わない。
再び雨が降って来たのでカッパを取り出し釣り続けたが、最後は寒くて鼻水が出る始末。
9時半になったところで納竿としたが、3時間で23匹はまずまずの釣果だった。


脈釣りで1匹1匹アタリを楽しみながら釣り上げていく



3時間で23匹とまずまずの釣果

クロダイの幼魚「チンチン」も釣れた。 ハゼの天ぷら
チンチンは冷凍保存のキスと一緒にフライに。




大立港テトラ穴釣り

この時期、佐渡の堤防はアオリイカ釣り一色で、アジ狙いの人が若干いる程度。
投げ釣りや根魚狙いの釣り人はほんとんどいない。
穴釣りの魅力は、ムラソイの他、メバルやキジハタ、アイナメなど、何が掛かってくるか分からないところにある。
いい穴を見つけると魚が魚を呼び、エサを求めて次々と集まって来る。
今回も短時間だったが、ムラソイ、メバル、メジナ、キュウセン、シマダイ、ダイナンギンポと色々釣れた。



大立港 2020.10.10



ムラソイ12匹を釣り上げたポイント

ムラソイ
3.5gのシンカーにピンクのワームを付けた。
シマダイ(イシダイの幼魚)
メジナ
2020.10.10
8:30~10:00 ムラソイ12、ダイナンギンポ2
15:00~15:30 ムラソイ1、メジナ1
ムラソイ(23㎝)
2020.10.12
8:30~9:30
メバル1(21㎝)、ムラソイ2、キュウセン1




味 ムラソイ

メバル、キュウセン、ムラソイを煮付にして、一緒に食べて見たが、味の評価はメバルがダントツだった。
メバル > キュウセン > ムラソイの順で、ムラソイの評価は低く、市場価値がない理由が分かる。
大きなものは刺身でいけるが、煮ると身が硬くなり、メバルのようなしっとり感はない。

メバル、キュウセン、イイダコ、ムラソイの煮付け メジナの塩焼き
イイダコの煮付け




外道 マダイ

キスの投げ釣りで、エサ取りのチャリコ(マダイの幼魚)が掛かってくるのが悩ましいが、今回親玉が2匹掛かって来た。
親玉と言っても25㎝程の小さなマダイだが、嬉しい外道であることには違いない。
2匹とも刺身にして食べたが、小さくても天然物は旨い。


2020.10.12 真野漁港

202010.8 真野漁港 小さくても天然のマダイは旨い。
202010.8
2匹目も刺身にした。
202010.12


真野漁港ちょい投げ

釣り用語で魚が釣れる時間帯のことを「時合い」という。
魚の活性が高い朝まづめや夕まづめだけでなく、潮回りも大事な要素で、釣果に大きく影響してくる。
「上げ7分、下げ3分」が一般的に一番釣れる時間帯と言われている。
今回は潮見表を見て、干潮から満潮に向かう7分と、満潮から干潮に向かう3分の時間帯に絞ってキスを狙った。
釣り場はいつもの真野漁港。
キス釣りの魅力は独特のアタリと、その美しい姿形や食味の良さにある。
プルプルとかブルブルなどと表現されるキスのアタリだが、今回は経験したことのないような強いアタリの連発だった。
10号のジェットテンビンごと持っていかれるような感じで、活性が高く、バラシもなくしっかりと針掛かりした。
結果は延べ9日間で130匹の釣果。
夏の釣りのイメージが強いキスだが、秋のキスは17㎝~20㎝の良型がほとんどで、ピンギスがいないのが嬉しい。
それにしても、入れ食いタイムは僅か30分程で、その前後はポツポツ、そしてパタッと釣れなくなるから不思議だ。


真野漁港 2020.10.13

2020.10.2
15:30~17:00 
キス8、メゴチ3、イイダコ1
2020.10.3
6:30~7:30
キス8、メゴチ3、キュウセン1
2020.10.4
6:00~8:30
キス14、メゴチ3、イイダコ1
2020.10.7
6:00~8:00 キス2、メゴチ1
15:30~16:30 キス3、メゴチ2
2020.10.8
9:00~11:30
キス16(内17㎝~18㎝10匹)、メゴチ1、マダイ1
2020.10.12
11:00~13:30
キス19、マダイ1
2020.10.13(釣果写真撮り忘れ)
8:30~10:00 キス12
15:00~16:00 キス4、イイダコ1
2020.10.14
9:00~11:30
キス25(最大22㎝)
2020.10.15
8:30~11:30 キス13、メゴチ3
14:30~16:00 キス6

9日間でキス130匹、メゴチ16匹、マダイ2匹、イイダコ3匹、その他シロサバフグ等々



今回エサ取りのクサフグには悩まされなかったが、20㎝を超えるシロサバフグがよく釣れた。
シロサバフグは無毒だと言われるが、それでも食べる勇気はない。
穴釣りではエサ取りのダイナンギンポがよく釣れるが、この魚は脂っぽくて身が硬く、煮ても焼いても旨くない魚だ。

シロサバフグ
無毒と言われるが食べる勇気はない。
ダイナンギンポ
食べるとすれば天ぷらくらい。
カレイの幼魚
クロダイの幼魚やマダイの幼魚も釣れた。





釣った魚で一杯やるのがいつものパターン。
野菜作りはまだまだ初心者だが、その日食べる魚だけは自分で調達できる。
佐渡に2週間居る間、肉類は一度も口にしなかった。
たくさん釣れたキスは、刺身、一夜干し、昆布締め、フライと色々試してみたが、やはり刺身が一番だった。
食べきれない分は開いてからジプロップ入れ冷凍保存。
昆布締めは3時間くらい締めるのがちょうど良く、一晩寝かせると飴色になり、身が硬く締まりねっとりした感じになる。


キスとメゴチの刺身



キスの昆布締め

キスの姿造り キスの糸造り
キスの昆布締め
一晩寝かせたると飴色になり、ねっとりした感じになる。
20㎝サイズのキスは一夜干しにした。
10%濃度の塩水に15分浸ける。
キスの一夜干し キスとムラソイのフライ




2020年9月22日 金沢八景弁天屋 午前タチウオ

釣部OBのUさんからタチウオ釣りのお誘い。
当初は金田湾のボート釣りを予定していたが、風が強いとの予報だったため、急遽変更になったもの。
午前船は7:15出船の11:15帰港なので、竿を出せるのは実質3時間と短い。
弁天屋さんの釣果情報を見る限り、最近のタチウオ釣りは芳しくないようで、坊主も覚悟の上での参戦だった。
航程20分、水深60m程の所で釣り開始。
アタリはあるものの小さく、思うように針掛かりさせられない。
タチウオ釣りは小さなアタリにも反応できる8:2や9:1の先調子で、1日使っても疲れない2m以下の竿が主流。
私の竿はダイワの万能船竿で、7:3調子の2m70㎝とタチウオ釣りには向いていないが、今までもこの竿でタチウオを
釣ってきているので竿のせいにはしたくない。
しかし、時間はあっという間に過ぎて、10:50で終了の合図。
最後まで小さなアタリに悩まされ、とうとう坊主に終わってしまった。
今まで午前船でも最低3匹は釣り上げていたので、こんな屈辱的な釣りは初めてだった。
この日の船中トップは5匹でUさんは3匹と、厳しい条件であったことは確かだが...。
「魚は道具を見ていない」はUさんの名言だが、やはり技術力の差が釣果に反映する。

大阪でのタチウオ釣りはテンヤ仕掛けだったが、最近は東京湾でもテンヤが人気になってきている。
この日も一日船はテンヤ釣りの人達で満席だった。
大阪にいた頃テンヤで18匹も上げたことがあったが、ただ巻き上げれば釣れるという感じだった。
東京湾のタチウオの方が賢いのか?



金沢八景にある弁天屋さん
大船団が集結する観音崎沖
千葉や東京からも続々とやって来る。
厳しい条件下でも、Uさんは3匹ゲットした。




2020年9月2日 和木川 右俣~左俣

今シーズン最後の釣行は和木川に決めた。
石名-和木線が舗装された林道なので安全が理由だが、それでも石名側は落石のため通行止めとなっていた。
右俣へは過去に2度入っているが、左俣を調査するのは今回が初めて。
まずは右俣から。
第一投から19㎝のチビ岩魚が掛かり、二投目に18㎝、三投目に23㎝と、小型主体ながら相変わら魚影が濃い。

左俣と右俣の分岐点
23㎝
水深20㎝程の所から飛び出してきた。
魚影は濃いが20㎝前後の小型が主体。
こんな浅い所にもいるから侮れない。
23㎝


源流のため全体に型は小さいが、たまに大物も潜んでいるので侮れない。
今回もちょったした淵で強烈なアタリがあり、竿がグイグイと絞られた。
岩の隙間に逃げ込もうとするのを慎重にやり取りし、やっと姿を現したのは40㎝はあろうかと思える大物だった。
チョウチン釣りのため竿を縮めながら取り込もうとしたが、タモ入れに手こずり、寸前のところでハリス切れ。
逃がした魚は大きいと言うが、痛恨のバラシだった。
その後に29㎝の泣尺を上げたが、やはり引きが全然違った。
チョウチン釣りで大物を上げるのは難しい。

この淵に29㎝が潜んでいた。 29㎝の泣尺
いい引きだった。
岩魚は岩陰から飛び出してくるから面白い。
最後に出た25㎝。
標高500m付近からアタリがなくなる。 3mの滝
大物が居そうなポイントだがアタリはない。


左俣は出合いから300m程進むと石名-和木線の林道にぶつかり、金剛山(962m)の麓へと続いている。
水源を金剛山に持つためか、右俣より水が冷たく感じる。
出合いからすぐにチビ岩魚が顔を出し、幸先のいいスタートを切ったと思ったのもつかの間、すぐに堰堤が現れた。
堰堤より上流に岩魚がいる理由は二通り考えられる。
一つは釣り人が意図的に放流したもので、もう一つは堰堤ができる太古の昔より岩魚が棲みついていたと言うもの。
岩魚は氷河期の遺物と言われるように、水の冷たい山奥に陸封された魚なので、後者の説も有力だろう。

左俣 すぐに堰堤が現れた。 堰堤で釣れた岩魚。
堰堤上流
落差のある渓相が続く。 堰堤より上にも岩魚がいた。


持参したミミズが底をついたが、川虫が全然採れないのには参った。
やっとのことで捕まえた小さなオニチョロで、23㎝の型のいい岩魚を上げたところで納竿。
堰堤からしばらく進んだ土管のある場所だったが、地図をアプリに保存してなかったので現在地が分からない。
帰ってからGPSのログを確認したところ、林道と交差するすぐ手前まで来ていたことが分かった。

土管のある場所で1匹上げたところで納竿。
型のいい23㎝の岩魚。
土管の奥に堰堤が見える。




2020年8月31日 石花川 本流

10月1日から禁漁となるのに、8月、9月をどこにも行かずにシーズンを終えるのも寂しい気がした。
事前に内海府の川を3ヵ所程ピックアップしていたが、やはり新規の川に入るのはリスクを伴う。
佐渡では7月の大雨で、あっちこっちの道路が土砂崩れで通行止めになっていると言う。
実家に置いてある車は軽自動車で4駆じゃないため、大雨で荒れた林道だと入って行けない。
色々と考えた結果、釣り場までしっかりと舗装された林道がある石花川本流に入ることにした。

発電所跡より先は荒れているので、手前の空地に車を止め、まずはルアーで淵を狙って見ることにした。
ずっと雨が降ってないため警戒心が強いのか、ルアーを追っては来るが針掛かりしない。
20分程粘ってやっと針掛かりしたのは16㎝のチビヤマメだった。
その後ルアーからエサ釣りに替えて見たが、釣れるのはヤマメばかり。
たまに20㎝を超えるサイズも出たが、ほとんどは15㎝~17㎝のチビヤマメだった。

まずはルアーで淵を狙った。
数匹が追ってはくるが針掛かりしない。
20分粘ってやっとスピナーにヤマメがヒットした。
エサ釣りに替えたがチビヤマメばかり。
警戒心がない?チビヤマメはよく釣れるが...。
パーマークの美しいヤマメ。
たまに20㎝を超えるヤマメも出た。


1時間程釣り上り、竹平沢出合い付近に来たところで、やっと岩魚が顔を出した。
小さいながらも岩魚が釣れてほっとしたが、先月あれほどいた岩魚はいったいどこへ消えてしまったのだろうか。
真新しい入渓者の跡はあったが、釣りつくされてしまうような川ではないはずだ。
やはり一雨来ないと真夏の釣りは難しいのかもしれない。

淵には数匹のチビヤマメが群れている。
この日最大のヤマメ22㎝。 竹平沢出合い付近
18㎝と小さいながらやっと岩魚が姿を現した。
20㎝と型はよくない。
ヤマメだけでも20匹近く釣れたのだが、岩魚はどこへ消えた。


チビヤマメばかりじゃ面白くないので、堰堤上流まで足を延ばしてみることにした。
ヤマメが遡上できるのも堰堤までで、それより上は岩魚領域になる。
しかし、ここでもなかなかアタリがなく、粘った末に上がってきたのは18㎝のチビ岩魚だった。
ここもダメかと諦め掛けていたら、突然尺上級が淵の底から浮き上がったエサに飛びついてきた。
残念ながら針掛かりはしなかったが、やはり大物は潜んでいる。
その後も尺上級が飛び出してきたが、針掛かりせず反転していくばかりだった。
帰りは石花川林道を下って戻ったが、7月の大雨の影響からか、2か所ほど土砂崩れの跡があった。
他の林道でも同じように土砂崩れが発生したに違いない。

堰堤上流の石花川
25㎝の岩魚

淵の底から尺物が飛び出してきたが...。
取水口跡

石花川林道
土砂崩れの跡が2か所ほどあった。
多くの林道で土砂崩れがあったに違いない。




2020年8月27日~9月1日 真野湾投げ釣り

いつもなら真っ先に川に向かうのだが、真夏の藪沢となると気力が湧いてこない。
かといって海釣りも日中は暑くて出掛ける気になれなかった。
色々と考えた結果、早朝の2時間海に出掛け、帰ってから1時間草を刈り、夕方にまた1時間草を刈るというパターン。
真野漁港へは延べ6日間出掛け、キス38匹とメゴチ15匹とまあまあ楽しめる内容だった。


真野湾 2020.8.28

2020.8.27
6:00~8:00
2020.8.28
5:30~8:00
2020.9.1
5:30~7:30




メゴチ

トビヌメリやネズミゴチなどのネズッポ類の総称をメゴチと呼んでいて、キス釣りの外道としてよく釣れる。
キスはさびきながら釣るのが基本だが、置き竿にしておくとメゴチが先に掛かることが多い。
見た目の悪さと体液のヌメリが嫌われるが、白身で淡白な味は天ぷら種で珍重され、キスよりも旨いと言う人も多い。
釣りたてのメゴチの刺身は、知る人ぞ知る味。

メゴチ(佐渡真野湾)
キス釣りでさびかずに手を抜くとメゴチになる。
トビヌメリなのかネズミゴチなのか判別が難しい。
メゴチの天ぷら
キスよりも旨いと言う人も多い。




釣った魚の一夜干し

佐渡ではブリの幼魚のことをズンベと呼ぶ。
スーパーで1匹100円程度で売られているように、魚としての価値は低い。
身がパサパサで、煮付けにしかならないような魚だ。
本来キスの投げ釣りで釣れるような魚ではないが、たまたま巻き上げた仕掛けに飛びついてきたのだろう。
小サバなんかもそうだが、煮ても焼いても食えないような魚は、唐揚げか一夜干しに限る。

ズンベ(ブリの幼魚)
煮付にしてもあまり美味しくはない。
開いたら10%濃度の塩水に20分~30分浸ける。

冷蔵庫で丸一日干し上げる。
20㎝以上あるキスも一夜干しにした。 ズンベの一夜干し キスの一夜干し




2020年8月12日 木更津港 ちょい投げ

自宅を5時過ぎに出たが、すでに気温は30度近くにもなっていた。
当初沖堤への渡船も考えたが、この暑さじゃ無理がある。
宮川丸でアオイソメを買って、中の島大橋の下に着いたのは7時前、釣り人は我々を含めて8人程だった。
早速ちょい投げでキスを狙ったが、釣れるのは小さなハゼと渋い。
1時間程経つとシャツは汗でびしょびしょになり、風も無風状態なので頭がボーっとする。
こんな時に綿のシャツなんか着てくるもんじゃない。
9時を回った頃、木更津市の広報車が、熱中症警戒アラートが発令されたと告げているのが聞こえてきた。
しきりに救急車が通り過ぎるサイレンの音が聞こえてくるが、熱中症による搬送だろうか。
10時まで粘ったが、とうとう暑さに耐え切れずギブアップ。
沖堤に渡った人たちも続々と戻ってきた。

中の島大橋

ちょい投げでキスを狙ったが、釣れたのはハゼだけ。
隣の人はワタリガニを2杯上げていた。
海に立つ電柱(久津間海岸)
大きいのはウロハゼ。
ハゼの天ぷら




真野漁港 キス投げ釣り 

草刈りの合間の1~2時間、キス釣りに出掛けていた。
場所はいつもの真野漁港。
数は釣れないが、実家から車で10分と近いので気に入っている。
エサ取りのフグが多かったので、500円分のアオイソメは2日で無くなり、もう500円分追加し4日間足を運んだ。
延べ6時間で外道も含め38匹だったので、退屈しない程度に釣れた。


真野湾 2020.7.19 

2020.7.18
2時間程粘ったが、型、数ともいまいち。
2020.7.19
外道にメゴチやキュウセンも掛かってくる。
2020.7.20
捌くにはこれぐらいがちょうどいいが。
2020.7.21
21㎝の良型も釣れたが数が出ない。
メゴチとキュウセンの天ぷら キスの天ぷら




オニオコゼ 

真野漁港でキスの投げ釣りをしていたら、20㎝程のオニオコゼが掛かった。
食味は最高の高級魚だが、こいつに刺されたら大変なことになるので、慎重に針を外した。
鬼のような顔をしているのが名前の由来で、背鰭に毒がある。
晩春から夏が旬。


2020.7.19 真野漁港

背鰭の棘をハサミで慎重に取り除く。
よく見るゴジラのような目をしている。
高級魚オコゼの刺身




2020年7月20日 白瀬川 右俣~中俣~左俣

大雨から5日後、水が引くのを見計らって、再び白瀬川へと車を走らせた。
釣れない川だと分かっていても、中途半端に調査を終わらせるわけにはいかない。
最低限、まだ確認していない右俣と左俣の取水口だけでも見ておきたかった。

草が刈られ綺麗になった林道。
林道終点
ここから作業道が水路まで続いている。
作業道も草が刈られ歩きやすい。
13日に来たときは草むらで道が見えなかった。


右俣

まずは右俣から遡行することにした。
まだ沢は増水ぎみだったが、遡行できないレベルではない。
念のため竿を出してみたが、やはりアタリはない。
これだけ大きな川なのに渓魚がいないのが不思議でならない。
雨が降ったせいもあるが、透明度があまり高くないのも気になるところ。
100m程進んだ所で、目の前に20mはあろうかと思える大滝が出現。
これはどう見ても高巻けないので、止む無く引き返し、作業道を水路へと登った。
右俣の取水口は小さなダムになっており、水路は標高340mラインに沿って、1㎞程先にある送水管まで繋がっている。

右俣出合い付近 増水ぎみだが、遡行できないレベルではない。 突然目の前に大滝が出現。
20mはありそうだ。これは高巻けない。
水路を目指して作業道を登る。
中俣の取水口から標高340mラインの水路を進む。 トンネルと潜ると右俣の取水口が現れる。
右俣の取水口
ちょっとしたダムになっていた。
取水口から見た右俣の上流。 水路は1㎞程先の送水管に繋がっている。


左俣

右俣から水路を引き返し、中俣の水路から左俣へ。
途中30mほどのトンネルがあり、中に5、6匹のコウモリがいたのには驚いた。
左俣は中俣同様落差のある険しい沢で、遡行は容易ではない感じだ。
右俣も中俣も左俣も、取水口より上は今回確認しなかったが、もしかすると岩魚がいるのかもしれない。
またいつか調査して見たいと思っている。

中俣の取水口 トンネルの先に左俣の取水口がある。
トンネルの中には5、6匹のコウモリがいた。
逃げ惑うコウモリ。 左俣の取水口
取水口上流の左俣

コースタイム
林道終点6:32-右俣出合い6:41-大滝6:55-水路7:32-中俣取水口7:35-右俣取水口7:41-左俣取水口8:02

※後日、発電所を管轄する東北電力に確認したところ、右俣が馬の瀬川で、中俣が大平川、左俣が御林沢川、そして、
発電所下の左岸から流れ、同じく上流に取水口がある沢は立田沢川であると教えて頂いた。



2020年7月18日 梅津川


白瀬川に入った翌日から再び雨となり、14日、15日と佐渡地方は大雨警報が出されほど雨が降り続いた。
16日には雨が止んだので、17日に白瀬川に出掛けたが、前回以上の増水に、川を見ただけですぐに引き返した。
18日に再び出掛けては見たものの、水の勢いは衰える気配がない。
2日連続で引き返すのもしゃくだったので、帰り道に梅津川でちょっとばかり憂さ晴らし。
梅津川も増水はしていたが、魚は居れば釣れるものだ。

梅津川 増水していても、居れば釣れる。
小型岩魚は良く釣れた。
夏の渇水を心配する必要はなかった。
たまに良型も混じる。
このくらいの増水なら遡行も苦にならない。 1時間程憂さ晴らしして納竿。




2020年7月13日 白瀬川


白瀬川は上流で3つの沢に分かれ、それぞれに発電所用の取水口があり、青い等高線と呼ばれる水路で繋がっている。
この水路を利用して、3つの沢を一気に調査するというのが今回の計画。
佐渡では珍しいくらい釣れない白瀬川だが、取水口付近なら釣れるのではないかという期待もあった。
発電所から1㎞ほどで林道は終点となり、そこから川に下りたが、連日の雨で川は想像以上の増水だった。
いくら増水していても居れば釣れないわけはないのだが、全くアタリがない。
川はすぐに3つに分かれるが、沢の名前が分からないので、左俣、中俣、右俣と呼ぶことにする。
水量比から見て右俣が本流筋になるようだが、増水による水勢が強く遡行できそうもない。
作業道が中俣に沿って続いていたので中俣に入ったが、ここも全くアタリがない。
出合いから200m程進むと作業道は沢から離れ、50m程登った所で標高340mラインにある水路に辿り着く。
左に進めば左俣の取水口で、右に進めば中俣の取水口となる。
中俣の取水口まで行っては見たが、取水口の上流も増水で遡行できそうもなかった。

東北電力白瀬発電所
白瀬林道終点
この先は作業道が続く。
増水した本流
中俣と右俣の分岐 右俣は増水で遡行できそうもない。
中俣
いかにも居そうなポイントだがアタリなし。
作業道を50m程登ると水路に辿り着く。
標高340mラインに沿って続くので、青い等高線とも呼ばれる。
中俣の取水口
中俣の上流
ここも増水で遡行するのは難しい。


帰りに左俣にも少し入って見たが、ここでもアタリは全くなかった。
水が引いた後にもう一度調査することにして、今回はこれで一旦終了とした。

左俣
水量は中俣と同じくらい。
ここでもアタリはなかった。




2020年6月17日 梅津川 水川内沢

2箱持参したミミズが無くなったので、入川で終わりにしようと思っていたが、最後に梅津川で終わりにすることにした。
佐渡の釣具店にミミズがないことが分かったので、家の畑でドバミミズを5匹程調達。
足りない分は現地で川虫を捕ることにした。
梅津川はドンデン山と金北山の間にある山々を水源に持ち、両津湾に流れ出る川で、5,350mと佐渡では17番目に長い。
梅津川、水沢川、青竜川、大山川、御器清水川、大谷川と6つの支流を持ち、石花川の6つと並んで佐渡第2位を誇る。
昨年と今年の3月に、支流の水沢川と大山沢に入ったが、水川内沢に入るのは今回が初めて。
水川内沢は梅津川の本流筋になり、ドンデン山に続くアオネバ渓谷の登山道沿いにある。
発電所の取水口があるダムのバックウォーターから入渓。
1匹バラした後、20㎝、26㎝、24㎝と立て続けにきて期待が膨らんだが、堰堤を越えた途端ぱったりとアタリが止まった。

発電所取水口堰堤の上はちょっとしたダムになっている。
ダムのバックウォーターから入渓。
すぐにアタリが来たが、痛恨のバラシ。
1匹バラした後、すぐに20㎝が来た。

続けて26㎝の良型。
これも24㎝あった。


水量が豊富で渓相も抜群だが魚影すらなく、堰堤から40分程粘って見たが諦め、3m程の滝が出てきたところで納竿。
帰りは沢沿いの登山道を下って戻った。
納得できる終わり方じゃなかったので、支流の水沢川でちょっと憂さ晴らし。
エサの川虫が捕れず苦労したが、水沢川の岩魚は健在だった。
6-2

すぐに堰堤が現れアタリが止まった。 渓相は抜群だがアタリはない。
水量は申し分ない。
居ないわけはないと思うのだが。
3mの滝が現れたところで納竿。
アオネバ渓谷登山道入口。




2020年6月15日 何代川

ミミズが4匹程余ったので、近くの何代川で雑魚釣りをすることにした。
前日にまとまった雨が降ったので、ナマズが来たら嫌だなと思っていたら、第一投からナマズが掛かってしまった。
6号のハゼ針に1号のハリス仕掛けなので、抜き上げることができない。
予備の針も仕掛けも用意してなかったので、切られたらおしまいだ。
慎重にやり取りしながら弱らせ、手前に寄せた所で、手でかき出して岸に放り投げた。
ナマズとしては大きくないが、それでも50㎝はあったから危なかった。
その後は順調?にカワムツを8匹程釣り、ミミズが無くなったところで終了。
何代川も最近は、カワムツだらけの川になってしまった感じだ。

50㎝のナマズ
カワムツだらけの川になってしまった。 カワムツ




2020年6月12日 入川

石花川で遊んでばかりいるわけにはいかなかったが、この時期に新規の藪沢に入る気力が湧いてこない。
次はどの川に入ろうか散々迷ったが、昨年同じ時期に入った入川の支流と上流部に入ってみることにした。
高千からドンデン線に入り4㎞ほど進んだところ、途中にあるゲートが閉まっていて、まさかの通行止め。
雪のため冬期間閉鎖となっていたが、もう6月なので山頂でさえ一塊の雪もない。
何か別の意図があるのかと勘ぐってしまうが、車を止めて歩くしかしょうがなかった。
ゲートから歩くこと30分で目的地に到着。
まずは支流の沢から入って見ることにした。
暖冬の影響で雪が少なかったせいか、水量が昨年の半分くらいしかない。
昨年同様岩魚は健在で、元気に顔を出してくれたが、真夏の渇水期が心配だ。
再び本流に戻り右沢へ入ってみたが、出合いから堰堤までで止めることにした。
これだけ水量が少ないと、堰堤より上に入っても期待は出来ない。
本流も二股手前の堰堤までで竿を出してみたが、チビ岩魚が1匹出ただけで冴えない。
今回も左俣の調査は未実施に終わった。


右沢出合い手前の本流で釣れた34㎝の尺岩魚



もう夏なのに通行止めとは?

沢の水量は昨年の半分程。


それでも岩魚は健在、28㎝あった。
真夏の渇水が心配だ。
27㎝の良型 これも27㎝あった。


本流の二股手前で右から1本出合う沢がある。
「川の名前を調べる地図」の地図サイトでは孫次郎沢になっているが、佐渡トレッキング協会の地図との平仄を合わせる
ため、敢えて右沢と呼ぶことにした。
右沢は出合いから50mほどで堰堤となるが、堰堤までの間に数匹の岩魚を確認。
堰堤より先は未確認だが、水量の多い時期なら多少期待できるかもしれない。
11-11

右沢出合い 出合いで釣れた20㎝。
17㎝のチビ岩魚。
出合いから50m程で堰堤になる。 堰堤下で釣れた27㎝。 二俣手前の本流上流。
堰堤下でチビ岩魚が1匹出ただけだった。




2020年6月10日 石花川 本流

ロッドが折れ、不完全燃焼で終わったルアーだが、家に戻ってから、穴釣り用のコンパクトロッドがあることに気づいた。
もう1個のシンキングミノーもまだ試してなかったので、再び石花川へ。
前回よりも下流の、小股沢出合いから釣り始めることにした。
ミノーにもスピナーにもよくヒットしたが、出てくるのは小型ばかり。
その上、この日釣れた魚の半分以上がヤマメだった。
あわよくば大物をと期待していたが、そうそううまくはいかないものだ。
8-7


佐渡で最も渓流らしい川と言われる石花川本流



シンキングミノーにヒットしたヤマメ


スピアヘッド・リュウキのシンキングミノー 50S MPテネシーシャッド



こういう場所はルアーやテンカラでしか狙えない。

小股沢出合い付近から釣り始めた。 すぐにシンキングミノーに岩魚がきたが型が小さい。 ルアーにはもってこいのポイント。
本流にはヤマメも多い。
釣れた魚の半分以上がヤマメだった。

ブレットンの赤3.2gにもよくヒットした。 でも出てくるのは小型ばかり。


エサ釣りにも、型は小さいが、ネイティブなヤマメがたくさん顔を出してくれた。
石花川でヤマメが釣れるのは、戸地川と同じように途中に堰堤がなく、海からサクラマスが遡上できるからだろう。
堰堤だらけの川だとこうはいかない。




2020年6月10日 石花川 竹平沢

石花川には、小股沢、ブイガ沢、竹平沢、砥石沢、イラツボ沢、石花川の6つの支流があるが、竹平沢を調査するのは
今回が初めて。
出合いから100mほどで大きな滝となるので、竿を出せるポイントは僅かしかないが、岩魚がいることは確認した。
帰りに砥石沢も覗いてみたが、この沢は他の沢に比べ水量が極端に少なく、未調査ながら期待できそうもない感じだ。
0-1

竹平沢出合い。 滝までの僅かなポイントで、複数の魚影を確認。 竹平沢で出たチビ岩魚。

出合いから100m程で滝になる。
竹平沢の滝。 砥石沢
水量が少なく期待できそうにない。




2020年6月8日 石花川 ブイガ沢

ブイガ沢は前回、出合いから滝まで岩魚がいることを確認したが、滝より先は未確認だったため入って見ることにした。
前回同様、出合いから滝までの僅かな間で岩魚や山女魚が釣れたが、水深20㎝にも満たない所から飛び出してきたの
には驚いた。

ブイガ沢出合い。 24㎝の良型だ。
手前の瀬からヤマメが飛び出した。
ヤマメも混じる。
こんな浅い所にもいるから侮れない。 岩魚の生命力には感心する。


滝をどう巻こうか考えていたが、直登できそうだったので途中まで登って見たが、上部がヌルヌルで結構危なかった。
滝から上も小さな滝が連続。竿を出しながら遡行していったがアタリが全くない。
40分程粘っては見たが諦め、標高280m付近で納竿。標高330m付近にある取水口跡まで行くのは諦めた。
滝を登るのは難しくないが、3mの滝でも掴まるものがないと降りるのは危険で難しい。
下りはロープを取り出し、危険なところは懸垂で降り、5mの滝は左岸を高巻いて降りた。
1-2

5mの滝は右岸を直登した。
上部がヌルヌルで掴まる木も細く危ない。
小さな滝が連続する。 いかにも居そうなポイントだがアタリはない。

2mの滝。


この滝は登るのは簡単だが、降りる時は掴まるものがなく危ない。
危ない所は懸垂で下降した。

出合い10:15-標高280m11:00-出合い11:25


2020年6月8日 石花川 本流

6月にもなると佐渡の渓流は藪に覆われ、入渓するのが難しくなる。
地元の釣具店でも、ミミズを置いているのは5月までで、6月以降は店頭から姿を消す。
ヘビが出る頃になると、渓流釣りをする人はいなくなるからだと言う。
そういう自分も最近は藪沢に入るのが億劫になってきた。
気分転換に、石花川の本流でルアーをやって見ることにした。
石花川の本流は大きな淵が連続し、チョウチン釣りでは仕掛けが届かない。
印西のWILD-1で買った、シンキングミノーを試しても見たかった。
発電所跡に車を止め、少し上った所から入渓。
手始めに、普段使っているブレットンのスピナーでキャストすると、すぐに20㎝の岩魚がヒットした。


この淵で30㎝の尺岩魚がヒット



スピナーにヒットした30㎝の岩魚


スピナーはブレットンの黒3.2g

石花川の本流は深い淵が連続する。 第一投目から20㎝の岩魚がヒットした。
その後も立て続けに6匹程スピナーにヒット。



その後も立て続けにスピナーにヒットしたが、6匹程上げた後はシンキングミノーに替えてチャレンジした。
試したシンキングミノーは、スピアヘッド・リュウキの50Sヤマメ4.5g。
1個1,000円もするものなので、木に引っ掛けないよう慎重にキャストした。
こちらも第一投目からヤマメがヒット。
ヤマメにヤマメじゃあ共食いだが、夏の渓流魚の活性の高さは驚きの連続だった。
大きな淵で32㎝の尺岩魚が掛かったが、ランディングさせた直後に、ロッドはポッキリ折れてしまった。
シンキングミノーに替え、これからというところだったが、ルアー釣りはこれにてThe End。
キラクのSP5EXは、大学生の頃から使っているロッドなので、劣化が激しくもう限界なのだろう。
手賀沼でブラックバスを掛けた時に一度折れてしまったが、SP6EXと合体させて修復したのに残念だ。
その後はエサ釣りに替えてみたが、小型岩魚ばかりで冴えなかった。
7-6


この淵で32㎝の尺岩魚がヒット



シンキングミノーにヒットした32㎝の岩魚


シンキングミノーはスピアヘッド・リュウキの50Sヤマメ4.5g

佐渡で最も渓流らしい川と言われる石花川。
ヤマメにヤマメがヒット。
シンキングミノーの威力も抜群だ。




2020年6月5日 和木川 右俣

右俣に岩魚が棲息していることは、3月の調査で確認済みだが、今回は右俣を標高650m付近にある法力和光滝まで
詰め、林道石名-和木線で戻る計画。
和木川は堰堤が多く遡行しづらい川だが、二俣より上流には堰堤がない。
二俣の手前から入渓して竿を出すと、第一投目から18㎝のチビ岩魚だ飛び出した。
二投目にも19㎝が来て、小型ながら相変わらず魚影の濃い川だ。
左俣にも少し入って見たが、確りと岩魚が棲息していることを確認。
二俣からは水量が二分され細流となるが、水深30㎝にも満たないポイントから、次々と岩魚が顔を出した。

二俣の手前から入渓。
左俣と右俣で水量はほぼ半々。
第一投目から18㎝のチビ岩魚だ飛び出した。 左俣にも少し入って見た。
左俣で釣れた岩魚。 水深30㎝にも満たない小さなポイントにも確りと岩魚が居ついている。

小さなポイントから次々と岩魚が顔を出す。
20㎝前後の小型が多い。


チョウチン毛鉤にも初めて挑戦した。
仕掛けは海釣り用の3号ライン1.5mに、毛鉤を直結した単純なもの。
最初はタイミングが合わずバラシが続いたが、1匹掛けた後はコツをつかみ、次々に掛けていった。
毛鉤は知人からもらった、クモかコガネムシに似せた変なものだったが、活性が高かったのか岩魚はこれによくヒット
した。

こういう場所は毛鉤で狙いやすい。
チョウチン毛鉤第一号。 クモかコガネムシに似せた変な毛鉤だがよくヒットした。
毛鉤に飛びつく瞬間がよく見えるポイント。
面白いように毛鉤に飛びついてきた。 毛鉤で6匹程掛けたので、初めてにしては上々の出来か。


標高500mを過ぎたあたりから沢は険しくなり、標高580mの所で落差が15m程ある滝が現れた。
左岸を巻こうと途中まで登っては見たが、斜面はズルズルで、掴まるものもなかったため、残念ながら法力和光滝まで
辿り着くことは叶わなかった。
単独釣行に無理は禁物だ。
11-10

こんな小さなポイントから31㎝の尺岩魚が飛び出してきたから油断ならない。
31㎝の尺岩魚。
これも型のいい岩魚だ。
標高500mを過ぎるあたりから険しくなってきた。 3mの滝。 標高500mを過ぎるとアタリがなくなった。

標高580m付近で現れた滝。
流木の右から巻けそうだったが、斜面がズルズルで掴まるものもなかったため断念。
3段で15mはあるだろうか。




2020年6月3日 石田川

石田川は大佐渡の地獄谷を水源に持ち、旧佐和田町の石田を経て真野湾に流れる出る川で、長さは7,000mと佐渡
では9番目に長い。
昨年藤津川で出会ったH老人の話では、一度入って見たが岩魚はいなかったと言われたが、一応この目で確かめて
見ることにした。
林道地獄谷線に架かる橋の所から斜面を下りて入渓。
暖冬の影響なのか水量は少なかったが、大佐渡の山から流れ出る川にしては水温が高く、薄茶色に濁っている。
水の色が以前入った中津川や地持院川の色に似ているのが気になる。
早速竿を出してみたがアタリはなく、40分程標高570m付近まで粘って見たが魚影すらなかった。
下流部は未調査だが、あまり期待できない川のようだ。
地獄谷という水源が良くないのかもしれない。
0-0

林道地獄谷線に架かる橋。 暖冬の影響なのか水量は少ない。 水の色が薄茶色に濁っているのが気になる。
アタリが全くない。
標高570m付近で納竿。
地獄谷線から見る雲海の国仲平野。


石田川の帰り新保川でちょいと憂さ晴らし。
入渓してすぐに感じたが、新保川の水は石田川と比べ冷たく透明度も高い。
尺物は出なかったが、そこそこの岩魚が顔を出してくれた。
8-7

石田川と比べ水は冷たく透明度も高い。 レギュラーサイズが次々に顔を出してくれた。 27㎝の良型。
谷を彩るタニウツギの花。
この日最大の28㎝。
張骨沢の不動滝。




2020年3月18日 長江川 

20日に船橋に戻る予定だったので、最後は近場の長江川にした。
釣りが目的というよりは、ワサビの葉を採って持ち帰りたかったからだ。
小倉あたりにもたくさん自生しているが、長江川なら釣りもできるので一石二鳥と言うわけだ。
長江川は入渓者の多い川だが、全然釣れないこともない手頃な川。
竿は1時間半程しか出さなかったが、それでも良型を含め10匹程顔を出してくれた。
9-1

早春の長江川
26㎝と型はいい。

春先は淵に何匹か溜まっている。
淵にいた27㎝。
雪解けで水量は多い。
これも27㎝あった。




2020年3月12日 大ザレ川 

大ザレ川は外海府の真更川地区にあり、河口から海に直接流れ落ちる大ザレの滝は名勝として知られている。
川に架かる海府大橋も観光名所で、昭和44年に竣工され、それまで分断されていた道路が繋がり佐渡一周が可能に
なった。
橋の手前から川に繋がる道があるようだが、今回は上流の山居池の沢を下降し、本流上流を調査することにした。
計画は前々から立てていたが、自宅から片道60㎞もある所なので、なかなか実行に移せなかった。
自宅を7:00前に出発したが、山居池に着いたのは8:30と、外海府の北端はやはり遠い。
佐渡でも秘境中の秘境と言われる所以だ。

山居池からは右の遊歩道を進み、対岸にある池から流れ落ちる小さな沢を下降する。
国土地理院の地図で見る限り、沢を100m程下降すれば川に出られそうだった。
ところが下降してすぐに、目の前に10mほどの滝が現れた。
懸垂用に20mの補助ロープを持参していたが、少し長さが足りず滝下まで届かない。
懸垂は諦め、右岸を巻いて斜面を慎重にトラバースし通過した。
帰りに分かったことだが、今回下降した沢の奥にもう1本沢があり、そちらを下るのが正解だったようだ。
これが山居道と言われる道跡らしく、大ザレ川を横切り隣の泊川から小河内川まで続いているそうだ。
川に下りて見ると、下流の険しさからは想像もつかないような平坦な川で驚いた。
竿を出すとレギュラーサイズは続けて出たが、最近入った入渓者の跡もあり良型はなかなか出ない。

山居池入口
真更川から真更川-北小浦線を4㎞程進むと山居池に着く。
周囲500m程ある山居池。
大蛇伝説のある神秘的な池で遊歩道もある。

すぐに現れた10mの滝。
右岸を巻いて斜面を慎重にトラバース。
平坦な川が続く大ザレ川上流。
それでもちょっとしたポイントに岩魚はいる。
暫くはレギュラーサイズが続いた。


遡行開始から40分程進むと左から沢が出合い二俣となるが、水量から見て右が本流となる。
二俣からすぐにF1、3mが現れ、ここでやっと26㎝の良型が顔を出した。
更に200m程でF2、3mが現れ、ここでもサイズアップの28㎝が出た。
F2から先は滑床となり、300m程進んだ所で2段10mの滝が現れた。
滝壷で28㎝程の岩魚を手元まで引き上げたところでバラシてしまったが、その後同じ滝壷で5匹も釣れたのには驚いた。
滝は右岸を巻けば上に出られそうだったが、滝上はザラ瀬で岩魚はいないとの情報もあり、今回はここで納竿とした。
12-2

左から沢が出合う。
F1、3m
この淵で2匹出た。
24㎝、やっと型が良くなってきた。

F2、3m
この淵でも2匹出た。
24㎝

サイズアップ、丸々と太った28㎝。
F2の上は滑床が続く。
F3、2段10m
右岸を巻けるが、実質これが魚止めの滝かも。
F3の淵で釣れた26㎝。
この滝壺で6匹も出たのには驚いた。




2020年3月9日 石花川 長尾沢~イラツボ沢~ブイガ沢

今回は昨年未調査の堰堤上流に入って見ることにした。
まずは発電所跡に車を止め、堰堤のある林道終点まで30分程歩く。
雪解けで水量は多いが、外海府の川は透明度が抜群だ。
堰堤の上で川は二俣に分かれるが、左がイラツボ沢で右が本流筋になる。
堰堤から取水口までは400m程しかないが、好ポイントが多く、次々と良型の岩魚が顔を出した。


本流上流

堰堤上流の本流
27㎝
外海府の川は透明度が高い。
好ポイントが多く、次々と良型の岩魚が顔を出した。
24㎝ 本流取水口


取水口から200m程進むと、今度は左から長尾沢が出合う。
長尾沢に入って見たが、出合いから100m程で5mの滝が出現。
左岸手前の尾根から巻くようだが、時間がなかったので取水口まで引き返し、水路沿いをイラツボ沢へ向かった。
イラツボ沢は下降しながら竿を出したが、残念ながらチビ岩魚が2匹出ただけで期待外れ終わる。
ただし、取水口から先はかなり奥が深そうな沢で、穴場的な存在かもしれない。
7-2、0-2、1-0



長尾沢~イラツボ沢

長尾沢出合い

10m滝下の小さな滝
長尾沢の滝、5m
取水口から水路沿いをイラツボ沢へ進む。 イラツボ沢取水口
水路は砥石沢からブイガ沢へと続く。
取水口上流部
かなり奥まで行けそうだ。
イラツボ沢
イラツボ沢はチビ岩魚が2匹出ただけだった。 イラツボ沢出合い


帰りに林道から滝が見えるブイガ沢に立ち寄って見た。
滝は林道からは小さく見えたが、近寄って見ると落差は5m程あった。
ブイガ沢も上流に取水口がある。


ブイガ沢

ブイガ沢
すぐ上に滝が見える。
ブイガ沢でも岩魚の棲息を確認した。
24㎝だったが丸々と太っている。
ブイガ沢の滝、5m
林道石花線
本流下流の淵は大きい。
発電所跡地
桜の木が植樹されていた。

石花川は支流の多い川で、そのどれも奥が深く険しいのが特徴だ。
1本の沢を調査するのにも、相当な労力と時間が必要だろう。
今後もイラツボ沢の奥やブイガ沢、棚山沢、松尾沢など調査して見みようと思っている。



2020年3月8日 和木川 

和木川は金剛山(962.2m)や和木山(998m)を水源に持ち、和木集落を経て両津湾に流れ出る川で、長さは3,500mと
佐渡では30番目に長い。
中学生の頃、父親が近くの中学校に勤務していた関係で、夏休みに鮎釣りに連れて来てもらったことがあった。
鮎釣りと言っても海から遡上した10㎝ほどの小鮎をエサ(トビゲラの幼虫)で釣るもの。
鮎釣りしていた時に小さなヤマメも釣れることがあったが、海からサクラマスやアメマスが遡上してくるのだろう。
社会人になっても帰省するたびに鮎釣りには来ていたが、岩魚を求めて上流部に入るのは今回が初めて。
林道石名-和木線が川沿いに通っていて且つ堰堤が多く、白瀬川同様釣れないイメージがあったからだ。

河口から2㎞ほど上った橋の手前に車を止めて入渓することにした。
いきなり目の前に3つの堰堤が現れ気になるところだが、第一投でいきなり28㎝の岩魚が出てきて苦笑い。
2つ目、3つ目の堰堤は飛ばして上にでると落差のある渓相に変わり、立て続けに釣れ出した。
よし、これからだと思った瞬間再び堰堤が現れ、橋から二俣まで次ごう8つの堰堤が現れた。
どうも堰堤のある川は釣趣に合わず力が入らない。

手前の堰堤の奥に2つ堰堤が続く。
堰堤下でいきなり28㎝が出て苦笑い。
堰堤を越えると落差のある渓相に変わる。

透明度は抜群だ。
立て続けに釣れ出し、これからと思っていたら。
また3つの堰堤が連続。
堰堤下に2、3匹は溜まっている。

堰堤を越えるとまたいい感じに。 再び釣れ出したと思ったら...。 また堰堤が。
どうも堰堤は釣趣に合わない。

堰堤を越えるとまたいい感じに。 この日最大の29㎝が出た。
もう堰堤はないよなと思っていたら。
8つめの堰堤出現。
さすがにがっくり。
この上流で川は二俣に別れる。


二俣からは落差のある沢となり、型は小さくなるが本格的な源流釣りが楽しめる。
標高420m付近から積雪が多くなってきたので納竿とし、右岸の斜面を50mほど上り林道に出た。
林道にはまだ30㎝程の雪があり、ズボズボと足が埋もれて歩くのが大変だった。
予想に反して魚影の濃い川だったが、とにかく堰堤が多く源流釣りのイメージには程遠かった。
標高650m付近には有名な落差20mの法力和光滝があるようなので、次回は二俣から滝までを遡行して見たい。
18-4

左から沢が出合う二俣、右が本流筋。
こちらが本流。
型は小さくなったが、各ポイントに岩魚は棲息。
源流らしい渓相に変わって来た。
いい雰囲気だ。
型は小さいが、これぞ源流の岩魚だ。
標高420m付近
積雪が多くなってきたのでここで納竿。
右岸の斜面を林道まで上った。
林道石名-和木線
雪が30㎝ほどあって体力を消耗する。
左奥に見えるのが金剛山。




2020年3月4日 藤津川 

子供が帰った翌日は天候が悪かったこともあり休養日としたが、翌々日から再び活動開始。
3月の佐渡はまだ寒く雪や霙の日も多いが、川を調査する上では、藪のないこの時期をおいて他にない。
昨年の下調べで、バックウォーターから林道地獄谷線まで遡行し、両尾山経由で戻れることが分かり今回実行に移した。
まずは堰堤を左岸から高巻き、河原に下りた所から遡行を開始。
最初のF1、5mとF2、5mは、F1の右岸手前から大きく巻き道があり、F2の上部に抜けられる。
後は白滝まで難所はないが、イバラや蔓には悩まされる。
所々竿を出してみたが、昨年同様岩魚の魚影は薄く型も小さい。
白滝は右岸の斜面を10mほど直登しなければならないが、掴まる木の枝は少なく細く、かなりの危険を伴う。
滑落しないよう慎重に登り植林地に出た。
この辺りから積雪が多くなり、ズボズボと足が沈んで中々進めない。
黒滝へ下りる斜面は腰まで埋まりながら、転げ落ちるように下りて行った。
黒滝からは、雪に埋まった道を尾根まで行き着く自信がなかったので、左岸手前の斜面を直登することにした。
上の方を見上げた時、微かにガードレールらしきものが目に入ったからだ。
高低差は80m程だったが、木の枝に掴まり息を切らしながらも、やっとのことで地獄谷線に辿り着くことができた。
地獄谷線から両尾山の登山道には積雪があったものの、昨年秋に一度通っているので迷うことはなかった。
藤津川は釣れない川ではないが、昨年同様やはり魚影自体は少なかった。
今回白滝にも岩魚はいたし、黒滝の上流でも確認できているので、これだけの滝があっても魚止めになってないのは不思議だ。
4-3

遡行を開始。
すぐに22㎝が出たが後が続かない。
F2上流付近
19㎝のチビ岩魚。 これも20㎝止まり。
いよいよ核心部と期待するが。
釣れるのは20㎝のチビ岩魚。 F4、3m

やっと23㎝が出た。




2020年3月2日 戸地川

6時前には起床してすぐに出掛けた。
子供は今日が最終日で、夕方のジェットフォイルで帰らなければならないので、朝から気合が入る。
この時期の佐渡にしては珍しく、3日間とも天気には恵まれた。
7時過ぎには遡行を開始し、竿を出してから3ヵ所目のポイントで子供にアタリが来た。
24㎝のサビのない岩魚で、梅津川や新保川の岩魚のように痩せていない。
その後も次々とアタリがあり、開始1時間で10匹を超えた。
私はバラしてばかりいたが、それには明確な理由がある。
佐渡の川は藪沢でちょうちん釣りのため、上に強く合わせられない。
強く合わせて失敗するとすぐに枝や藪に引っ掛かり、仕掛けをダメにしてしまうからだ。
長年の習慣で自然と聞き合わせになってしまうためバラしが多くなる。
それでも1回の釣行で仕掛けはいつも5セットは用意している。

早春の戸地川。
幸先よく子供に24㎝の良型が来た。 戸地川はイバラや蔓が少なく遡行し易い。

またまた子供にヒット。

岩魚の活性は高い。
22㎝~23㎝のレギュラーサイズが中心だが。
開始1時間で10匹。 昨日の鬱憤を晴らすかのように釣りまくる。
梅津川や新保川と違ってあまり痩せてもいない。


子供の釣りを見ていると、枝に引っ掛けるのを恐れず強く合わせ、確実に針掛かりさせている。
すべて上あごに掛けていたのがその証だ。
藪の少ない戸地川ならではだが、他の川ではなかなかそうはいかない。
私が5匹上げた所で子供が13匹。
20匹になったら止めようと、最後の淵で子供が粘って2匹上げ、僅か2時間で目標を達成。これで十分満足しただろう。
16-4

他の川に比べて藪は少ない。

枝に仕掛けが絡まるのを恐れず、確りとアワセている。

上あごに確りと掛けているのはさすがだ。

この日の最大26.5㎝。 これも26㎝の良型。
段々型が良くなってきた。
淵尻にも岩魚が出ている。
同じ佐渡でも国仲側の川とは様相が違う。
この淵で2匹上げたところで納竿。 19匹目の24㎝。
最後の淵で粘って目標の20匹目達成。
これで十分満足しただろう。




2020年3月1日 梅津川&新保川


内水面漁業調整規則により、新潟県の渓流解禁日は3月1日と決められている。
解禁日初日は難所のない無難な梅津川から。
林道のゲートには6:30に到着。
逸る心を抑え、まずは水沢川から遡行を開始した。
ちょっとした淵で私が1匹上げると、子供が同じ淵で29㎝と20㎝を立て続けに上げたが、どれも痩せている。
水量が多いのでガン玉を2個にして沈めるも岩魚の活性は低く、一度バラしてしまうと二度は追って来ない。
取水口まで行ったところで一旦納竿し、今度は水路伝いの道を大山沢の取水口まで行き、再び竿を出した。
下りながら釣るのは難しいが、大山沢でもポツポツと岩魚は釣れた。
8-4

まずは水沢川から。
同じ渕で3匹釣れた。
子供が釣ったのは痩せているが29㎝あった。
水温が低いせいか魚の活性は今一。
サイズはまあまあだが、痩せていてみすぼらしい。
珍しくヤマメが釣れた。

取水口下流にある3m程のちょっとした滝。
水量が多くポイント選びが難しい。
大山沢を釣り下る。

大山沢でもポツポツとは釣れたが。



一旦自宅に戻り少し休んだ後、午後からは新保川に出掛けた。
ダブルヘッダーなんて滅多にやらないが、子供は明日の午前中が最後なので気合が入っている。
ところが、例年外れのない新保川もまだ早すぎたのか、釣れたのはサビのある真っ黒な岩魚やチビ岩魚と冴えない。
上流部は雪で埋まって釣りにならないので、早々に切り上げ納竿とした。
明日の戸地川に期待しよう。
3-0

例年ならすぐにアタリがあっていいのに、あたりがない。 まだサビのある真っ黒な岩魚。
まだ時期が早すぎたか。
18㎝のチビ岩魚。
初盛ダム下流でも竿を出してみた。
下流でも岩魚は釣れるが。




2020年1月4日 金沢八景弁天屋 タチウオ釣り

2020年の初釣りは、金沢八景弁天屋さんのタチウオ釣り。
メンバーは釣部の先輩Uさんと、一昨年卒業したばかりの新人OBのA君の3名。
6時前に到着したが正月休みということもあり、すでにタチウオ船は予約以外はお断りの満席。
釣座は先着順だが、ありがたいことにA君が5時に来て確保してくれていた。
東京湾でタチウオを釣るのは2015年9月の五郎丸さん以来だから、4年と4か月ぶりになる。
大阪時代に2回ほど経験があるが、大阪湾と東京湾では釣り方(仕掛け)が全く異なるから不思議だ。
大阪湾は魚の形をしたテンヤに冷凍イワシを巻き付けた独特の仕掛けだが、東京湾は片テンビンにサバの切り身仕掛けだ。
7:15に出港し、まずは観音崎沖の水深65m~60mのポイントを狙い開始した。
錘は80号なので、手巻きリールだとかなりの負荷を感じる。
観音崎沖はドラゴン級が狙える好ポイントだが、この日は食いが渋く周りの人もほとんど釣れていない。
やっとアタリが来たかと合わせたが針掛かりせず、エサが食いちぎられただけだった。
活性が低いのか40分ほどやったところで見切りをつけ、50分掛けて羽田沖に移動。
船長の指示ダナは水深25m~20mと随分浅い所を狙うようだが、全くアタリはなく時間だけが過ぎてゆく。
今度は本牧沖へ移動となったが、途中本牧も釣れてないとの情報が入り、再び羽田沖に引き返した。
お昼を過ぎてもアタリはなく、ただただ寒いだけで、周りの人もみんな諦めモードに突入。
時計が13時を回り今日は坊主で終わりかと諦めかけたその時、突然周りの人が釣れ出した。
私にも強烈なアタリがきて、水面まで引き上げて取り込もうとした瞬間、糸を緩めたため痛恨のバラシ。
周りの人が次々に釣れているのでかなり焦ったが、その後すぐにアタリが来て、立て続けに4本上げることができた。
周りの船も入れ食い状態で、今までが何だったのか不思議でしょうがない。
指示ダナが28m~23mと浅く錘も60号なので、時代遅れの手巻きリールでも十分戦えるのがうれしい。
この日の竿頭は23本が2名と言うから驚きだ。
微かなアタリも逃さず確実に針掛かりさせているのだろうが、技術に差が出る釣りであることは間違いない。
観音崎沖で133㎝のドラゴンを上げた人もいた。




タチウオ(80㎝~98㎝)

タチウオのガツンとくる強烈なアタリと強い引きは魅力的。

観音崎沖
8時開始の合図を待っているところ。
大船団が集結する観音崎沖。
千葉や東京からも続々とやって来る。
水深65m付近を狙う。
羽田沖に移動。
水深25m前後の浅場を狙う。
何とか4本ゲット(98㎝、93㎝、90㎝、80㎝)
内3本は指4本のマズマズのサイズだった。
下が東京湾のタチウオ仕掛け。
上が大阪湾のテンヤ仕掛け。
弁天屋さん(金沢八景駅から徒歩3分)